基礎知識

すぐに退職したいひと必見!スムーズに会社を辞める方法を徹底解説

「こんな仕事、今すぐ辞めてしまいたい!」

仕事や会社に不満が積み重なり、我慢の限界がくると多くの人はそう考えるでしょう。

管理人
管理人
私自身、会社に嫌気がさして辞めた過去があるので、その気持ちはよくわかります。

ですが、いざ辞めようと思っても、なかなかうまくはいきませんよね。
会社のすべてに不満があるなら、なりふり構わず辞められるかもしれません。

しかし実際は、「同僚とはうまくやれているから、迷惑をかけたくない」とか「うまく辞められるか不安」などという理由から、なかなかスムーズに退職とはいかないのではないでしょうか?

本記事では、私の体験談をまじえながら「スムーズに退職できる方法」について説明していきます。間違った方法をとらず、失敗しない退職活動をしましょう。

スムーズに退職するには

退職

会社の立場に立ち、会社に損失を出さないことが、スムーズに退職をする秘訣です。

会社はアナタを育てるために、膨大な費用と時間をかけています。アナタが退職するということは、その費用と時間が無駄になるということです。

退職への近道は「急がば回れ」です。自分のことだけを考えず、以下に挙げることを実行してスムーズに退職しましょう。

その1:会社規定に合わせて退職の意思を伝える

多くの会社の就業規則には、「退職届は○ヶ月前に提出をする」などと規定されています。
しかし、これはあくまで会社の規則であり、民法上では退職届を2週間前に提出すれば退職は可能です。

ですが、会社側からすると、突然2週間前に退職届を提出されても、アナタの代わりがいないので困ってしまうわけですね。

管理人
管理人
人件費削減のために、ぎりぎりの人数で経営している会社もたくさんあります。

退職に理解を示してもらうために、アナタも会社の事情を理解することが大切なのです。
「そんなのは会社の都合」と切り捨てず、規定に従いましょう。

その2:繁忙期を避ける

会社は閑散期で人員が足りていれば、比較的簡単に退職を認めてくれます。

しかし忙しい時期に、わざわざ貴重な人材を手放すようなことはしたくありません。

管理人
管理人
もし繁忙期に「退職したい」と申し出たとしたら、どうなるでしょうか?

「この忙しい時期に何を言っているんだ!」と相手にされないことは目に見えています。そのようなことにならないよう、繁忙期は避けて退職を申し出ましょう。

その3:決意が固いなら早めに伝える

「もう辞める!」と心に決めたのなら、迷わずすぐに伝えるべきです。

私自身、辞める意思を固めていたにもかかわらず、数ヶ月間どう伝えようか迷っていました。

管理人
管理人
そして、意を決して退職を申し出た結果、晴れて退職の許可を得ることができたのです。

ですが、ここで事件が起きます。

退職の準備をしている間に、同僚が大きな問題を起こし、ほぼクビに近いかたちで会社を去ってしまったのです。
その結果、人員が足らなくなり、元同僚の代わりが補充されるまで、半年間も会社に残ることになりました。

管理人
管理人
なぜ、もっと早く言わなかったのかと後悔したのは言うまでもありません。

このような思いをしないよう、決意が固いのであれば、早めに辞める意思を伝えましょう。

その4:引き継ぎ業務は余裕をもっておこなう

もし会社がアナタの退職に理解があり、即日の退職が認められたとしましょう。
しかし、アナタにしかできない仕事があるのであれば、すぐに辞めることはできません。

また、アナタ自身が自分の担当する業務の理解度が低い場合、引き継ぎに長い時間がかかってしまう可能性もあります。

管理人
管理人
そのようなことにならないよう、可能な引き継ぎ業務は、早めにおこないましょう。

ただし、事前に準備していることが周囲に知られると、アナタが辞めるという噂が、職場内で広がる可能性があるので注意が必要です。

仲の良い同僚から引き止められると、辞めづらくなってしまいますよね。引き継ぎの事前準備は、周囲には知られないよう、こっそり進めることが大切なのです。

異動や退職、後任への仕事の引き継ぎをどうすればいいのか?退職や部署異動など、ずっと同じ職場で働き続ける人は少ないでしょう。 そのときに必要なのが、後任者への引き継ぎです。 しかし引...

その5:明確な退職理由で引き止めを防止する

会社に損失が出るわけではありませんが、退職理由は重要なポイントです。

すぐに嘘とわかるような理由や曖昧な理由では、細かく追求されてしまい、退職を認めてもらえません。

時間がかかってしまう可能性もあります。

管理人
管理人
逆に、理由が明確で引き止めづらいものであれば、アナタを惜しい人材だと思っていても、退職に理解を示してもらえるでしょう。

具体的には、以下のような退職理由が挙げられます。

これらの退職理由を、嘘だと見抜かれないようにしっかりと話を練って伝えれば、会社はアナタを引き止めづらくなるでしょう。

転職先が決まっている、または新しい仕事をしたいなどポジティブな理由

例文:自問自答して、よく考えた結果、新しい分野にチャレンジしたいという気持ちが溢れてきました。

家業を継ぐ、親の面倒をみるなど、実家に帰るという理由(遠方で一人暮らしの場合)

例文:親が倒れて、実家の米屋を継ぐことになりました。

うつ病になったなど、健康面の理由(診断書がある方がより明確になる)

例文:入社してから発症した持病が悪化してしまい、退職というかたちを取らせていただければと思います。

すぐに退職したいのは本当にあってる?

疑問

アナタはなぜ、すぐにでも退職したいのでしょうか?もちろん、さまざまな理由から退職に思い至ったのだと思います。

キャリアアップなど、理由がポジティブであれば退職するのも良いでしょう。しかしネガティブな理由で退職したいと考えているのであれば、注意が必要です。

ネガティブな思考になっている状態では、正常な判断はできません

一時の感情に任せて退職を選ぶと、後悔する可能性が高いです。

退職してから後悔しないよう、以下の方法で、「本当に仕事を辞めるべきか」を判断してみましょう。

退職を決断する前にゆっくり考えることも大切

冷静に考える時間をもつことで、本当に退職するべきか自分を見つめ直すことができます。可能であれば、有給を消化したり休職の申請をしたりして、一時的に仕事から離れてみるのも良いでしょう。

管理人
管理人
休養中に会社のことを考えず気分転換をするには、以下の方法がオススメです。

  • 友達とめいっぱい遊ぶ
  • 趣味に没頭する
  • 旅行に行く
  • 短期留学で海外へ行く
  • 筋トレをする

 

その際にはスマートフォンの電源を切りましょう。万が一、会社から連絡が来てしまったら、せっかくの気分転換が台無しです!

また、周りの人に相談することも有効です。

仲の良い友人や家族であれば、親身に相談に乗ってくれる上に、アナタがおかれた状況を客観的に分析してくれるでしょう。

不満や悩みを吐き出すことで気が楽になれば、「退職するほどではない」と思うようになるかもしれません。

管理人
管理人
私の場合は、相談した相手が私の境遇に理解を示し、背中を押してくれたことで退職の決意ができました。辞めるにしろ残るにしろ、第三者への相談はオススメです。

退職を急ぎすぎることで起こりえるトラブル

それでも、「なにがなんでもすぐに退職してやる!」という人もいるでしょう。
しかし、退職は早くできれば良いというものではありません

ここからは、「退職を急ぎすぎたことで起こりえる、退職前後のトラブル」について説明します。不要なトラブルを避けたい方は、あせって退職を急ぎすぎないよう気をつけましょう。

トラブル1:人間関係が悪化する

無理に退職をしようとすれば、社会人のマナーがなっていないとみなされます。それまで社内の人間関係が良好であったとしても、退職を強行しようとするアナタに対して、同僚や上司は決して良い顔をしません。

場合によっては、嫌がらせを受けることさえありえるのです。

そうなると思うように退職活動を進められませんよね。

管理人
管理人
退職を急ぎすぎた結果、かえって退職が遅れるのでは本末転倒です。

また、退職後も会社の近くで暮らすのであれば、元同僚に町で会ってしまうこともありえます。トラブルがあった人とは会いたくないですよね。

そのようなことにならないよう、細心の注意を払って退職を進めましょう!

トラブル2:損害賠償を請求される可能性がある

これは、実際にはあまり起こらないトラブルですが、可能性はゼロではありません。しかし、会社からの損害賠償請求は、退職時にもっとも避けたいトラブルではないでしょうか。

考えられるケースは以下の通りです。

  • 就業規則よりも短い期間で退職届を提出した。
  • 契約期間が終了するまでに退職をした。
  • 無断欠勤による「バックレ」をした。

1つ目は先ほどお伝えしたとおり、2週間前までに退職届を提出していれば、法律上で問題はありません。

2つ目は民法628条(※)により、退職の原因がアナタにあれば、損害賠償を請求される可能性があります。

3つ目は退職届を提出せずに欠勤しているため、違法です。

しかし会社側も、アナタの無断欠勤で生じた損害を立証する必要があります。

※民法628条
当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。この場合において、その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償責任を負う。

引用:『民法628条』

以上で挙げたトラブルは、アナタが退職を急ぎすぎず、適切な手順を踏めば回避できます。

トラブル3:転職先が見つからない

退職前のトラブルを回避し、無事に会社を辞められたとしても、すぐに次の仕事が見つかるとはかぎりません。雇用保険の失業給付も、自己都合による退職では3ヶ月の待機期間が発生します。

管理人
管理人
当然ですが、生活していくにはお金が必要です。

退職後の明確な見通しがあるか、十分な蓄えがあれば別ですが、そうでないのであれば辞める前に、もう一度よく考えましょう。

トラブル4:各種手続きが面倒になる

年金や健康保険、雇用保険などの手続きには、会社からもらえる必要書類があります。退職前に会社と話ができていなければ、源泉徴収票などの請求連絡をしなければなりません。

管理人
管理人
円満退職でないのに、退職後に会社へ連絡するのは避けたいですよね。

たとえば健康保険の手続きは、最短で退職後から14日以内にしなければなりません。

もし手続きをしないと、無保険状態となってしまいます。

怪我や病気などで高額な医療費の支払いをするはめになるので、退職前に書類を送ってもらうよう、しっかりと話をしておきましょう。

それでも今すぐ辞めるには

退職届「休暇をとってもリフレッシュできなかった」
「揉め事は承知の上!一刻も早く自由になりたい」

どんなに休息をとっても、退職する決意が変わらないこともありますよね。

そのようなときは、以下の方法を試してみてください。

方法1:メールやLINEで伝える

直接話をすると、その場で引き止めにあう可能性が高いです。どんなに決意をしたつもりでも、引き止められてしまうと、気持ちが揺らいでしまうこともありますよね。

そのようなときは、メールやLINEで退職の意思を伝えると良いでしょう。

管理人
管理人
メールやLINEであれば、誰にも邪魔されずに、しっかりと退職したいという気持ちを伝えることができます。

もちろん、直接話をする場が設定されるでしょう。

しかし、ゼロから始めるより、アナタの気持ちがすべて伝わっている分、話を進めやすくなるのでオススメです。

方法2:上司よりも上の立場の人間か人事部門に相談する

直属の上司が話を聞いてくれない、関係が悪く上司には話したくない、ということもありますよね。

管理人
管理人
そのようなときは、上司よりもさらに上の立場の人間か人事部門に相談しましょう。

上司の顔を潰すことになるので、退職するまでギクシャクするかもしれません。
しかし、これから何年もストレスを溜め込みながら働き続けるより、退職までの短い期間で済む方が良いのではないでしょうか。

アナタの心身の健康のため、不満でいっぱいの職場は一刻も早く去りましょう。

方法3:退職届を提出する

何度かお伝えしていますが、退職届さえ提出してしまえば2週間で退職が可能です。もし認めてもらえなかった場合、内容証明で退職届を会社に送ってしまうと良いでしょう。

退職届は会社が受け取った時点で、法的な効力を発揮します。これにより、会社がどう考えていようが、会社はアナタの退職を認めざるをえないのです。

会社を即日で辞めたい
会社を即日辞める方法とは?手順や注意点も徹底解説!会社を即日辞める場合、手順や方法を間違えてしまうと法律に違反する可能性があります。基本的に法律では申し出から退職まで2週間が必要になるからです。それでもどうしても会社を即日で辞めたい人に向けて、すぐに辞める方法や注意点を詳しく解説していきます。読んでいただくことで、会社を即日でスムーズに辞められる可能性が高まります。...

すぐに退職したければ退職代行が確実

退職代行

「すぐに退職したいけど、会社とのやり取りはわずらわしい」

そう思うのであれば退職代行を利用するのがオススメです。
アナタ自身の手で、円満に退職できるのであれば、それがベストでしょう。

しかし世の中には、話の通じないブラックな会社もあるのです。

管理人
管理人
退職代行を利用すれば、会社と一切連絡を取る必要がありません。

また、退職代行サービスの中には、転職活動のサポートをおこなっているところもあります。

次が見つからないかもしれない」と悩んで退職できないのであれば、一度相談してみるのも良いでしょう。

こちらの記事では、J-NEXTをはじめとした退職代行サービスの比較をしています。

料金や特色など様々な視点から比較をしているので、アナタに合ったサービスが見つかるでしょう。

2019年最新版!退職代行サービスおすすめランキング5選!厚労省が行なっている雇用動向調査によれば、退職をする人は1年間で700万人以上にのぼるとされています。 また、退職に関する相談が1...

スパッと辞めて新たな人生を歩もう!

仕事は、生きていく上で必要なものです。しかし、心を病んでまで頑張る必要はないとは思いませんか?

他でもないアナタの人生です。不満だらけの会社からはきれいにお別れをして、光り輝く人生を歩んでいきましょう!