基礎知識

仕事中なのに眠い…。その原因と、眠気を解消する5つの対処法とは?

「仕事中なのに、とにかく眠い・・・」そんな時は辛いですよね。

眠い目をこすりながら仕事をしてもなかなか作業は進まず、ケアレスミスの原因にもなってしまいます。

そこで今回は、仕事中に眠くなってしまう原因や、眠気に襲われた時の効果的な解消法を5つ紹介していきます。

仕事中に眠くなってしまう原因とは?

仕事中にも関わらず、なぜ眠くなってしまうのでしょうか?

日中に眠くなる、2つの原因を解説します。

昼食後に眠くなるのは生理現象

仕事中に眠くなってしまうタイミングの多くは「ランチ後の時間」ではないでしょうか?

昼食の後に眠気に襲われる人が多いのは、実は体内のホルモンの働きに原因があります。

人は食事を摂ると、脳の覚醒を促進する「オレキシン」というホルモンの分泌が抑えられてしまい、それによって眠気が引き起こされているのです。

つまり昼食後に眠くなるのは人間としての「生理現象」であり、それを踏まえれば午後の14時〜15時頃に眠気が訪れるのは当然のことだと言えますね。

ストレスや疲労の蓄積が眠気を引き起こしていることも

昼食後などに関わらず「時間帯に関係なく眠い」という場合は、ストレスや疲労の蓄積が眠気の原因である可能性が高いです。

とくに体が疲れ切っているようなときは、なかなか仕事にも集中することができませんよね。

これは、脳が休息を促すために仕事を飽きさせたり、眠くさせたりする作用によって集中力が途切れてしまうのです。

つまり、日中に眠気を感じてしまうのは脳が発している「そろそろ休みましょう」というサインなんです。

そういった場合は自分が思っている以上に疲れがたまっている可能性があるので注意しましょう。

また、強いストレスを感じているような状態では、夜は体が疲れていてもスムーズに眠りにつくことができません。

その結果十分な睡眠をとることができず、その点でも仕事中に眠気を引き起こしてしまうことにつながってしまいます。

今すぐできる!仕事が眠い時の解消法5つ

実際に仕事中に眠くなってしまった時に使える、眠気対策を5つ紹介します。

どれもすぐに使える方法ばかりなので、いくつか併用して試してみると良いでしょう。

20分程度の昼寝をする

仕事中眠くて仕方ない時は、素直に寝てしまうことが一番効果的な解決法です。

ただし業務時間中に眠りにつくわけにもいきませんので、昼休みの時間などを利用して仮眠をとるのが良いでしょう。

お昼休憩の時間に入ったら早めに食事を済ませてしまい、残った時間で昼寝をしておくとその後の眠気を抑えることができますよ。

ただし、あまり深い眠りについてしまうとかえって逆効果になり、午後の業務が辛くなってしまうので気をつけましょう。

昼寝の時間は「15~30分以内」を目安にとるようにしてください。

体を動かす

一度席を立ち上がって体を動かすことも、眠気を解消するのにおすすめの方法です。

首や肩を回すストレッチをしたり深呼吸を行なったりするとより効果的に眠気を覚ますことができます。

自分のデスク周りで体を動かすことが難しければ、トイレに行くついでにストレッチなどを行うのも一つの方法ですね。

耳を引っ張る

人の耳は多くのツボが集まっている部分なので、耳を引っ張ることで脳が刺激されたり、首周辺の疲れを和らげる効果があります。

眠気に耐えられない時は、耳を上下左右に少し強めの力で引っ張ってみると良いでしょう。

デスクに座りながらでもできる簡単な方法なので、会議中の眠気覚ましとしても活用できそうです。

ガムを噛む

ガムを噛むことで神経細胞が活発になり、眠気を覚ますことにつながります。

「眠気覚まし用」のガムもコンビニで簡単に買えますので、そういった刺激の強いガムならより高い効果が期待できそうです。

ただし、事務職などの常に職場内にいる場合はこの方法は難しいので、営業職など一人になれるタイミングが多い人におすすめの手段と言えます。

カフェインを摂る

コーヒーや緑茶などに含まれるカフェインには、眠気を引き起こす「アデノシン」の伝達を妨害して眠気を断ち切る作用があります。

「カフェインが眠気に効く」というのは有名ですので、すでに実践している方も多いかもしれませんね。

コーヒーの種類は「アイス」よりも「ホット「インスタント」よりも「ドリップを選ぶ方が、眠気覚ましの効果は顕著に表れてきますよ。

ただし、カフェインの摂りすぎは「腹痛」や「夜の不眠」などの症状を引き起こしてしまうこともあるので、多くても1日3~5杯程度にとどめておくのが良いでしょう。

仕事で眠くならないために、普段から意識すべきこと

ここからお話する3つのポイントを普段から意識することで、仕事中の眠気を防ぐことができます。

上で紹介した今すぐできる対処法と併せて、こちらも取り入れてみてください。

昼食は「糖質」を少なめにする

「仕事中に眠くなってしまう原因」の部分で、「食後に眠くなるのは脳を覚醒させるオレキシンの分泌が抑えられるから」という説明をしましたね。

これについて、実は食事による「血糖値の上昇」がオレキシンの分泌抑制に大きく関係しています。

ここでは専門的な説明は省きますが、結論としては「血糖値を上げない食事」を意識することで、食後の眠気を極力抑えることが可能になるのです。

血糖値を上げてしまう代表的な食べ物には、糖質を多く含む「お米」「パン」「麺類」などが該当します。

そのため、いつもよりもお米の量を減らしてみたり、白米から玄米に変えたりすることで血糖値が上がりにくくなり、結果的に食後の眠気を防ぐことができるでしょう。

仕事中の姿勢を正す

日頃の「姿勢」を正すことも、仕事中の眠気に大きく関係しています。

猫背の状態が続いてしまうと呼吸が浅くなり、体に取り込める酸素の量が少なくなってしまいます。

これにより脳が酸素不足の状態に陥ってしまい、その結果眠気を引き起こすことにつながっているのです。

とくにデスクワークの人は一日中座りっぱなしなことも珍しくないので、悪い姿勢がくせ付いてしまっている方は多いですよね。

仕事中でも「顎を引いて背筋を伸ばす」「座った時の膝の角度は90度にする」といったように、常にきれいな姿勢を意識しておくのが良いでしょう。

姿勢を正すと気持ちもシャキッと切り替えられるので、ぜひお試しください。

毎日の睡眠の質を上げる

日中に眠くなってしまうのは、普段の睡眠の質があまり良くないことが原因かもしれません。

寝る直前に何か食べていたり、ベッドの中でスマホを触っていたりなど、心当たりのある方も多いのではないでしょうか?

寝る直前に食事をしてしまうと胃が消化活動を始めるため、それが睡眠の妨げになってしまいます。

また、スマホのブルーライトも睡眠の質を低下させると言われているため、こちらも注意が必要です。

夜しっかり眠るためにも、「食事は就寝の3時間前までに済ませる」「夜遅くにスマホやパソコンは触らない」ということを意識してみましょう。

毎日質の高い睡眠をとることで、「昼間は仕事に集中」「夜は十分な睡眠」といったメリハリのある生活を送れるようになります。

仕事中に眠くなってしまった時は、適切な方法で眠気を対処しよう

仕事中に眠くなってしまうのは誰しもが経験のあることです。

とくにお昼明けの14時頃は、世の中の多くのサラリーマンが眠気に襲われている時間かもしれませんね。

眠いのを必死に耐えながら仕事をしても効率的ではありませんので、適切な方法で眠気を対処していきましょう。