退職の準備

試用期間中でも退職できる!今すぐ辞めれる理由と方法を徹底解説

試用期間 辞めたい アイキャッチ

「試用期間中に辞めても大丈夫かな…」
「試用期間中に退職するっておかしいこと?」

こんな疑問を感じていないでしょうか。

会社は実際に働いてからでないと分からないことが多いですし、相性の悪い会社もあります。

管理人
管理人
「試用期間中だけど会社を辞めたい…」と感じるのも仕方のないことです。

ただ、試用期間中に辞めるのは非常識な感じがしますし、そもそも退職できるのかよく分からないですよね。

そこでこの記事では、以下のことを解説していきます。

・試用期間中に退職できる?

・試用期間中に辞める人は多い?

・申告してからどれくらいで退職できる?

疑問がなくなるよう詳しく解説するので、参考にしてみてくださいね。

退職代行おすすめランキング!

管理人厳選!すぐに辞められて安心安全!

【1位】J-next業界最安の2万円ぽっきり!

【2位】EXITメディア掲載実績多数!

【3位】SARABA全額返金保証&法律事務所の紹介あり!

>>退職代行おすすめランキングについてもっと詳しく見る

そもそも試用期間とは?

疑問

試用期間は、社員が会社に適切かを判断するための期間です。

社員の採用を書類や面接で決める会社が多いですが、仕事ぶりまでは分かりません。

そのため働いてもらって様子を見ることで、会社に合っているかどうかを判断しています。

会社ごとに異なりますが、1ヵ月〜3ヵ月ほどが一般的。試用期間とは言っても、正社員と同じ立場での仕事です。

給料は正社員よりも少ないですが、社会保険や残業代も支払われます

試用期間に退職することは可能か

疑問

試用期間で働きはじめたものの、「会社を辞めたい…」と感じることもあります。試用期間の最中でも退職できるのでしょうか?

ここからは、試用期間でも退職できるのかを詳しく解説します。

試用期間中でも退職可能!退職は労働者の権利

結論から言うと、試用期間中でも退職可能です。前述したとおり正社員と同じ立場なので、退職は認められます。

民法627条では、以下のとおり定められています。

(民法627条)当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申し入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申し入れの日から2週間を経過することによって終了する。

引用 民法-e-Gob-法令検索

このように退職は、雇用形態に関係なく法律で定められた労働者の権利です。ただ、試用期間だからといって簡単に退職できるわけではありません。

退職出来るのは申し入れから2週間後です。

管理人
管理人
そのため、最低でも2週間は働く必要があります。

試用期間中の退職は珍しくない。合わない会社はすぐ辞めるべき

試用期間中の退職は珍しいことではありません。合わない会社は、すぐにでも退職するべきです。

そのまま働き続けると、正社員になったとしても強いストレスを感じ体や心を壊すかもしれません。

そうなれば仕事どころではなくなりますし、鬱病になってしまえば社会復帰に時間がかかります。

ただ、試用期間は1ヵ月〜3ヵ月ほどなので、まだ会社のことがよく分かっていないはずです。

管理人
管理人
退職することは出来ますが、本当に辞めるかはよく考えて決断しましょう。

試用期間中に退職するメリット

喜び試用期間中の退職は、以下3つのメリットがあります。

  • 仕事の苦しみから解放される
  • 会社の引き止めにあいにくい
  • 新卒で入ったなら「第二新卒」枠が狙える

ひとつずつ見ていきましょう。

1.仕事の苦しみから解放される

「会社に行きたくない…」という思いを抱えながら働くのは、非常に苦しいですよね。

管理人
管理人
強いストレスを感じていた場合、体や心を壊して働くこと自体ができなくなるかもしれません。

退職すればその会社で働かなくていいので、悩む必要がなくなります。

2.会社からの引き止めにあいにくい

試用期間中は、就業者と会社がお互いに様子見の段階。

上司や同僚との関係が浅いので、引き止められる可能性が低いです。

管理人
管理人
また、重要な仕事を任せられる前なので、業務に与える影響も少なくてすみます。

3.新卒で入ったなら「第二新卒」枠が狙える

新卒入社の方だけのメリットですが、「第二新卒」枠での転職を狙えます。

第二新卒とは、学校を卒業してから2〜3年がたっている転職または就職を志望している人のこと。

社会経験が少ない分、会社に馴染みやすく教育しやすいというメリットがあるため、採用したいと考えている会社が多いです。

管理人
管理人
「辞めてしまったら次の就職が…」と心配かもしれませんが、有利になる可能性もあります。

試用期間中に退職するデメリット

どうすればいい

試用期間中の退職は、以下2つのデメリットがあります。

  • 転職に影響が出る
  • 上司や同僚からの印象が悪い

ひとつずつ見ていきましょう。

1.転職に影響が出る

会社は、長期間働いてくれる人を採用したいと思うものです。

試用期間で辞めると「うちの会社もすぐ辞めてしまうんじゃ…」と思われ、転職時に影響が出る可能性があります。

しかし面接官は、職務経歴などの履歴書に書かれていることだけで判断しているわけではありません

もちろん履歴書も重視しますが、面接での受け答えなどを総合的に見て採用するかを判断しています。

管理人
管理人
転職に影響が出るのは確かですが、その他の面でカバーすれば大丈夫です。

2.上司や同僚の印象が悪い

短期での退職なので、上司や同僚からの印象は良くありません。

ただ、試用期間であれば上司や同僚との関係は薄い状態です。

管理人
管理人
悪く思われる可能性は高いですが、あまり関係ないデメリットと言えます。

試用期間の退職でよくある疑問4つ

調べる

ここからは以下のよくある4つの疑問に答えていきます。

  • パートでも退職できる?
  • 転職時に退職理由はどうすればいい?
  • 会社に訴えられない?
  • 試用期間中に退職すると給料はどうなる?

ひとつずつ詳しく解説します。

1.パートでも退職できる?

管理人
管理人
前述したように退職は、雇用形態に関係なく就業者に定められた権利です。

そのため、パートでも退職可能。ただ、急に辞められると会社は困るので、遅くとも退職予定日の14日前までに伝えましょう

2.転職時に退職理由はどうすればいい?

抵抗があるかもしれませんが、退職理由は正直に伝えるべきです。

どうしても正直に言えない場合、以下のことを理由として伝えましょう。

・環境や仕事が思っていたものと違った
・会社の雰囲気や人間関係に馴染めない

しかし短期間で辞めたことは事実なので「我慢が足りなかった」など、自分の責任として反省している姿勢を示しましょう

3.会社に訴えられない?

会社から損害賠償などで訴えられることはありません。

なぜなら会社が損害賠償を請求することは、労働基準法第16条に違反する行為だからです。

「使用者は、労働契約の不履行について違約金を定め、又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない。」

引用 労働基準法-e-Gob-法令検索

もし訴えたとしても違法なのですから、会社側が負けることは明確なので意味がありません。

4.試用期間中に退職すると給料はどうなる?

試用期間中の退職でも、働いた分の給料が日割りでの支払いです。もし残業や休日出勤をしていた場合、その分も支払われます

給与の支払いについて、労働基準法での規定は以下のとおりです。

使用者は、労働者の死亡又は退職の場合において、権利者の請求があった場合においては、七日以内に賃金を支払い、積立金、保証金、貯蓄金その他名称の如何を問わず、労働者の権利に属する金品を返還しなければならない。(労働基準法23条)

引用 労働基準法-e-Gob-法令検索

これは試用期間中でも当てはまるので、給与を受け取れます。

試用期間中に退職する流れを分かりやすく解説

評価

ここからは退職までの流れを解説します。といっても、正社員の場合と大きな違いはありません。

  • 2週間前までに退職を申告する
  • 退職届を作成し提出
  • 残りの期間今までどおり勤務
  • 退職

ひとつずつ見ていきましょう。

1.2週間前までに退職を申告

まずは上司に退職の意向を伝えましょう。

労働基準法で定められているため、退職の申し出から2週間は働かないといけません。

また、就業規則で「退職の申し出は1ヶ月前までに」などと定められている場合もあります

管理人
管理人
きちんと引き継ぎができるよう、決められた期間のうちに申告しましょう。

2.退職届を作成し提出

正社員と同じく、退職届を作成し提出しましょう。

退職届は、会社で指定されたフォーマットを使う場合もあります。どうすればいいか会社によく確認し、作成しましょう。

退職届
退職届はどうやって書く?いつ出す?退職願や辞表との違いは?退職したい・・・でも、退職届ってどうやって書くの? という悩みを抱えている方は多いと思います。 生きているうちに退職届を書く...

3.残りの期間今までどおり勤務

退職が決まったら、残りの期間を今までどおり働きましょう。

前述したように退職の申し出から2週間は働く必要があります

少しでも会社に迷惑がかからないよう、しっかり引き継ぎ作業を行っておきましょう。

4.退職

退職日まで働いたら、無事退職です。

後日給与が振り込まれるので、働いた分が日割りで支払われているか確認しておきましょう

まとめ:試用期間中でも退職し自分に合った会社を見つけよう

再出発
最後にここまでの内容をまとめます。

  • 試用期間でも正社員と同じ立場
  • 試用期間中でも退職できる
  • 試用期間中の退職は珍しくない

試用期間に辞めるのは、決しておかしなことではありません。

むしろ無理をして働き続けることで、体や心を壊してしまう可能性もあります。

ただ、次の転職に影響が出てしまうのは大きなデメリット。辞めた後になかなか就職が決まらなかったら困りますよね。

また、もしかしたら仕事を辞めたいという思いは一時的なものかもしれません。1日休んで意欲が戻るようなら、退職しない方がいいです。

試用期間に辞めることはリスクもあります。よく考えてみて、それでも辞めたいと思うなら退職しましょう。

また、どうしても退職の意向を伝えられないなら、退職代行を使うという手もあります。

退職代行とは、その名のとおり退職の手続きを代わりに行ってくれるサービスのこと。

  • 上司と顔を合わせることなく退職できる
  • メール、電話、LINEでやり取り可能
  • 雇用形態に関係なく利用できる

中でも「J-NEXT」は業界最安値の20,000円で利用できます。どうしても辞めづらい時は相談してみてくださいね。

全てコミコミ2万円で退職できる!「J-NEXT」の口コミ・評判調べてみたここ数年、よく話題に上がる退職代行サービス。 新たにサービスを始める業者もどんどん出現しています。 今回紹介するのは、その中...
管理人おすすめ!退職代行ランキング!
J-next
今稼いでいる仕事を辞めるわけですから、費用は安ければ安いほどいいですよね。J-NEXTは業界最安の2万円ぽっきり!
J-NEXTの次に安いのがSARABA(27,000円)と退職代行ニコイチ(27,000円)なのですが、2番手に1万円近くもの差をつけてぶっちぎりの安さです!
即日対応・返金保証・転職サポートもついているので安心ですね。
おすすめ度
費用 20,000円
対応時間 24時間対応可能
その他 業界最安!即日対応・返金保証・転職サポートあり!

詳細ページ公式ページ

 

EXIT
費用は最大50,000円と若干高めですが、NHK「クローズアップ現代」でも取り上げられるほど「退職代行の第一人者」と言っても過言ではない存在です。
依頼件数は月に300件、これまでに担当した退職代行は全て成功という確かな実績もあります。
転職が成功したあかつきには、EXITにかかった費用が全額キャッシュバックされるという太っ腹なサービスも!
おすすめ度
費用 30,000円〜50,000円(雇用形態による)
対応時間 24時間対応可能
その他 全額キャッシュバックあり

詳細ページ公式ページ

 

SARABA
一律27,000円という安さにも関わらず、24時間電話・メール・LINE相談を行なっているなどサービスの質として十分です。
また、万が一希望にそった結果にならなかった場合、全額返金の保証もあります。
法律事務所を紹介してくれるので、有休消化や給料の未払いなどの交渉も行なって欲しい方にはおすすめです!
おすすめ度
費用 27,000円
対応時間 24時間対応可能
その他 法律事務所も紹介

詳細ページ公式ページ