退職代行会社

弁護士・セラピスト監修「退職代行Jobs(ジョブズ)」口コミ・評判調べてみた

退職代行Jobs(ジョブズ)は、株式会社アイリスのヒューマンサポート事業部が運営している退職代行サービスです。

弁護士でセラピストでもある西前啓子さんが監修を務め、適正かつ適法に業務行いながら利用者に寄りそった業務を心がけている業者です。

他の業者と違うのは、監修の西前啓子さんが弁護士としてだけでなくセラピストとしても業務に協力している点です。

退職代行や残業代未払い、有休消化といった要望はもちろん、退職後のフォローがポイントとなっています。

今回は、そんな退職代行Jobsについて細かいサービス内容や体験談をまとめました。

退職代行Jobsの詳細
運営会社 株式会社アイリス
ヒューマンサポート事業部
代表 代表取締役会長:水谷 治朗
代表取締役:池田 徳孝
 所在地 〒564-0051
大阪府吹田市豊津町1-18
エクラート江坂ビル5F
費用 49,800円
期間限定特別価格
29,800円
対応時間 24時間対応可能
お問い合わせ 0120-987-139
公式サイト https://jobs1.jp/

退職代行Jobsの良いところ

おすすめポイント
  • 24時間対応!
  • 顧問弁護士が監修!
  • 退職後の無料カウンセリング!

24時間対応365日即日対応!

例えば、仕事がつらくてどうしようもなくて、すぐに仕事を辞めたくなったとします。

利用を考えていた退職代行サービスが24時間対応していなくて、仕事から帰ってきたらすでに対応時間が終わっていた・・・。

こうなってしまうと退職はできないので、翌日もいつも通り出勤しなくてはなりません。

退職代行Jobsは24時間365日対応なので、「もう明日から仕事に行きたくない!」と思ったらその日のうちに連絡、翌日から仕事に行かなくてもいいんです。

通常であれば退職前2週間前に退職の意向を伝えておく必要がありますが、有給休暇が残っていればそれを消化することで出社することなく退職することができます。

顧問弁護士監修で適正適法に代行!

退職代行Jobsでは、顧問として弁護士の西前啓子さんが監修にあたっています。

直接代行業務に関わるわけではありませんが、「非弁」行為にあたらないように徹底して指導を行なっているので安心です。

非弁とは、弁護士ではない者が本来禁止されている法律業務を行うことをさします。

退職代行は法律違反?非弁活動について詳しく説明2018年ごろから話題を集めるようになった退職代行サービス。 利用者も増えて、ひと月の相談件数が数百件にのぼる業者も出てくるように...

悪質な退職代行サービスの中には、この非弁にあたるような業務を行なっている業者もあり、退職が認められないといったトラブルが起こる可能性があります。

退職に失敗してしまうだけならまだしも、次の日から出社しづらくなる可能性が高いです。

退職代行は会社からあまりいい目で見られないことも多く、「非常識」「無責任」といった印象を持たれてしまいます。

そうならないためにも、退職代行は弁護士に依頼するか、弁護士や行政書士などの監修がついている業者に頼むのがベストです。

退職後には無料心理カウンセリング!

顧問弁護士の西前さんは、弁護士であると同時にセラピストでもあります。

退職代行を利用した後には、弁護士ではなくセラピストとして心理カウンセリングを無料で受診することができるんです。

退職を考えるにあたって、その後の人生に不安を持っている人は多いとでしょう。

場合によっては、しばらく仕事ができないほどに精神的に追い詰められている人もいるかもしれません。

退職代行Jobsでは、退職できたら終わりではなくその後の人生についてもサポートをしてくれます。

心理カウンセリングの他にも、株式会社みらい人事による転職サポートもあり、転職に成功した暁には最大で3万円のプレゼントもあります。

退職代行Jobsの残念なところ

弁護士が監修についている退職Jobsですが、あくまで非弁にあたらないよう監修しているだけです。

もちろん、裁判・訴訟といった法律業務を行うことはできません。

会社から損害賠償の訴訟を起こされたりした場合は、改めて弁護士に依頼する必要があります。

弁護士が行ってくれる退職代行サービスまとめお金を払って自分の代わりに退職の意思を会社に伝えてもらうサービス、退職代行がここ最近話題に上がるようになりました。 実際に利用した...

退職代行Jobsの利用方法

退職代行Jobsの利用は非常に簡単です。

まずは電話やメール、LINEで相談してみましょう。

STEP.1 退職代行Jobsに相談

退職代行Jobsへの相談は、

  • 電話
  • メール(お問い合わせフォームから)
  • LINE

ですることができます。

24時間365日対応なので、仕事から帰ってきて寝る前の遅い時間でも対応してもらうことが可能です。

退職代行を考えている人の中には、出勤は朝早く残業で夜帰ってくるのが遅い、というブラックな職場で働いている人も多いと思います。

そんな人でも、帰宅してから退職代行Jobsにお問い合わせ、その場で契約して、翌日から出社しなくてもOK!

STEP.2 入金

相談をしてサービス内容に納得したら、利用料金の入金をします。

退職代行Jobsの利用料金は、クレジットカードか銀行振込となっています。

STEP.3 退職代行Jobsが会社に連絡

あとは退職代行Jobsのスタッフが代わりに退職の連絡を入れます。

退職代行Jobsから会社側に対して利用者に連絡をしないように伝えてくれるので、会社から連絡がくることはほとんどありません。

強制力はないので会社から連絡がくる可能性もありますが、電話には出なくても大丈夫です。

実際に退職ができるまで、何度でも退職代行Jobsが会社に連絡をしてくれます。

退職代行Jobsの口コミ・評判

退職代行Jobsの公式サイトに、実際に利用した方の体験談が掲載されていたので引用します。

ジョブズさんは退職の意思を伝えてくださるだけでなく、有給休暇の取得を希望していることもしっかり伝えてくださいました。法律のことも詳しく説明してくださり、「交渉」はできないけど、会社へ私の希望を伝えるだけなら問題ないと理解することができました。退職届兼有給申請のテンプレートは顧問の女性弁護士さん監修済みのもので安心して利用できました。有給を取得したことで、賞与支給日に在職していたことになり、ボーナスももらえることができました。在職期間が長くなったことでその分お給料も多くもらえ、本当にビックリです。Jobsさんにお願いして本当に良かったです。

ボーナスをもらうために、我慢して期限まで働こうと考えている人は多いと思います。

もらえるかもらえないかで、退職後のお金のやりくりがかなり違いますからね。

この方は、残った有給をうまく利用することでボーナスをもらうための条件がクリアできたようです。

ボーナスについて気になっている人は、有給がどのくらい残っているのかを気にしながら残日数を計算するといいですね。

会社での人間関係が悪くどうしようもありませんでした。先輩や上司から常に文句を言われ、精神的にも参りました。何度も退職の相談をしたのですが、その時は優しくされ、もう少し頑張ってみては等と言われ、結局引き止められてしまいました。人手不足だったので、なんとか辞めさせないようにしていることは分かっていましたが、自分では振り切れませんでした。今回はこれ以上同じことを繰り返して働くのは無理だと思い、利用者の評判の良かったジョブズに代行をしてもらいました。すんなり退職することができたのでビックリです。あの上司が淡々と手続きを進めたと思うと本当に信じられません。成功100%の実績は信頼ができると思いました。

本人とのやり取りだとなかなか首を縦に振らないのに、第三者が介入するとすんなり解決するというのは退職代行ではよくあることです。

法律を根拠に理詰めで来られると、なかなか対抗もしづらいのかもしれません。

また、面識のない第三者に対しては強く出づらいというのもあるようです。

このように、自分で要望を出しても拒否されていたのが、あえて第三者に代行してもらうことですんなり退職できることが多々あります。

退職届・業務引継書のテンプレートも!

上記で解説したもの以外にも、退職届や業務引継書のテンプレートももらうことができます。

退職届は顧問弁護士の西前さんが監修したもので、残った有休の申請もスムーズに行うことが可能です。

業務引継書も退職をする際に本来準備しなければならないものです。

即日退職となると引き継ぎもろくにできませんが、引継書を用意しておけば最低限なんとかなるでしょう。

公式サイトでは、西前さんのコラムも読むことができます。

退職代行に対しての考えなど、普通の監修にとどまらない西前さんの真剣な姿勢を垣間見ることができるはずです。

2019年最新版!退職代行サービスおすすめランキング5選!厚労省が行なっている雇用動向調査によれば、退職をする人は1年間で700万人以上にのぼるとされています。 また、退職に関する相談が1...