基礎知識

仕事のプレッシャーがつらい時はどうする?効果的な6つの対処法を紹介

仕事が忙しい時期や仕事がなかなかうまく進まないような時、仕事に対して『プレッシャー』を感じやすくなってしまいます。

「自分にこの仕事は荷が重すぎる・・・」というように、仕事に強いストレスを抱えてしまう場合も少なくありません。

そこで今回は、仕事のプレッシャーがつらい時に考えて欲しいことや、効果的な6つの対処法についてご紹介します。

仕事にプレッシャーを感じたら【まずは原因を考えよう】

仕事にプレッシャーを感じる時は、まずはその原因を特定しましょう。

ここでは主な3つの原因をご紹介します。

原因その1:自分の能力に見合った仕事内容ではない

仕事にプレッシャーを感じたら、まずはその仕事が『自分の能力に見合ったものかどうか』を確認するようにしましょう。

人それぞれ、自分がこなせる仕事の範囲には違いがありますよね。

これは持っている能力の高い・低いではなく、その人の適性やこれまでの経験によって大きく左右される部分です。

あなたが今行っている仕事が、自分自身の持っているスキルやこれまでのキャリアと照らし合わせた時に「許容範囲を大きく超えたものではないか?」を確認してみてください。

多少背伸びをする程度であれば問題ありませんが、それが自分のこなせる範囲を大きく超えてしまっていた場合、プレッシャーを感じてしまう原因となってしまいます。

原因その2:身体的・精神的な疲労

仕事が忙しく、身体的・精神的に疲労が積み重なっている場合も、それが仕事に対するプレッシャーに繋がってしまいます。

例えば毎日夜遅くまで残業が続いていた場合、体力的に厳しいことはもちろんですが、「明日もまた残業か・・・」と精神的にも追い込まれてしまいますよね。

その状態が続いてしまうと、仕事に対するプレッシャーをいつも以上に感じやすくなるので注意してください。

仕事に追われるような感覚を持ってしまった時には、体に不調はないか、しっかり休養を取れているのかを確認してみましょう。

原因その3:自分の性格的な問題

性格的な要素も、仕事に対してプレッシャーを感じてしまうかどうかに大きく影響します。

仕事にプレッシャーを感じやすい性格としては、次のようなものが挙げられるでしょう。

  • 責任感が人一倍強い
  • 完璧主義
  • 自己評価が低い

このような性格に当てはまる方は、人よりも仕事に対する重圧感やストレスを感じやすいので注意が必要です。

自分の生まれ持った性格を変えることはそう簡単なことではありませんが、『仕事に対する考え方』を変えることで、プレッシャーから脱出できる可能性があります。

仕事にプレッシャーを感じた時の6つの対処法

原因がわかったところで、次はプレッシャーを感じた時の対処法について確認しましょう。

6つの対処法を挙げていきますので、自分が取り掛かりやすいものから試してみてください。

対処法その1:自分の気持ちを整理する

仕事にプレッシャーを感じてつらい時は、まずは自分の気持ちを整理することが大切です。

「仕事のどの部分に対して重圧感を感じているのか?」という点について、具体的に考えてみましょう。

思考を整理する際には、ただ頭の中で考えるのではなく、紙にどんどん書き出してみるという方法がおすすめです。

自分の気持ちを文字にして吐き出すだけでも、心を落ち着かせる効果がありますよ。

自分一人ではなかなか考えがまとまらない場合は、家族や友人に相談することも気持ちを整理する上で効果的な方法です。

対処法その2:生活習慣を見直す

毎日の食事や睡眠などの基本的な生活習慣を見直すことも、仕事でストレスを感じた時には効果的な対処法になります。

仕事に強いプレッシャーを感じることが原因で、「最近よく眠れない・・・」ということはないでしょうか?

十分な睡眠が取れていないことで疲労がたまってしまい、それによってさらにストレスを感じやすくなってしまいます。

また、仕事が忙しいからといって、カップラーメンや菓子パンばかり食べているような人も注意が必要です。

体に栄養が足りていないことも、心を不安定にさせる大きな原因となってしまうからです。

仕事にプレッシャーを感じやすい時には、基本的な生活習慣に問題がないかをよく見直してみましょう。

対処法その3:休暇をもらう

仕事がしんどいと感じる時には、有給などを使って休暇をもらうのも良いでしょう。

仕事にストレスを感じやすい人は、『十分なリフレッシュができていない』というケースが非常に多く見られます。

仕事が忙しい時期に、毎日仕事のことを考えてしまうのは仕方のないことかもしれませんが、それがいつまでも続けば仕事に対するプレッシャーを感じてしまうでしょう。

まとまった休暇が難しければ、『平日に1日だけ休みを取る』だけでも、精神的な疲労の回復に繋がるはずです。

忙しい時こそ意識して休養を取り、ストレスを溜め込まないように気をつけてください。

対処法その4:上司に相談する

仕事に強いプレッシャーを感じているのであれば、その悩みを上司に打ち明けるのも現状を変える良い方法です。

プレッシャーを感じる原因の中で『自分の能力に見合った仕事内容ではない』という点についてお話ししました。

特にこれに当てはまるような場合は、すぐに上司に相談することをおすすめします。

『仕事に対して強い重圧感を感じていること』『自分自身のスキル・経験と仕事内容がマッチしていないこと』など、正直な気持ちを上司に伝えてみましょう。

自分の感じていることを正直に伝えることで、仕事の担当を変えてくれたり、他の社員をサポートとして入れてくれることなどが期待できます。

上司を頼るのも決して悪いことではありませんので、一人で悩みを抱えないようにしてください。

対処法その5:目標を低く設定する

自分自身で仕事に対して高い目標を設定していることが、プレッシャーを感じさせる要因となっている場合もあります。

これは人一倍マジメな性格の方や、頑張り屋の方が当てはまりやすい状況です。

目標を高く設定するのは素晴らしいことですが、それが原因でプレッシャーを感じてしまい、仕事のパフォーマンスが落ちるのであれば本末転倒と言えますよね。

自分が達成したいと思っている目標が『高すぎるハードル』になっていないかをよく考え、場合によっては目標を低く設定し直すことも、仕事を続けていく上では大切な思考法です。

対処法その6:仕事に対する考え方を変える

プレッシャーを感じる原因の中で『性格的な問題』について触れましたが、この部分に心当たりのある方は多いのではないでしょうか。

もしそうであれば、『性格』を変えることは簡単ではありませんので、『仕事に対する考え方』を変える努力を始めてみましょう。

例えば「与えられた仕事が期限内に終わりそうにない」という場合、責任感の強い人は「たとえ休日を返上しても絶対に終わらせる!」という思考になりがちです。

しかし、これでは自分を追い込むことに繋がってしまいます。

もしも期限内に終わらせるのが難しい場合は、期限を伸ばせないか上司に早めに相談したり、同僚に頼んで手伝ってもらうことをまずは考えるべきです。

『周りに頼ることは良くない』という認識を変えて、仕事を今までよりも楽観的に捉えられるようになると、仕事でプレッシャーを感じる場面を減らすことができるでしょう。

プレッシャーとうまく向き合っていくことが大切

仕事で感じるプレッシャーを完全にゼロにすることは、誰にとっても非常に難しいことです。

大切なのは『プレッシャーを感じないこと』を目指すのではなく、『プレッシャーとどう向き合っていくか?』を考えることです。

自分に適した方法で、プレッシャーをうまくコントロールしていってください。