退職の準備

退職を引き止められて困ってる!しつこいときの対処方法

退職を申し出てもすんなりと承諾されない、ということがあります。

転職エージェントdoda(デューダ)が調査した結果、およそ半数以上の割合で退職の意思を伝えた際に引き止められたと答えました。

>>退職希望者を会社は引き止めるべきか、送り出すべきか【退職理由・交渉のホンネ】

会社から引き止めがあったら、退職を思い直すという人もいるかと思います。

しかし、すでに次の就職先が決まっていたり、結婚や妊娠、転居や家族の介護などの家庭の事情でやむを得ない場合もあるでしょう。

中には、何が何でも会社を辞めたい・辞めるという強い決意を持っている人もいるはずです。

退職をしたいのに会社から引き止めされた場合はどうしたらいいのか、その疑問にせまります。

なぜ引き止めるのか

退職を希望している社員をなぜ引き止めるのか、もちろん辞めてもらっては困るからです。

社員が辞めれば、会社にも上司にも少なからず影響が出ます。

とくに規模の小さい、少人数で経営しているような会社であればなおさらです。

会社への影響

例えば、それまで5人で進めていた仕事があるとします。

1人抜けて4人で仕事をするとなった場合、単純に計算すると1人あたりの負担が1.25倍になります

しかし、5人の時点でいっぱいいっぱいだったとしたら、4人では仕事が満足にできなくなるでしょう。

場合によっては、負担が増えたことで残った4人も仕事に対して不満を持ち、1人、また1人と辞めてしまうかもしれません。

辞める人がプロジェクトリーダーなど重要なポジションについている場合も、会社にとって大きな痛手です。

これまで長い時間とお金をかけて育ててきた、という思いもあります。

直接的な理由以外にも、会社が退職希望者を引き止める場合があります。

それは離職率です。

ブラック企業の特徴として、離職率の高さがよくあげられます。

人が辞めやすい=ブラック企業、というイメージが世間的に広がっているのです。

今後の人材確保にも影響が出るかもしれない、そんな恐れから退職を引き止める可能性もあります。

上司への影響

会社だけでなく、直属の上司も引き止めをするでしょう。

上司は会社から組織運営を任されていて、部下の管理もその一つです。

部下が辞めたら上司に問題があるのではないか、会社からそう思われてしまう可能性も無いとは言い切れないのです。

上司の中でも、組織運営をする中で様々なプランがあります。

その中から1人でも辞めると、せっかく考えていたプランが台無しになってしまうこともあるでしょう。

部下が1人辞めただけでも、上司への影響は少なくないということです。

本人への影響

こんなことで辞めるなんて、この先やっていけないぞ

すぐ辞めるような人間は、転職でも苦労するぞ

こんなことを言って、退職を引き止めようとする場合もあるでしょう。

あなたのことを考えて、そんな風に言われるとほだされてしまう人もいるかもしれません。

しかし、この言葉を本当に信じていいのでしょうか?

上で書いた通り、人が辞めれば会社にも上司にも少なからず悪い影響が出ます。

その理由を隠すために建前で、「あなたのために言ってるんだよ」と言っている可能性もあるのです。

普段、会社や上司はどのように自分を見ていたか、日々かけられていた言葉に思いやりがあったか、思い返してみましょう。

本当に自分のことを考えているのであれば、普段からそれが言動に表れていたはずです。

引き止めを避けるためには

引き止めをされずにスムーズに退職するためには、退職を申し出るタイミングと退職理由が大事です。

タイミングは、繁忙期を避けて退職日よりも2ヶ月前、です。

人手がギリギリの時期に退職を申し出れば、「こんなときに何考えてるんだ!」と怒鳴られてしまいます。

人が辞めるどころか、もっと人を増やしたいところでしょう。

また、多くの会社では「退職は2ヶ月前に申し出ること」のような就業規則を設けていることがあります。

民法では、2週間前に会社に申告していれば退職できると定められています。

しかし引き継ぎなどもあるので、無用なトラブルを避ける意味で就業規則に従うのが無難です。

退職理由は、ネガティブなことは言わず前向きな内容が鉄則です。

前向きな内容は、次のような感じになります。

  • 本当にやりたいことが見つかった
  • 新しい挑戦をしてみたくなった
  • 色々な会社で経験を積みたい

前向きかつ、今の会社では実現が難しいということをはっきり伝えましょう。

会社に不満がある場合、例えば賃金が安かったり休日が少ないなどが理由でも、馬鹿正直に話す必要はありません。

不満を理由にあげると、会社側はそれを改善することを条件に退職を引き止めてきます。

給料をあげよう」「昇進させよう」「部署異動させよう」そんな言葉には注意です。

待遇が改善されるならと退職を取りやめても、実際に残ってみたら一向に改善されないということもあります。

会社に掛け合っても、「今は時期が悪いから」「そのうちね」とうやむやにされてしまったら目も当てられません。

同業他社への転職を考えている場合は注意

会社によっては就業規則で、同業他社への転職を禁止している場合があります。

会社の企業秘密がライバル社へ漏れ出す危険性があるからです。

実際に機密情報を話してしまった場合、損害賠償が請求される可能性もあります。

こんなことを言われたら

中には、こんなことを言われて引き止められることもあるでしょう。

  • 会社に必要だ
  • 後任が見つかるまで
  • 訴えるぞ!

こんなことを言われたら・・・、ケース別に解説します。

「君は会社に必要な存在なんだよ」

人から必要とされと、どうしても心が動きがちです。

しかし、自分が退職を希望する理由は、果たして人から必要とされたかったからでしょうか?

今の待遇に不満があったり、もっと挑戦したいことがあったりと、具体的な目標があるのではないでしょうか。

人から必要とされても、結局都合のいい人扱いされて終わることも多いです。

しっかりと自分を持ちましょう。

「後任が見つかるまで待ってよ」

会社を辞めるにしても、引き継ぎなど辞めたあとのことを考慮するのも社会人としての責任です。

しかし、後任者を採用するまで待つ義理は無いでしょう。

人手不足は社員個人の責任ではなく、会社側の責任です。

退職する日にちを具体的に伝えて、決意が固まっているという意思は示しておきましょう。

「訴えるぞ!」

基本的に、この手の発言は無視していいかと思います。

社員1人が辞めたところで、発生する損害もさほど大きくないことがほとんどです。

裁判の手間を考えても、実際に訴訟にまで発展するというのは現実的ではありません。

まれに、特定の立場の人間が辞めてしまったことで大きな仕事が丸々なくなってしまった、というときに訴訟される可能性はあります。

>>ケイズインターナショナル事件 全情報

実際に賠償金の支払いを命じられたケースもあるので、自分が辞めた場合の影響がどのくらいかは考えておくといいです。