基礎知識

退職代行を使われた!?会社側の体験談を紹介!退職代行は迷惑なの?

退職代行 使われた アイキャッチ

退職代行を使おうかと考えている方は下記のようなお悩みをお持ちではないですか?

  • 退職代行を使うと会社に迷惑がかかる?
  • 退職代行を使ったら同僚や上司にどう思われるのか
  • 退職代行を使われた体験談などがあったら知りたい

1日でも早く会社を辞めたいけれど、退職代行を使ったら周りからどう思われるか気になりますよね。

一方、退職代行を使う人がいれば、それは同時に使われる人がいるということ。

そこで今回は、退職代行を使われる側の人々にスポットを当て、退職代行を使うのは迷惑なのか?という問いに答えていきたいと思います。

「退職代行を使って会社に迷惑をかけないか心配」という人だけでなく、退職代行を使われた経験のある方もぜひ参考にしてください。

 

退職代行おすすめランキング!

管理人厳選!すぐに辞められて安心安全!

【1位】J-next業界最安の2万円ぽっきり!

【2位】EXITメディア掲載実績多数!

【3位】SARABA全額返金保証&法律事務所の紹介あり!

>>退職代行おすすめランキングについてもっと詳しく見る

退職代行を使われた!退職代行の申し出は拒否できる?


退職代行を使われた場合、退職の申し出を拒否することはできるのでしょうか?

結果から申し上げると、基本的に退職を阻止することは難しいです。

ただし、契約社員の場合は契約に反するとして会社に残るよう申し出ることができます。

ここでは「退職代行の申し出は拒否できる?」という疑問の答えについてみていきましょう。

正社員の場合は基本的に拒否できない

正社員が退職代行を利用して退職を申し出てきた場合、基本的に拒否することはできません。

正社員の契約は契約期間を設けていない「無期雇用契約」で、この場合の退職については以下のように定められているからです。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

(民法第627条より)

つまり正社員の場合、労働者はいつでも退職の申し入れをすることができ、会社側もそれを認めなければいけません。

また、民法第627条では「労働者が退職の申し入れを行なった場合、2週間後に契約が終了する」とありますが民法第628条を考慮すると即日の退職も認められているのが分かります。

当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。

(民法第628条より)

会社に残ってもらうよう説得をすることはできますが、正社員の場合は退職の申し入れがあれば受け入れるしかないでしょう。

契約社員などの場合は拒否ができる場合も

契約社員・パートタイマーなどの場合は、契約期間が定められている「有期雇用契約」になりますので、拒否ができる場合もあります。

2週間前に申し入れれば辞めることができる、という民法第627条は正社員に適用されるものであり、契約社員やパートタイマーには適用されないからです。

ただし「やむを得ない場合は即時退社ができる」という民法第628条に則ると、契約期間が残っていても退職はできます。

契約期間が残っているとして契約社員の退職を拒否することもできますが「契約社員側がやむを得ない理由を提示した場合、会社側がそれを認めるかどうか」がポイントです。

法律的には拒否をすることができますが「だからと言って100%会社に引き留めることができる訳ではない」と考えておきましょう。

 

退職代行を使われた体験談

ここでは、退職代行を使われた人の体験談を集めました。

退職代行を使われた体験談

まずは退職代行を使われたという体験談から。

 

仕事サイコー!と杯をぶつけた、あのときの「部長にぶつかっていきますよ!」は何だったのか。

まさかぶつかってくるのが本人ではなく代行業者とはね。ビジネスライクすぎやしないか。

代行の担当者は、会社名を名乗り、ホープ君が退職する旨を伝え、手続きを進めてください、と言った。それだけ。理由等詳細は永遠に闇に葬られたわけだ。

あの晩、立て替えた酒代も請求できない。被弾したときは「なんだよー」「ざけんなよー」と軽く血が上ってしまったけれど、それだけである。

一線を引かれて相手が退場してしまった以上、感情を高ぶらせようがないのだ。

(「退職代行 被弾しました」より)

 

 

 

退職代行を使われて迷惑だった体験談

続いては、退職代行を使われて迷惑だったという体験談。

 

 

退職代行を使うことは違法ではありませんが、個人的な感情で「迷惑だ」と感じる人もいるようです。

退職代行を使われて困った体験談

続いては、退職代行を使われて困ってしまったという体験談。

 

 

その他の退職代行に関する口コミ

退職代行を使われた企業を公表してほしい、というユニークな口コミもありました。

退職代行を使われた企業に対するこんな意見も。

 

 

退職代行を使われた会社の中には「退職代行を使うような気持ちにさせて申し訳ない」と謝罪をしてくれる会社もあるようです。

 

その方は、ブラック職場で重箱の隅を突くような叱責や、根拠のない濡れ衣を着せられたりで悩んでいました。

Sさんの勤め先は、「退職代行を使うような気持ちにさせて申し訳ない。驚きとショックでした」と謝罪してきたようです。

正直、Sさんも自分が非難されることを考えていたため、この反応は驚いたそうです。本当にこのように反省する会社であれば、職場環境を変える努力をしてくれるかもしれませんね。

(「退職代行を使われた側の反応は?迷惑で非常識と思われる?」より)

 

他にも退職代行の体験談について知りたい方は、下記の記事を参考にしてください。

退職代行 体験談 アイキャッチ
退職代行の体験談!使われた会社側の声まで徹底的に紹介します!退職代行の利用を検討している方が気になるのは、やはり実際に使った人の体験談ですよね。成功した体験談だけでなく、失敗した体験談や退職代行を使われた会社側の体験談も気なります。本記事では、退職代行の体験談をさまざまな角度からまとめました。民間の退職代行から法律事務所まで幅広く調査しましたので、退職代行選びで失敗をしたくない方は、ぜひ参考にしてください。 ...

 

退職代行を使われたら確認したいこと3つ


退職代行からの連絡は突然やってくるもの。

「〇〇さんが退職を希望しています」と退職代行から連絡がきたら以下の3つのポイントを確認しましょう。

  • 社員の雇用形態を確認
  • 退職日と退職日までの扱いを確認
  • 退職者に任せていた仕事を整理する

ここでは、退職代行を使われたら確認したいことを3つご紹介します。

社員の雇用形態を確認

退職代行を使われたら、まず退職を希望している社員の雇用形態を確認しましょう。

本記事でも紹介していますが、正社員なのか契約社員・パートタイマーなのかで適用される法律が異なるからです。

同時に社内で設けている契約書や就業規則も確認しておくようにしてください。

また、社内で設けている退職に必要な手続きがあれば退職代行を通じて社員に記入してもらうようにしましょう。

退職日と退職日までの扱いを確認

社員の退職を認めたら、その社員の退職日を決定する場合があります。

例えば3月28日(水)に退職代行から連絡があり、社員の有給があと3日残っているとしましょう。

この場合、29日〜31日まで3日間有給休暇を消化し、書類上の退職日を3月31日(土)とすることも可能です。

また、手続きの関係で書類上即日退社とするのが難しい場合は、退職日を最短で定めそれまでは「欠勤扱い」とすることもできます。

退職代行を使う社員は基本的に即日退職を希望していますので、書類上の退職日と退職日までの取り扱い方法を決めましょう。

退職者に任せていた仕事を整理する

退職代行を使われたら、ショックや驚きがあるかもしれませんが、気持ちを切り替えてやらなければいけないことがあります。

それは「退職を申し出た社員に任せていた仕事を他の社員に割り振ること」です。

この時、なるべく後任の社員にしわ寄せが行かないように注意することが大切。

退職代行を使われる可能性はどの会社にもありますので、マニュアルを社内で共有するなど、誰かが急に抜けても対応できる体制を整えておきましょう。

 

【退職する人へ】会社に迷惑をかけないように辞めるには


退職代行を使うことも、短い在職期間で会社を辞めることも違法ではありません。

しかし、少なからずお世話になった会社。

なるべく迷惑をかけずに辞めたいですよね。

少しでも迷惑をかけずに退職したい方は下記の3点に気をつけましょう。

  • 引き継ぎをしっかりする
  • できれば余裕を持って退職を申し出る
  • 退職のタイミングを考える

ここでは、会社に迷惑をかけずに辞める方法について解説します。

引き継ぎをしっかりする

会社に迷惑をかけたくない方は、退職前にしっかり引き継ぎを行うようにしましょう。

社員一人が突然抜けてしまうと、その穴を誰かが埋めなければならず、引き継ぎがないと大変だからです。

例えば自分が担当している取引先やお客様の情報を後任の同僚に引き継がないと、二度手間になったり、最悪の場合クレームにつながることもあります。

仕事の引き継ぎは口で伝えるだけでなく、データにしてまとめておくなど、後任の人の負担を少しでも軽くする努力が必要です。

引き継ぎに関して詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

異動や退職、後任への仕事の引き継ぎをどうすればいいのか?退職や部署異動など、ずっと同じ職場で働き続ける人は少ないでしょう。 そのときに必要なのが、後任者への引き継ぎです。 しかし引...

できれば余裕を持って退職を申し出る

退職の申し出は、できれば余裕を持って行うようにしましょう。

本記事の冒頭でも紹介していますが、民法第627条によると、労働者の退職は下記のように定められています。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する。

(民法第627条より)

つまり、雇用契約書で特別設けられていない場合、退職の2週間前に申し出れば会社を辞めることができます。

しかしこの民法627条は絶対ではなく、会社側の合意があれば必ずしも2週間前に申し出る必要はありません。

例えば病気で突然倒れてしまった場合など、2週間前に申し出ることが難しい場合もありますよね。

とは言え、昨日まで勤務していた社員が突然明日から来ないとなると、迷惑をかけてしまう可能性は高いです。

たしかに即日退職は可能ですが、できることなら余裕を持って退職を伝えると会社に迷惑をかけることが少なくなるでしょう。

即日退職については下記の記事で詳しく解説しています。

会社を即日で辞めたい
会社を即日辞める方法とは?手順や注意点も徹底解説!会社を即日辞める場合、手順や方法を間違えてしまうと法律に違反する可能性があります。基本的に法律では申し出から退職まで2週間が必要になるからです。それでもどうしても会社を即日で辞めたい人に向けて、すぐに辞める方法や注意点を詳しく解説していきます。読んでいただくことで、会社を即日でスムーズに辞められる可能性が高まります。...

退職のタイミングを考える

会社になるべく迷惑をかけないようにするには、退職のタイミングを考えるようにしましょう。

会社の繁忙期などに突然退職をしてしまうと、同僚や上司に迷惑がかかってしまうからです。

例えば一般的にお盆明けや正月明けなどは休み前に仕事がひと段落しており、閑散期であるこが多いです。

3月末も人事の入れ替わりの時期ですので辞めやすいと言えるでしょう。

精神的余裕のある方は、迷惑のかからないタイミングでの退職をおすすめします。

 

退職代行を使うのは、迷惑で非常識ではない


退職代行の利用を検討している方の中には「退職代行を使って辞めるのは迷惑なのではないか」と心配している方もいるでしょう。

結論から申し上げると、退職代行を使うのは迷惑ではないし非常識でもありません。

その理由には5つあります。

  1. 退職代行のサービスは違法ではないから
  2. 仕事を辞めるのは労働者の権利だから
  3. どの状況でも仕事がまわるようにするのは会社側の仕事だから
  4. 仕事は労力を費やしそれに対する対価を受け取る場所だから
  5. パワハラなどの問題がある場合は会社側に責任があるから

ここでは、退職代行は迷惑ではない5つの理由についてみていきましょう。

1.退職代行のサービスは違法ではないから

ネットの記事などを見て、退職代行業者に対し「非弁法に違反しているのでは」などと心配している方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、退職代行のサービスは違法ではありません。

たしかに、弁護士の資格を有していない業者が会社に対して交渉を行うことは、法律で禁じられています。

(*詳しくは下記の記事を参考にしてください)

退職代行は法律違反?非弁活動について詳しく説明2018年ごろから話題を集めるようになった退職代行サービス。 利用者も増えて、ひと月の相談件数が数百件にのぼる業者も出てくるように...

しかし、退職代行業者が行なっている「依頼者のかわりに退職の意思を伝えるというサービス」に違法性はありません。

退職代行業者は、退職を希望する旨を伝達することで権利の範囲内での円満退職を目指します。

退職代行サービスを利用することに負い目を感じる必要もありませんし、ましてや迷惑でもありませんので安心してください。

2.仕事を辞めるのは労働者の権利だから

仕事を辞めることに対し、必要以上に責任や申し訳なさを感じてしまう方もいるでしょう。

しかし、当然ながら退職とは労働者ひとりひとりの権利。

もちろん、退職を申し出たときに会社からは嫌な顔をされてしまうこともあります。

これは法律的な問題ではなく、上司や同僚の個人的な感情ですので、嫌な顔をされても気にする必要はありません。

ギリギリの人数で仕事をまわしているので退職を言い出しづらいという方は、退職代行業者に依頼するというのは一つの手段でしょう。

3.どの状況でも仕事がまわるようにするのは会社側の仕事だから

今辞められたら困る、今辞めるのは無責任だ…」会社が退職希望者を引き留めるために使う常套句。

しかし、あなたがこういった事情を気にする必要はまったくありません。

人員不足や仕事内容の共有が不完全であることは、100%会社側の責任だからです。

一人退職することで仕事がまわらなくなるようであれば、それは雇用人数が少ないことが原因。

代わりを務められる人がいないのも、会社が研修・教育や業務のマニュアル化を怠ったためです。

また、「今は辞めないでほしい」という説得に応じたとしても、その後「今なら辞めてもいい」タイミングが来ることはまずないと考えるべきでしょう。

社員が1人抜けて仕事がまわらなくなる体制を続けているのは100%会社側の責任ですので、退職代行を使って辞めることは迷惑ではないですよ。

4.仕事は労力を費やしそれに対する対価を受け取る場所だから

シビアに聞こえるかもしれませんが、仕事とは「労力を費やしそれに対する対価を受け取る」ことです。

つまり、労力を費やして対価をもらったのであれば、それ以上を求める必要もなければ、求められる必要もありません。

次のステップに進みたい場合は、堂々と退職代行を利用しましょう。

例えば

  • 会社への忠誠心
  • 責任感
  • 会社への恩
  • 会社のメンバーは家族

これらのワードにより退職しても良いか悩んでいる方もいるかもしれません。

しかし会社は家族だ、というような考え方はもはや古い考え方です。

労働者が責務をこなし、報酬を得る場所が会社。

労働者は、自分の体力や知力、時間を使って仕事をすることで、それに値する収入をもらっているのです。

この仕事への感覚が上司や経営者側と異なってしまった場合、会社側とスムーズな交渉をすることは難しいかもしれません。

感覚の違いを埋めるのは難しいので、会社側との考え方の違いを感じたら退職代行の利用がおすすめです。

5.パワハラなどの問題がある場合は会社側に責任があるから

パワハラなどの問題がある場合、それは100%会社に責任があります。

パワハラなどの被害に遭っている場合は、迷惑の心配をする必要はありません。

労働で対価を得る会社という場所で、精神的苦痛や身体的苦痛を受けることは労働者の権利が侵害されているということです。

退職代行を使ってすぐに仕事を辞めましょう。

上司だろうと先輩だろうと取引先だろうと、個人の尊厳を傷つける権利は当然持っていません。

何かハラスメントを受けていると感じたとき、労働者はその場から背を向けて、堂々と去る権利があります。

自身を苦しめる相手に対し、

  • もう顔も見たくない
  • 話もしたくない
  • いくら謝罪されても許せない

と感じたときは、退職代行業者を堂々と利用してください。

パワハラの対処法については下記の記事を参考にしてください。

嫌 なら 辞めろ パワハラ アイキャッチ
「嫌なら辞めろ」はパワハラ?言われる3つの理由と5つの対処法働き方改革が進むにつれ、世間でもパワハラを無くそうという流れになっています。それでも上司に怒鳴られた経験は誰でも一度はあるのではないでしょうか。「嫌なら辞めろ!」そんな風に怒鳴られたらやる気を無くしてしまいますよね。今回の記事では「嫌なら辞めろ」と言われるのはパワハラなのか、言われる理由や対処法について解説していきます。...

 

退職代行を使われた会社は認めよう!使う側も迷惑を心配する必要なし


最後に本記事の内容を簡単にまとめておきましょう。

  • 退職代行を使うことは迷惑ではない!
  • 退職代行を使われたら基本的に引き留めることはできない
  • 会社に迷惑をかけずに退職するには、引き継ぎをしっかり
  • 退職代行を使われた経験を持つ人は意外と多い

退職代行を使われたら社員の雇用形態を確認し、退職日までの扱いを決めましょう。

一方、退職代行を利用して辞める方は「迷惑をかけるのでは?」と心配する必要はありません。

ただし社会人のマナーとして、できることなら最低限の引き継ぎをした方がベターです。

今回は退職代行を使われたら?というテーマで解説しました。

管理人おすすめ!退職代行ランキング!
J-next

今稼いでいる仕事を辞めるわけですから、費用は安ければ安いほどいいですよね。J-NEXTは業界最安の2万円ぽっきり!

J-NEXTの次に安いのがSARABA(27,000円)と退職代行ニコイチ(27,000円)なのですが、2番手に1万円近くもの差をつけてぶっちぎりの安さです!即日対応・返金保証・転職サポートもついているので安心ですね。

おすすめ度
費用 20,000円
対応時間 24時間対応可能
その他 業界最安!即日対応・返金保証・転職サポートあり!

 

EXIT
費用は最大50,000円と若干高めですが、NHK「クローズアップ現代」でも取り上げられるほど「退職代行の第一人者」といっても過言ではない存在です。
依頼件数は月に300件、これまでに担当した退職代行は全て成功という確かな実績もあります。
おすすめ度
費用 30,000円〜50,000円(雇用形態による)
対応時間 24時間対応可能
その他 全額キャッシュバックあり

詳細ページ公式ページ

 

SARABA
一律27,000円という安さにも関わらず、24時間電話・メール・LINE相談を行なっているなどサービスの質として十分です。
また、万が一希望にそった結果にならなかった場合、全額返金の保証もあります。
法律事務所を紹介してくれるので、有休消化や給料の未払いなどの交渉も行なって欲しい方にはおすすめです!
おすすめ度
費用 27,000円
対応時間 24時間対応可能
その他 法律事務所も紹介

詳細ページ公式ページ