退職の準備

新入社員でも退職して大丈夫!具体的な退職方法を解説【無理は禁物】

新入社員 退職 アイキャッチ

「新入社員だけど会社を辞めたい…」

「こんなに早く退職するのはマズいかな…」

このような思いを抱えていませんか?

会社での仕事は、実際に働いてみないとわからないことが多いもの。就職したものの、様々な理由で退職したいと考えることも仕方のないことです。

無理をするのは禁物ですが、新入社員のうちに辞めるのは非常識に思えますし抵抗がありますよね。そこでこの記事では、以下のことを解説していきます。

  • 新入社員が退職するのはおかしい?
  • 新入社員でも会社を辞めて大丈夫?
  • 新入社員が会社を辞める方法は?

新入社員の退職に関するよくある疑問についてもまとめています。新入社員で退職を迷っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

退職代行おすすめランキング!

管理人厳選!すぐに辞められて安心安全!

【1位】J-next業界最安の2万円ぽっきり!

【2位】EXITメディア掲載実績多数!

【3位】SARABA全額返金保証&法律事務所の紹介あり!

>>退職代行おすすめランキングについてもっと詳しく見る

新卒社員の10人に1人が1年未満に退職!新入社員の退職はめずらしくない

退職届

新入社員が退職することは、決してめずらしいことではありません。

厚生労働省が発表している新規学卒者の離職率のデータによりますと、大卒者でも約1割が1年未満に退職しています。

参考:新規学卒就職者の在職期間別離職率の推移

つまり大卒の社員でも、10人に1人は新入社員の時期に退職しているということです。

管理人
管理人
「新入社員なのに退職するのは…」と抵抗を感じるかもしれませんが、新入社員の退職は決してめずらしいことではありません。

ではなぜ新入社員の時期に退職したいと考えるのでしょうか?次は新入社員の退職理由を見ていきましょう。

新入社員の退職理由に多い5つのこと

ホワイトボードと女性

会社を退職するのには当然理由があります。新入社員での退職となれば、なおさらです。

新入社員の退職理由に多いのは、以下の5つ。

  1. 上司や同僚との人間関係がうまくいかなかった
  2. 仕事内容が思っていたものと違った
  3. ブラック企業で残業や休日出勤が多い
  4. 給料が低い
  5. 仕事にやりがいを感じない

順番に見ていきましょう。

1.上司や同僚との人間関係がうまくいかなかった

新入社員の退職理由で特に多いのが、上司や同僚との人間関係です。

学校を卒業したばかりの新入社員にとって、学校と違う会社での人間関係の構築は最初のハードル。

管理人
管理人
うまく人間関係を構築できないと仕事に行くこと自体がストレスになってしまいますし、仕事をすすめていく上でも影響が出てしまいます。

上司や同僚がいじめてくるなど、会社側に問題があるなら人間関係の改善は困難。精神的に疲弊する可能性が高いので、無理せず退職したほうが確実に解決できます。

しかし人間関係がうまくいかない原因が自分にある場合は、言動を振り返り改めていかないといけません。

退職する前に以下の記事も参考に、人間関係を見直してみてください。

仕事の人間関係に悩んだときは・・・退職を考える前にしてほしいこと仕事の人間関係に満足している、という人はいったいどれくらいいるでしょうか。 大体の人は先輩や上司、同僚に後輩など、嫌いな人・そりが...

2.仕事内容が思っていたものと違った

実際の仕事がどんなものかは、働いてみないとわかりません。そのため入社前の仕事のイメージと実際の仕事内容が違うと感じることがあります。

しかし新入社員のうちから、自分のやりたい仕事をやらせてもらえることはまずありません。また、実際の仕事内容が違うと感じるのは自分の理想が高すぎるのかもしれません。

どの仕事でも、入社前のイメージとのギャップは多少なりとも感じるもの。どうしても埋められないギャップなのかを慎重に判断しましょう。

3.ブラック企業で残業や休日出勤が多い

残業や休日出勤が多いというのも、新入社員の退職理由のひとつ。長時間労働が問題視されるようになってきたため、残業を嫌う新入社員も多いです。

しかしどんな会社でも少なからず残業はあるもの。労働基準法36条(通称「サブロク協定」)で、労使協定を結べば1ヵ月45時間までは残業できることが定められています。

参考:労働基準法 – e-Gov法令検索

1ヵ月の残業時間が45時間を超えている・休みがずっとないのであれば法律違反ですし、ブラック企業である可能性もあります。

「自分の会社はブラック企業なんじゃ…?」と思い当たることがある方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ブラック企業 定義 アイキャッチ
ブラック企業の定義・特徴とは?当てはまる会社は早めの退職を!「ブラック企業の定義ってどんなものだろう?」「自分の会社はブラック企業なんじゃ...」 このような疑問を感じていないでしょうか。 ...

ブラック企業というほどではないなら、極端に残業を否定しているのかもしれません。

法律的に違反しているなら退職すべきですが、そうでないなら社会人として多少の我慢も必要です。

4.給料が低い

生活していくためにはお金が必要であり、働く以上給料は重要ですよね。「生活していくには少ないな…」と感じたら、それが新入社員の退職理由となります。

社員から申し出て給料を上げてもらえることはまずありません。新入社員であればなおさらです。

ただ多くの場合、今の給料が自分の市場価値です。そのため退職をしても、給料はそれほど変わりません。

管理人
管理人
しかし就職前に提示されていた給料よりも、実際の給料が少ない場合は問題があります。

また、給料が地域の最低賃金を下回っていた場合は法律違反。前述したブラック企業の特徴にも当てはまるので、新入社員でも退職した方がいいです。

5.仕事にやりがいを感じない

新入社員のうちから重要な仕事を任せてもらえることはありません。

どうしても少し地味なものが多くなるため、「仕事にやりがいがない…」と感じることもあるかもしれません。

入社まもない期間で、仕事のやりがいを見つけることは困難です。働き続けるうちに仕事のおもしろさを見つけて、やりがいを感じられるようになります。

そのため、新入社員のうちから「仕事にやりがいがない」と判断するのは早いです。仕事を続けてみて、本当にやりがいのない仕事なのかを見極めてみましょう。

また、仕事にやりがいを感じないままで働き続けることは非常に危険です。詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

仕事のやる気が出ない20代が人生終わっている3つの理由「最近ずっと仕事へのやる気が湧かない」 「仕事のマンネリ化で、モチベーションが上がらない状態が続いている」 上記のような悩み...

新入社員の退職の決断は慎重に

考える男性

新入社員の退職はめずらしいことではありませんが、決断は慎重に行いましょう。

新入社員での退職は、リスクの大きい行為。早期退職することになるため、転職活動時に「うちの会社もすぐ辞められるんじゃ?」と思われる可能性があります。

新入社員のころでは、仕事のことはほとんどわかっていない状態。理不尽に感じることも多いと思いますが、社会人には我慢も必要です。

ただ、会社がブラック企業であるなら我慢する必要はありません。精神的に疲弊してしまうので、新入社員でも退職するべきです。

新入社員が退職する方法は?退職までの流れを解説!

非常口

新入社員であれば、退職の方法もわからないことが多いのではないでしょうか。ここからは新入社員が退職する方法を解説します。

新入社員が退職する方法は以下のとおり。

  1. 上司に相談し退職日を決める
  2. 退職届を作成し提出
  3. 仕事の引き継ぎを行う
  4. 備品を返却する
  5. 離職票を受け取る

順番に見ていきましょう。

1.上司に相談し退職日を決める

まずは退職の意向を上司に伝え、退職日を決めましょう。もしかしたら退職を引き止められるかもしれませんが、退職を決めているならつらぬいても問題ありません。

なぜなら、退職を伝えてから2週間で辞められることが法律で定められているからです。

(民法627条)当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する
引用:労働基準法 – e-Gov法令検索

そのため、引き止められたからといって従う必要はありません。退職を決めているなら引き止められても退職手続きをすすめましょう。

2.退職届を作成し提出

会社を辞める際に必要な退職届を作成し、提出しましょう。名前こそよく似ているものの、退職届と退職願はまったく違うものです。

退職届は、会社を辞める明確な意思を伝えるもの。1度提出されると会社側は撤回できません。

それに対し退職願は退職の希望を示すもので、会社側は撤回できます。仕事を辞めることは決めているなら、退職届を提出し明確な意思を会社に示しましょう。

退職届の書き方などを詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

退職届
退職届はどうやって書く?いつ出す?退職願や辞表との違いは?退職したい・・・でも、退職届ってどうやって書くの? という悩みを抱えている方は多いと思います。 生きているうちに退職届を書く...

3.仕事の引き継ぎを行う

会社を辞める以上、仕事の引き継ぎはしっかり行いましょう。

とはいえ、新入社員なら重要な仕事を任せられていることはないので、引き継ぎにそれほど手間はかかりません。残っている仕事を終わらせる・身辺整理などで十分です。

管理人
管理人
引き継ぎは会社や仕事内容によって異なるので、指示に従って行いましょう。

仕事の引き継ぎについて、以下の記事で詳しく解説しています。

異動や退職、後任への仕事の引き継ぎをどうすればいいのか?退職や部署異動など、ずっと同じ職場で働き続ける人は少ないでしょう。 そのときに必要なのが、後任者への引き継ぎです。 しかし引...

4.備品を返却する

会社から借りていた備品は返却しておきましょう。具体的には以下のものです。

  • 制服
  • 名刺
  • 社員証
  • カギ・セキュリティカード
  • 通勤定期(現物支給されたもの)
  • 社費で買った備品
  • 会社から支給された携帯・パソコン
  • 書類・データ

この他にも会社から借りたものがあれば、すべて返却する必要があります。

5.離職票を受け取る

会社側から発行される離職票を受け取ります。

離職票は退職したことを証明するもので、転職活動を行う際に必要です。

社員が退職する場合、会社は10日以内に離職票を発行する義務があります。

しかし会社がブラック企業だった場合、離職票が発行されないことも。

管理人
管理人
10日たっても発行されなければ、こちらから請求しましょう。

離職票について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

退職証明書とは?どんなときに使う?離職票との違いは?会社を退職したとき、会社から発行される書類というものがあります。 それがと「退職証明書」と「離職票」です。 どちらも会社を辞...

新入社員の退職に関するよくある疑問

疑問

新入社員での退職について、まだわからないこともあるかもしれません。

そこでここからは新入社員の退職に関するよくある疑問について解説します。

  1. 入社半年未満でも退職できる?
  2. 退職はどう切り出せばいい?
  3. 新入社員でも有給を消化できる?
  4. 新入社員でも退職金をもらえる?
  5. 退職の意向を電話で伝えてもいい?

順番に見ていきましょう。

1.入社半年未満でも退職できる?

入社半年未満であっても、問題なく退職できます。

法律では「このくらいの期間は働かないといけない」といったことは定められていません。むしろ入社期間に関係なく退職できることが法律で定められています。

(民法627条)当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する
引用:民法-e-Gob-法令検索

会社の就業規則で定められている場合もあるかもしれませんが、効力は法律のほうが上。新入社員であっても、問題なく退職できます。

2.退職はどう切り出せばいい?

新入社員でも退職するとなると、上司になんて切り出せばいいか迷いますよね。

しかし新入社員での退職だからといって、難しく考える必要はありません。

「一身上の都合」「他にやりたいことができた」など、よくある退職理由で十分です。

上司にどう思われるか不安に感じるかもしれませんが、どんな理由でも新入社員での退職はよく思われません

管理人
管理人
深く考えすぎず前述したような退職理由を伝えましょう。

どうしても退職を切り出しづらい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

退職を切り出せない
退職を切り出せない5つの理由と切り出すときの重要ポイントを徹底解説多くの人が会社を辞めようと思っても、切り出すことができず、会社に留まり続けているのです。ですが、いつまでもやりたくもない仕事を続けるのは、会社にとっても、あなた自身にとっても良いことではありません。まずは退職を切り出せない理由を、しっかりと見極めましょう。本記事では、「退職を切り出せない理由と切り出すときの重要なポイント」について紹介していきます。会社を辞めようと思うのであれば、まずはじっくりと自分の気持ちに向き合いましょう。...

3.新入社員でも有給を消化できる?

有給休暇は労働基準法39条で定められており、以下2つの条件を満たすと発生します。

  1. 入社から6ヵ月以上継続して勤務していること
  2. 期間中の全労働日の8割以上出勤したこと

そのため有給休暇を取得するには、最低でも半年間の勤務が必要。新入社員だからというよりも、有給が付与される勤務期間を満たしていなければ有給はもらえません。

また、有給休暇は雇用区分に関係なく発生。正社員はもちろんのこと、契約社員やパートでも有給を取得できます。

また、有給休暇は勤務期間によって日数が異なります。勤務期間ごとに付与される有給日数を以下の表にまとめました。

勤務期間 有給日数
半年 10日
1年半 11日
2年半 12日
3年半 14日
4年半 16日
5年半 18日
6年半 20日

4.新入社員でも退職金をもらえる?

退職金制度があるかは、会社によって異なります。会社に退職金制度がなければ、退職金はもらえません。

退職金の相場は、「基本給×勤続年数×給付率」で求められます。

新入社員(勤続1年未満)だと勤続年数が0であるため、すべての計算が0になります。

管理人
管理人
そのため、新入社員は退職金をもらえないと考えたほうがよいです。

5.退職の意向を電話で伝えてもいい?

退職の意向を電話で伝えることは法律的に問題ありません。

そのため電話で伝えてもいいのですが、一般的な退職の流れとして直接伝えるのが望ましいです。

とはいえ病気で入院している場合や、会社に行くのが苦痛でどうしても無理な場合は別。無理をしてまで直接伝える必要はありません。

また、電話以外にも退職代行を使うという手もあります。退職代行については、このあと解説しますね。

まとめ〜新入社員でも「退職代行」を使えば今すぐ辞められる!

ファイルを持ち微笑む女性

最後にここまでの内容をまとめます。

  • 新入社員の退職はめずらしいことではない
  • 新入社員の退職は慎重に判断する必要がある
  • ブラック企業であれば新入社員でも退職するべき

新入社員のうちに退職するのは、抵抗を感じるかもしれません。

しかし、大卒者であっても10人に1人は1年未満に退職。新入社員の退職は、決してめずらしいことではありません。

新入社員の退職はリスクのある行為なので、退職するべきかは慎重に判断する必要があります。

しかし会社がブラック企業であるなら話は別。精神的に疲弊してしまうので、新入社員であっても退職するべきです。

とはいえ中には「退職したいけど上司に言いづらい…」と感じている方もいるかもしれませんね。その場合は、退職代行を使うのがおすすめです。

管理人
管理人
退職代行とは、その名のとおり退職の手続きを代わりに行ってくれるサービスのこと。
  • 上司と顔を合わせることなく退職できる
  • メール、電話、LINEでやり取り可能
  • 雇用形態に関係なく利用できる

中でも「J-NEXT」は業界最安値の20,000円で利用できます。どうしても辞めづらい時は相談してみてくださいね。

全てコミコミ2万円で退職できる!「J-NEXT」の口コミ・評判調べてみたここ数年、よく話題に上がる退職代行サービス。 新たにサービスを始める業者もどんどん出現しています。 今回紹介するのは、その中...
管理人おすすめ!退職代行ランキング!
J-next

今稼いでいる仕事を辞めるわけですから、費用は安ければ安いほどいいですよね。J-NEXTは業界最安の2万円ぽっきり!

J-NEXTの次に安いのがSARABA(27,000円)と退職代行ニコイチ(27,000円)なのですが、2番手に1万円近くもの差をつけてぶっちぎりの安さです!即日対応・返金保証・転職サポートもついているので安心ですね。

おすすめ度
費用 20,000円
対応時間 24時間対応可能
その他 業界最安!即日対応・返金保証・転職サポートあり!

 

EXIT
費用は最大50,000円と若干高めですが、NHK「クローズアップ現代」でも取り上げられるほど「退職代行の第一人者」といっても過言ではない存在です。
依頼件数は月に300件、これまでに担当した退職代行は全て成功という確かな実績もあります。
おすすめ度
費用 30,000円〜50,000円(雇用形態による)
対応時間 24時間対応可能
その他 全額キャッシュバックあり

詳細ページ公式ページ

 

SARABA
一律27,000円という安さにも関わらず、24時間電話・メール・LINE相談を行なっているなどサービスの質として十分です。
また、万が一希望にそった結果にならなかった場合、全額返金の保証もあります。
法律事務所を紹介してくれるので、有休消化や給料の未払いなどの交渉も行なって欲しい方にはおすすめです!
おすすめ度
費用 27,000円
対応時間 24時間対応可能
その他 法律事務所も紹介

詳細ページ公式ページ