基礎知識

退職証明書とは?どんなときに使う?離職票との違いは?

会社を退職したとき、会社から発行される書類というものがあります。

それがと「退職証明書」「離職票」です。

どちらも会社を辞めたことを証明する書類ですが、用途も発行方法もまるで違います。

今回は、どんなときに退職証明書が必要になるのか、発行に必要な手続きはどうすればいいのかを詳しく解説します。

退職証明書とは?

退職証明書とは、その名の通り退職したことを証明する書類です。

発行元は勤めていた職場で、退職者が希望を出すことによって発行されます。

発行は義務ではありませんが、退職者から求められた場合は速やかに発行しなければなりません。

これは、労働基準法第22条にて定められています。

記載内容は自由

記載する内容は次の通りで、退職者の希望により選択することができます。

  • 雇用期間
  • 業務の種類
  • 職場内での地位
  • 給料
  • 退職理由

転職時に必要な場合がある

退職証明書は、主に転職先から提出を求められる書類です。

必ずしも求められるわけではありませんが、求められた場合は速やかに提出しなければなりません。

退職証明書に記載すべき内容は、転職先によっても異なるので事前にチェックしておきましょう。

離職票の代わりになる

離職票については後述しますが、離職票が必要な場面なのにそれが手元に無いということがあります。

その場合は、退職証明書が離職票の代わりとして機能するのです。

離職票は、手続きの都合で即日発行というわけにはいきません。

対して退職証明書は、決まったフォーマットもなく記載する内容さえ決めてしまえばすぐに作成することもできます。

退職証明書の発行方法

会社と職業安定所に交付義務がある離職票とは違って、退職証明書は退職者からの希望がない限り発行されません。

よって転職先などに求められた場合など、必要に応じて自分で手続きする必要があります。

手続き自体は難しくなく、退職証明書に記載する内容を決めて会社に申請するだけです。

とはいえ、なかなか発行してくれないこともあるので、早急に必要な場合は会社に連絡も入れましょう。

離職票とは違って退職前でも発行できるので、退職が決まった段階で申請するのがいいです。

離職票とは?

退職証明書と似ていて、こちらも退職をしたことを証明する書類です。

ただ、発行元は職業安定所(ハローワーク)で公文書扱いとなります。

また、退職者からの希望がなくても発行する義務があり、10日以内に交付しなければなりません。

受け取るには時間がかかる

まず離職票の発行ですが、退職してから会社が離職証明書というものを作成します。

これを退職者が受け取り、必要事項を記入して会社に返却します。

受け取った会社は、雇用保険被保険者資格喪失届とあわせて管轄の職業安定所に送付します。

すると職業安定所から会社に離職票が送付され、ようやく退職者の手元に離職票が届くのです。

このように離職票は、退職してから実際に手元に届くまでかなり時間がかかります。

上で書いた必要なときに離職票が手元にない場合があるのは、こういった理由からです。

国民健康保険の加入や失業給付金の申請に必要

受け取った離職票は、国民健康保険の加入や雇用保険の失業給付を申請するときに利用します。

会社などに勤めている間は基本的に社会保険に加入していると思いますが、退職時には国民健康封建に切り替えることがほとんどです。
(社会保険を継続する制度もあります)

その際の手続きは役所の窓口にて行いますが、そのときに必要なのが離職票です。

失業給付金の申請をする場合は、職業安定所に離職票を提出します。