退職の準備

退職を切り出せない5つの理由と切り出すときの重要ポイントを徹底解説

退職を切り出せない

「退職したいけれど、どうやって上司に切り出したら良いか分からない」

そんなふうに悩むこともありますよね。実際、多くの人が会社を辞めようと思っても、切り出すことができず、会社に留まり続けているのです。

ですが、いつまでもやりたくもない仕事を続けるのは、会社にとっても、あなた自身にとっても良いことではありません

まずは退職を切り出せない理由を、しっかりと見極めましょう。

本記事では、「退職を切り出せない理由と切り出すときの重要なポイント」について紹介していきます。

会社を辞めようと思うのであれば、まずはじっくりと自分の気持ちに向き合いましょう。

退職を切り出す勇気が出ない5つ原因と対処方法

切り出す勇気がない

退職を切り出しづらいと感じるのには理由があります。特に、切り出しづらいと感じるのは、いくつかの理由が折り重なっている場合が多いです。

ですが、これらの問題はしっかりと向き合えば対処ができるものばかりです。退職を切り出しづらい理由をしっかりと見極め、1つ1つ解決していきましょう。

少し考え方を変えてみるだけで、退職を切り出す勇気が出るものです。

 

その1:同僚や上司に申し訳ないと思ってしまうから

自分が辞めることで、同僚や上司に迷惑が掛かってしまう」と感じる人も多いのではないでしょうか。
入社してからお世話になり、周りからも期待をされていたのであらば、なおさらでしょう。

管理人
管理人
あなたが優しい性格であればあるほど、その気持ちが強いはずです。ですが、そのように周りを気遣うことのできるあなたは、同僚や上司との関係も良かったのではないでしょうか。

職場の人間関係が良好だったのであれば、あなたの退職を惜しみながらも、笑顔で送り出してくれるはずです。少しでも退職する罪悪感を減らそうとするのであれば、なるべく早めに会社に伝えるようにしましょう。

早めに伝えておけば、早い段階で会社側もあなたの代わりの人材を用意することができるので、余計なトラブルに繋がりづらいです。

その2:退職することで非難されることを恐れるから

「退職をすることで会社に迷惑が掛かり、同僚や上司との関係が悪くなってしまうのではないか」と、不安になる人も多いのではないでしょうか。

確かに、会社を辞めるということは、少なからず会社に悪影響を及ぼしてしまいます。

代わりの人材を育てるにも、人件費と時間が掛かることでしょう。そのため、「辞めること=悪」だという考えになってしまう人も少なくないのです。

誰も自分が悪者になるのは嫌ですよね。

管理人
管理人
ですが、退職は悪いことではありません。

あなたが退職することを非難する人は、どんなタイミングであっても非難するものです。

一方で、あなたが誠意を持って退職したいという気持ちを申し出れば、その姿勢を評価してあなたの新しい道を応援してくれる人もいるでしょう。

周りのことは気にせず、あなたは「あなたの道」を進めば良いのです。

その3:退職理由を伝えたくないから

退職理由どうしても退職理由を伝えたくないときもありますよね。

たとえば、職場の人間関係が悪く、同僚や上司のパワハラに悩まされている場合などは、その理由をそのまま伝えづらいものです。

もちろん、理由を伝えることもできますが、退職前に不要なトラブルを生みかねません。

もし、本当の理由を伝えたくないのであれば、嘘の理由を作ってしまうと良いでしょう。

管理人
管理人
嘘をつくことに気が引けるという方もいるかもしれません。

ですが、退職できずに、精神的な負担を抱えながら働き続けることの方がつらいのではないでしょうか。

世の中には良い嘘と悪い嘘があります。

本当のことを伝えて職場に混乱を生むよりは、別の理由を話して穏便に退職するのも1つの手段なのです。

たとえば、以下のような理由がおすすめです。

  • 仕事で培った分野を活かして、もっと専門的な職業に就きたい
  • 資格を取得するため、勉強に専念したい
  • 開業することにした
  • 海外へ留学することにした

もちろん、すぐにバレるような嘘は控えるようにしましょう。

退職するときの理由は本音で話す?それとも建前で話すべき??退職の意思を伝えると、必ずと言っていいほど聞かれるのが退職をする理由です。 なかなか伝えづらいことかもしれないし、最後だからと全て...

 

その4:引き止められたときのことを考えてしまうから

「できることなら引き止められずに、スムーズに退職したい」と思う人も多いのではないでしょうか。

ですが、多くの場合は引き止められると考えておいた方がよいです。

あなたの就業態度などに問題があり、会社側から「辞めてもらいたい」と思われていないかぎりは、あなたは会社の財産です。

管理人
管理人
あなたが仕事ができるようになるまでには、多くの人件費と時間がかかっています。

そのため、あなたが会社を辞めるということは、会社にとって大きな損失なのです。
だからといって、退職をやめる必要はありません。

引き止められることは、退職をする上で必要な儀式のようなものです。

会社側も、あなたの意思が固いと分かれば、必要以上に引き止めることはありません。

会社に残る意思がない人を説得しても、お互いに時間と労力を無駄にすることは、会社側も理解しているのです。

管理人
管理人
「引き止められるということは、自分は必要とされるだけの人材なのだ」と考え、気持ちよく退職しましょう。

ちなみに、よくある引き止め方の例は以下のようなものがあります。

  • 不満があったら改善するから残って欲しい
  • 後任が見つかるまで待ってほしい
  • 訴えるぞ!

強く引き止められることが心配な方は、こちらの記事をお読みください。

退職を引き止められて困ってる!しつこいときの対処方法退職を申し出てもすんなりと承諾されない、ということがあります。 転職エージェントdoda(デューダ)が調査した結果、およそ半数以上...

その5:辞めたあとの生活が不安になってしまうから

会社を辞めたくても、将来のことを考えると不安になって、いつまでも退職を切り出せないこともありますよね。

ですが、2019年にエン・ジャパンがおこなった転職についてのアンケートを見ると、約60%の人が転職の経験があることが分かります。

管理人
管理人
しかも、転職経験者の約90%が「転職をして良かった」と回答しています。

具体例は以下の通りです。

収入が上がった

例1)「収入が1.5倍になった」(48歳男性/ビル管理・メンテナンス/技能工・運輸・設備関連)
例2)「給料が成果報酬型から固定制へ変わり、金額も倍増した」(57歳男性/その他/事務・企画・経営関連)

引用:マイナビニュース『転職してよかった?経験者に聞いてみた』

 

人間関係の悩みがなくなった

例1)「同僚が良い人ばかりで働きやすくなった」(53歳女性/医療・福祉・介護サービス/事務・企画・経営関連)
例2)「職場の人間関係が良好で、トラブルがあっても気軽に相談できるようになった」(33歳女性/サービス/事務・企画・経営関連)

引用:マイナビニュース『転職してよかった?経験者に聞いてみた』

 

やりがいのある仕事に就けた

例1)「自分の技術が活かせるので、やりがいを感じる」(53歳男性/ガラス・化学・石油/その他技術職)
例2)「リーダーとしてチームを引っ張ることができ、自分の努力が会社の業績に繋がることが分かるようになって嬉しいです」(45歳男性/システムインテグレータ/IT関連技術職)

引用:マイナビニュース『転職してよかった?経験者に聞いてみた』

 

休日が増えた

例1)「自分の時間をしっかり確保できるので、たくさん旅行に行けるようになった」(38歳女性/ドラッグストア・調剤薬局/その他技術職)
例2)「子どもが急病にかかったときや、学校行事があるときにも融通がきくようになった」(44歳女性/生命保険・損害保険/営業関連)

引用:マイナビニュース『転職してよかった?経験者に聞いてみた』

 

通勤時間が減った

例1)「歩いて通勤できるので朝ゆっくりできるようになった」(56歳男性/医療・福祉・介護サービス/専門サービス関連)
例2)「結婚してから家事をしなくてはならなくなったので、通勤時間が減るのは、とても助かっています」(42歳女性/半導体・電子・電気機器/事務・企画・経営関連)

引用:マイナビニュース『転職してよかった?経験者に聞いてみた』

このように転職をすることで、多くの人が働く環境を改善できているのです。

それでも転職をするのは不安ですよね。

管理人
管理人
そのようなときは、身近にいる転職の経験者に相談すると良いでしょう。
経験者であればあなたの置かれた環境を理解できるため、親身になって相談に乗ってもらえます。

身近に転職経験者がいないのであれば、転職エージェントに相談するのも有効な手段です。

退職を切り出すときに重要なポイント

ポイント

いざ退職をしようと思っても、ちょっとしたことでトラブルになり、スムーズに退職できないこともよくある話です。

ここからは「退職時に気をつけておくべき重要なポイント」を紹介していきます。

退職を切り出すのは勇気がいることです。

少しでも精神的な負担にならないよう、事前にしっかりとチェックしておきましょう。

ポイント1:切り出すタイミングを見計らう

退職を切り出すときは、余裕を持っておこなうようにしましょう。

大体、退職日を2~3ヶ月後に設定しておくと、引き継ぎ業務や事務手続きなどをスムーズにおこなえます。

管理人
管理人
ですが、繁忙期に退職を切り出すのは要注意です。

繁忙期に戦力が減ることで、他の社員から反感を買う可能性が高くなります

円満に退職を目指すのであれば、できるだけ周りに迷惑がかからないタイミングで退職を切り出すようにしましょう。

管理人
管理人
また、精神的に余裕があるのであれば、給料やボーナスを受け取ってから退職することも大切です。

早めに退職を決めておけば、有休を消化してから退職することもできるため、余裕を持って行動するようにしましょう。

ポイント2:切り出す場所を間違えないようにする

上司に退職を切り出すときは、二人きりで他の誰にも聞かれないよう気をつけましょう。

他の社員に聞かれてしまった場合、社内のモチベーションが低下し、プロジェクトに影響が出る可能性があるからです。

また、他の社員からも引き止めにあう可能性が生まれてしまいます。

他人の頼みを断りづらいという人であれば、必ず上司と二人で話すよう心掛けましょう。

管理人
管理人
他にも、なかなか切り出す勇気が無いからといって、お酒の場で話すことは絶対にしてはいけません。

お酒の力を借りれば話しやすくなるかもしれませんが、後から無かったことにされる可能性もあります。

退職を切り出すときは、社内で二人きりになれる場所を選びましょう。

ポイント3:理由を明確にし退職を断言する

退職する理由は、明確にしておくようにしましょう。

なぜなら、曖昧な理由を伝えると、上司は納得できずに退職を認めづらいからです。

また、退職する理由はできるかぎりポジティブな内容にしましょう。

たとえ実際は職場の人間関係が悪いなど、ネガティブな内容であったとしても、すべてを正直に伝える必要はありません

管理人
管理人
前向きな理由であれば、会社や上司もあなたの選んだ道を応援したくなるものです。

また、上司に退職を切り出すときには
「○月○日に退職することにしました。」と、きっぱりと退職する旨を伝えるべきです。

このときに、「相談したいことがあるのですが」や「退職を考えているのですが」のように曖昧に話してしまうと、説得の余地があると思われてしまうので注意しましょう。

ポイント4:引き継ぎ準備をしっかりとしておく

退職を切り出したとき、よく引き止めに使われる理由は「あなたがいなくなったら困る」というものです。

ですが、事前にしっかりと引き継ぎができるよう準備をしておけば、問題ありません。

上司が使うつもりだった「あなたを引き止める材料」を先に奪ってしまうのです。

管理人
管理人
それと同時に、しっかり準備をしておくことで、退職の意思が固いということを上司に見せることもできます

ですが、退職を切り出す前に、引き継ぎの準備をしていることを周りに知られてしまうと、余計なトラブルが発生する恐れがあります。

引き継ぎ業務は絶対に同僚や上司にバレないように進めましょう。

異動や退職、後任への仕事の引き継ぎをどうすればいいのか?退職や部署異動など、ずっと同じ職場で働き続ける人は少ないでしょう。 そのときに必要なのが、後任者への引き継ぎです。 しかし引...

それでも退職を切り出せないときの対処方法

退職を切り出せない

本来であれば、自分の口から直接退職することを伝えるのが、社会人としてのマナーです。ですが、どうしても切り出しづらいこともありますよね。

そのようなときは以下の方法を試してみることをオススメします。

対処方法1:メールやLINEで伝える

いきなり上司と二人きりで話をするのが難しいのであれば、事前にメールやLINEで伝えるのも1つの手段です。

ですが、たとえメールやLINEで退職することを伝えても、直接話をすることになると思っておくと良いでしょう。

管理人
管理人
それでも、上司はあなたと話をするまでに、じっくりと考えをまとめる時間ができます。

話をするまでにお互いに時間をおくことで、冷静に話し合いができるのです。

対処方法2:上司に伝えづらいなら人事部門に相談する

上司との人間関係が悪くて、退職を切り出しづらいこともありますよね。

管理人
管理人
そのような時は社内の人事部門に相談するのも良いでしょう。

あくまでも部署内の人間関係が悪くて、退職を考えているのであれば、他の部署への異動という形で問題の解決を図ってもらえる可能性もあります。

直接伝えないことで、上司のメンツを潰すことになるかもしれません。

ですが、一番大切にしなくてはいけないのは「あなたが気持ちよく退職・働けること」だということを忘れないようにしましょう。

対処方法3:退職代行を利用する

どう考えても自分で退職を切り出せないのであれば、「退職代行に依頼する」という手段があることを、最後にお伝えしておきます。世の中には良い職場ばかりではありません。

いわゆるブラック企業に勤めてしまったばかりに、劣悪な環境で身も心もすり減らしながら働いている人がたくさんいます。

そのような職場では、退職を申し出ても認めてもらえないことが多いものです。

管理人
管理人
辞めたいのに辞められない。そんな状況が続き、最後には心の病気になってしまう人も少なくないのです。

退職代行では、自分で会社に連絡する必要は一切ありません。もし、会社に連絡することさえ難しい状況なのであれば、一度相談してみるのも良いでしょう。

あなたは、会社のために生きているのではありません。

自分自身のために生きているのです。

2019年最新版!退職代行サービスおすすめランキング5選!厚労省が行なっている雇用動向調査によれば、退職をする人は1年間で700万人以上にのぼるとされています。 また、退職に関する相談が1...

退職は人生の再出発

再出発

昔に比べると、今は転職することが当たり前の時代となっています。退職はネガティブなものではなく、前向きなものであることを忘れてはいけません。

退職は人生の再出発です。自分らしく生きるため、自分に合った新しい職場を見つけましょう!