退職代行会社

認定司法書士が担当!「退職代行センター」の口コミ・評判調べてみた

今回紹介するのは、認定司法書士が運営している退職代行サービスです。

ところで、認定司法書士がどんな職業か知っていますか?

そもそも司法書士とは、主に登記や供託業務を行うことが許されている国家資格です。

基本的には、訴訟などの法律業務を行うことはできません。

ただし、法務省での研修や考査を受けたうえで法務大臣から認定を受けることで、140万円までの民事訴訟手続きの代理など、弁護士が行なっている業務の一部を担当することができます。

それが、認定司法書士です。

退職代行センターを運営している株式会社あさなぎコンサルティングは、認定司法書士である加陽麻里布さんが設立した会社です。

もちろん退職代行センターも加陽さんが監修されたサービスで、法的に沿って運営されています。

退職代行センターの詳細
運営事務所 株式会社あさなぎコンサルティング
代表 加陽麻里布
 所在地 〒135-0001
東京都江東区毛利1丁目21-2
フォディアビル8階
費用 30,000円
対応時間 24時間対応
お問い合わせ 03-6659-2314
公式サイト https://asanagi.co.jp/lp/

退職代行センターの良いところ

おすすめポイント
  • 認定司法書士が対応!
  • 料金は一律30,000円!
  • 24時間対応!

認定司法書士が個別に対応!

法律の専門家である認定司法書士が1件1件個別に対応するので、より確実に退職することができます。

弁護士ではないため交渉などはできませんが、司法書士も法律のプロです。

何が非弁にあたるのかも十分熟知したうえで対応しているので違法性はないと言えるでしょう。

普通の退職代行業者は、弁護士でもなければ認定司法書士でもない普通の人間が業務に当たっていることが多いです。

顧問弁護士が監修についている業者が多いものの、トラブルが全くないとは言い切れません。

>>「退職代行サービス」の裏で急増、弁護士資格持たない悪質業者トラブル

なるべくなら弁護士や認定司法書士本人に退職代行をやってもらう方が、トラブルも少なくて済みます。

料金は30,000円!

認定司法書士が担当してくれるということで、料金もその分高くなりそうな感じもしますが・・・。

退職代行センターの利用料金は、一律で30,000円!

追加料金も一切なしです。

退職代行業者を利用する際の相場が30,000~50,000円なので、かなり安い金額だと思います。

最近では弁護士事務所でも同じくらいの料金で退職代行ができるようになったものの、未払いの残業代請求など法律業務になると追加料金が発生することも多いです。

その点、退職代行センターであれば全てのサービスが込み込みで30,000円で利用することができます。

可能な限り24時間対応!

法律事務所に退職代行を依頼する場合、ネックになるのが対応時間です。

だいたい朝は10時から、終わりは夕方か遅くても夜の9時までというところがほとんど。

また、休日はやっていないことも多いです。

仕事で忙しい日中は連絡できないし、かといって帰宅してからだと対応時間外・・・、なかなか相談できないこともあります。

退職代行センターは、完全に24時間365日対応というわけではありませんが、可能な限り早朝や深夜、土日でも対応してくれます。

会社から帰宅して限界を感じ、もう次の日から仕事に行きたくない・・・というときでも、まずは相談してみればその日のうちに退職することができるかもしれません。

退職代行センターの残念なところ

ここまで、良いところばかり解説しましたが、退職代行センターにも悪い点はあります。

法律業務は担当できない

退職代行センターは他の退職代行業者と同じく弁護士ではないので、法律業務は行いません。

もし会社側がごねて退職を認めなかった場合や、損害賠償請求されたときなどは、どうしても弁護士に改めて依頼する必要があります。

もちろん法律のプロではあるので、サービス自体は非弁にあたらないように行なっているので安心です。

退職代行センターの利用方法

退職代行センターの利用は非常に簡単!

退職届など必要書類を準備したら、あとはスマホで退職代行センターに問い合わせるだけです。自分から会社に連絡する必要はありません。

STEP.1 退職代行センターに相談

まずは退職代行センターに相談してみましょう。相談方法は、電話やメールの他にLINEでも対応しているので、やりやすい方法を選んでください。

最初の相談自体は無料で対応してくれるので、実際に利用しなければ費用はかかりません。気軽に相談してみるのがおすすめ!

STEP.2 入金

料金の支払いが確認されたら、実際に退職代行センターが動き出します。

STEP.3 退職代行センターが会社に連絡

あとは、退職代行センターが会社側に連絡をしてくれるので結果を待つだけです。

会社側から書類の提出や貸与品の返却を求められた場合は、素直に応じましょう。貸与品を返却しないと賠償請求をされることもあります。

退職代行センターの事例

退職代行センターの公式サイトに、実際に利用した方の事例が掲載されているので引用して紹介します。

人間関係に疲れ、辞めたいと考えてから5ヶ月が過ぎ意を決して退職願を提出したが、受け取ってもらえず精神的な限界に達したためご依頼いただきました。

とにかく1日でも早く辞めたいと強くご本人様が希望をしていた為その旨を会社に伝えたところ、即日の退職を承諾して頂きました。会社側も退職願が出されていたことを認識していたため、第三者が間に入ることによりスムーズに話が進み、無事円満に退職が決定しました。

退職願や退職届を受け取ってもらえない、というトラブルはよく聞きますよね。

実際には、退職の意向を伝えてから2週間経過することで退職することができます。

つまり、2週間待てば会社が退職を拒否することはできないはずなんです。

しかし実際には、そんな法律もお構いなしに退職届を受理しなかったり、意向を無視したりする会社が多く存在します。

いくら「法律が〜」と訴えても、耳を傾けない経営者もいるでしょう。

それが、弁護士や認定司法書士といった法律の専門家が法律を根拠に退職代行をすると、あっけなく承諾してしまうこともあります。

社員には高圧的になるのに第三者に対しては強く出れない、また法律の専門家から法律を口に出されるとどうしようもできなくなるのが実のところなのです。

同様の悩みを持っている人は、法律事務所や司法書士事務所などに相談してみるといいでしょう。

パワハラとサービス残業が毎日のように続く典型的なブラック企業で命の危険を感じたためご依頼いただきました。

職業柄、深夜出社になるため深夜2時に対応させて頂きました。上司は大変驚いておりましたが退職自体は、あっさりと認めて頂き、無事円満に退職が決定いたしました。

深夜2時でも対応してくれるのはありがたいですね!

退職を考えている人の中には、残業が多かったり深夜業務がつらいという人も多いと思います。

帰宅してから相談しようにも、対応時間外ではどうしようもありません。

退職代行センターであれば、朝早い時間でも夜遅い時間でもなるべく対応してくれます。

夜に相談をしてその場で退職代行が決定、次の日からは出社せずに退職日を迎えるなんてことも可能です。

職員が圧倒的に足りておらず入社1カ月目にも関わらず十分な教えも受けずに責任の重い仕事を任されプレッシャーで体調を崩したため、ご依頼いただきました。

問合せ日に即対応をご希望で、問合せから退職までかかった時間はわずか1時間でした。人事担当者へ連絡したところ郵送での本人との手続きには、とても協力的で迅速に対応いただきました。

退職代行サービスの利用を考えている人は、なるべく早急に退職したいという人がほとんどだと思います。

お問い合わせから実際に退職が決まるまでわずか1時間、自分で退職を申し出た場合には考えられない速さではないでしょうか?

別室に呼ばれて退職の引き止めの説得をされたのち結局話が流れてしまった、という経験がある人も多いと思います。

このように退職代行サービスを利用すると、本人が直接伝えるよりもすんなり退職できることも多いです。

非弁を心配するなら退職代行センター

退職代行サービスが増えてきた最近は、会社側も知恵をつけたのか業者から連絡がきても「非弁だから対応しない」と突っ返されることがあるそうです。

そうなってしまうと結局退職できずに、会社からの印象も悪くなってしまいます。

そうならないためには、弁護士だったり認定司法書士などの法律の専門家に依頼するのが無難です。

退職代行センターは、認定司法書士が1件ずつ個別に対応してくれるので、会社もそう簡単に突っ返すこともありません。

弁護士が行ってくれる退職代行サービスまとめお金を払って自分の代わりに退職の意思を会社に伝えてもらうサービス、退職代行がここ最近話題に上がるようになりました。 実際に利用した...