退職の準備

会社を即日辞める方法とは?手順や注意点も徹底解説!

会社を即日で辞めたい

「明日から会社に行きたくない」と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「仕事が苦しすぎる、違う仕事をしたい..」など会社をすぐに辞めたくなる理由は、人によってさまざまです。

しかし、会社を即日辞める場合、手順や方法を間違えてしまうと法律に違反する可能性があるのです。

そこで本記事では、会社を即日で辞める方法や注意点について詳しく解説していきます!

読んでいただくことで、会社を即日でスムーズに辞められる可能性が高まるので、ぜひ参考にしてくださいね。

まず確認!仕事を即日辞めるために理解すべき点

理解するべきこと

仕事を即日辞めるためには、最初に理解しておくべき点があります。

具体的には以下の3点です。

  • 法律では申し出から退職まで2週間が必要
  • 就業規則によって退職を申し出るタイミングが決められている場合がある
  • 無断欠勤して仕事を辞めるのは避ける

それぞれについて、確認していきましょう。

法律では申し出から退職まで2週間が必要

基本的には退職の申し出をしてから、退職をするまで最低でも2週間が必要です。

民法第627条1項で規定されているため、守らずに会社を即日で辞めることは、法律違反となるため注意しましょう。

 

法律では、雇用期間のない労働者については、退職の申し出から2週間で労働契約が終了できることになっています。

管理人
管理人
正社員は基本的に雇用期間がないため、退職まで2週間は必要になりますね。

 

正社員は、重要な職務を任されていることも多く、退職をする場合は他の社員への引き継ぎ期間が必要なことが多いです。

会社が損害を受けないために、労働者がすぐにやめられないよう、法律で規定されているともいえますね。

 

また試用期間中の方や、雇用期間の定められていないパートの方も、同様に退職まで2週間の期間が必要です。

ちなみに雇用期間が定められている方の場合は、やむを得ないと会社が判断しない限り、原則として雇用期間が満了するまで働かなければなりません。

就業規則によって退職を申し出るタイミングが決められている場合がある

勤務先によっては、就業規則で退職の申し出から退職までの期間が、1ヶ月や2ヶ月など法律よりも長めに規定されている場合があります。

ただし、就業規則で規定された退職の期間を守らなかったからといって、違法にはなりません。

管理人
管理人
就業規則は、あくまで会社内でのルールに過ぎないからです。

 

一方で、就業規則を守らずに会社を辞めると、円満に退職できない可能性は高いでしょう。

業務の引き継ぎに支障が出て、会社の同僚や上司に迷惑をかけることになってしまいます。

無断欠勤して仕事を辞めるのは避けよう!

もっともしてはならないことは、仕事を無断欠勤して会社を辞めることです。
いわゆる「バックレ」ですね。

無断欠勤をすると、会社の人に迷惑がかかるだけでなく、心配をして警察に通報されてしまう可能性もあります。

管理人
管理人
その後の転職活動にも、悪影響が出てしまうかもしれません。

 

いくら会社を即日で辞めたくなったとしても、無断欠勤はせずに別の方法を考えましょう

ここまでは、会社を即日でやめる場合に理解しておくべき点についてご紹介してきました。

それでは、実際に会社を即日で辞めるにはどうすれば良いのか?次で、仕事を即日で辞める方法について詳しくご紹介していきます。

 

仕事を即日辞める方法2選

仕事逃げたいから辞める

会社を即日で辞める方法は以下の2点が考えられます。

  • 会社の合意を得る
  • 退職届を提出して2週間の有給休暇を取る

以上の方法で退職を進めることで、法律に触れたり転職活動が不利になったりすることなく、会社を退職できます。

会社の合意を得る

会社の合意を得られれば、会社を即日で辞められます。

退職の申し出から退職までの期間が2週間以内であっても、違法とはなりません

しかし、「今日で会社を辞めます」と言ってその場で承認される確率は低いでしょう。

即日での退職を合意してくれる会社には、以下のような特徴があるからです。

  • 労働者が辞めても仕事に困らない
  • 引継ぎがなくても仕事が回る職場環境

このような会社は、あまり多くありませんよね。

 

一方で会社の合意を得て即日で辞めることは、もっとも手軽な方法でもあります。

「認められたら儲け物」と考えて、会社と交渉してみるのも1つの方法ですね。

退職届を提出して2週間の有給休暇を取るまたは欠勤する

退職届を提出してから2週間の有給休暇をとって会社を休むことで、擬似的に会社を即日で辞められます。

厳密に言うと会社を即日で止められる方法ではありませんが・・

「次の日から会社に行かなくても良い」という点では、即日で会社を辞めるのと変わりません。

加えて有給休暇であれば、2週間分のお給料も発生するため、メリットがあるとも考えられますね。

ちなみに、消化できる有給休暇がない場合は、欠勤扱いにしてもらうと良いでしょう。

管理人
管理人
ただし、休んだ分のお給料が発生しない点に注意が必要です。

会社を即日で辞める方法は以上の2点。

即日退職の方法が分かったところで、次では実際に会社を即日で辞める手順について、解説していきます。

 

自分で仕事を即日辞める手順

自分で退職届を出して仕事を辞める

自力で仕事を即日で辞めるには、以下の手順で退職を進めます。

  • 退職届を提出する
  • 2週間分の有給休暇を申請する
  • 退職の事務手続きをする

それぞれの手順について、詳しく解説していきます。

退職届を提出する

退職届

まずは、退職届を会社に提出しましょう。

このとき会社に提出するのは、必ず退職届を提出しなければなりません

退職を申し出る書類には退職届と退職願がありますが、退職届と退職願には以下のような違いがあるからです。

  • 退職届:退職を確定させる書類
  • 退職願:退職を願い出る書類

退職願を提出しただけでは、退職を願い出ただけになってしまいますね。

管理人
管理人
また、退職届に記載する退職日は、退職届を提出する日の2週間以上後の日付を記載しましょう。

 

記載した退職届の提出先は、主に以下の2つです。

  • 人事権を持っている管理職
  • 人事部などの人事を管理している部署に郵送で送る

郵送には時間がかかるため、同じ部署内の人事権を持っている管理職に提出するのがもっとも手早い方法です。

ただし、人事権を持っている管理職は、とても役職の位が高い人であることを意味します。

出勤してすぐに退職届を管理職に提出するのは、それなりの勇気が必要な方もいらっしゃるでしょう。

退職届
退職届はどうやって書く?いつ出す?退職願や辞表との違いは?退職したい・・・でも、退職届ってどうやって書くの? という悩みを抱えている方は多いと思います。 生きているうちに退職届を書く...

 

2週間分の有給休暇を申請する

次に、退職日から2週間分の有給休暇を申請しましょう。

申請方法は勤務先によって異なります。

ある程度の規模がある会社やシステムが整っている会社であれば、出退勤を管理するシステムに入力することで申請が可能です。

管理人
管理人
「有給休暇の取得を申請して会社に断られたらどうするの?」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし有給休暇は労働者が持つ権利の1つですので、会社は基本的に拒否できないのです。仮に拒否すると会社は労働基準法違反となります。

また、会社によっては「時季変更権」を主張して、有給休暇の期間を変更するように要求してくる場合もあります。

ご安心いただきたいのは、2週間で退職する場合、会社は時季変更権を行使できないということ。

時季変更権を行使できるのは、他の時期に有給休暇を与えられる場合のみだからです。

このように、会社を辞めるときに有給休暇を申請することは、法律的には問題ありません。

管理人
管理人
ただし、上司から激怒されたり同僚などから文句を言われたり、といったトラブルが起こる可能性もあります。

「何を言われても毅然とした態度で振舞う」といった、心構えがあると良いですね。

退職の事務手続きをする

退職をする際は、以下のような会社から支給されているものなどを返却しなければなりません。

  • 会社支給の携帯電話・PC
  • 社員証
  • 健康保険証 など
管理人
管理人
上記のうち健康保険証は、有給休暇中に利用する可能性もあるため、退職日の翌日に郵送などで返却すると良いでしょう。

また退職の際には、会社から年金手帳や離職票などを受け取ります。

特に離職票は失業手当を申請する際に必要なので、できるだけ早めにもらえるよう人事部などの担当部署に申し出ておきましょう。

事前に退職の手順を確認しておくとベスト

勤務先によっては、退職する際の手順が冊子やPDFなどのデータにまとめられている場合があるため、事前に確認しておくとスムーズに退職を進められます。

会社を即日辞める場合は、退職届の提出から有給休暇の申請、貸与物の返却などを1日で終えなければなりません。

管理人
管理人
1日だけ我慢して退職の手順を確認しておくのも、1つの方法ですね。

ここまで確認していただくと「会社を即日で辞めるのって面倒だな」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

そこで次では、手軽に辞められる方法として注目されている退職代行サービスについて解説していきます。

仕事を即日に辞めるには「退職代行サービス」を利用しよう

退職代行とは

手軽に仕事を即日で辞めたい場合は、退職代行サービスの利用がおすすめです。

退職代行サービスを利用することで、退職代行業者が本人の代わりに会社に退職の意思を伝えてくれます。

本人は会社と話をする必要がありません!さらにサービスを利用するその日から会社に行かなくて良くなります。

退職代行サービスの相場は1件あたり20,000円から50,000円ほど。

数万円の費用を支払うだけで、会社を即日で辞める場合に伴う精神的な負担を避けられます。

管理人
管理人
J-NEXTであれば、業界最安の20,000円で退職を代行。

転職エージェントとも提携しておりますので、その後の職場もスムーズに見つけられますよ!

 

また、退職代行サービスは相談だけであれば無料である場合がほとんどです。

できるだけ早く会社を辞めたいという人は、退職代行サービスに相談してみてはいかがでしょうか?

まとめ

基本的に会社を即日で辞めることは違法です。

しかし会社の合意が得られたり、退職届を提出してから2週間の有給休暇を取ったりすることで、次の日から会社に行かなくて良くなります。

ただし自分の力だけで、会社を即日で退職するには、それ相応の覚悟や勇気が必要なのも事実。

「自分の力だけでは不安だ」という方には、退職代行サービスの利用がおすすめです!

もしあなたがブラック企業に勤めており、1日でも早く脱出したいと考えている場合は、退職代行サービスの力を借りるのも1つの方法です。

まずはお気軽に相談してみてください。