基礎知識

退職する勇気がない人へ贈る3つのアドバイス

「会社に行くのが嫌だけど、退職する勇気がでない」

「職場環境を変えたいけど、退職を決断するのが怖い」

上記のような悩みを抱えている人にアドバイスを贈ります。最近は転職する人も多くなりましたが、まだまだ会社を辞めるという行為の心理的ハードルは高いです。退職・失業の手続きや転職では入社に必要な書類準備や引っ越しなど、面倒くさいことが多く発生します。

よく分からないことや不確実なことって怖いですよね。本記事では「退職する勇気がない自分に嫌気がさしている」人に、勇気が出るアドバイスを贈ります。

退職する勇気がない人へ贈る3つの言葉

「自分の人生なのに退職の決断もできない自分が情けない」

「親や友達の目が気になって、会社を辞める決断ができない自分がきらいだ」

このように感じている人も少なくないと思います。自分の人生なので自分で決断するのが当たり前ですが、そんなに強い意思をもって行動できる人は多くないです。

まず「退職するべきか悩むのは当たり前」ということを意識してみましょう。すこし気持ちが楽になったのではないでしょうか。

退職する勇気がでないのは当たり前

なぜ退職に慎重となってしまうか、その一番の理由は「収入がなくなることへの不安」です。毎月ほぼ決まった金額がもらえるサラリーマンでなくなり、再就職できるのか、もしかしたらこのまま無収入で生活が困窮してしまうかも、と考えるのは当然のことです。

転職先を決めている場合でも転職先に馴染めるのか、今回の転職は本当に成功だったのかと不安になるものです。だから退職するときに不安を感じる自分はおかしくありませんし、恥ずかしがることでもありませんよ。

退職する勇気がでるかは貯金額で決まる?

極端な例ですが、仮にあなたが1憶円の預金をもっている場合に退職を躊躇するでしょうか。よほど生活費が高くなければ「会社を辞めても預金があるから大丈夫」と思いますよね。

なので、退職する勇気を少しでも出したい人はまず貯金することに本気を出した方が良いと思います。失業保険の給付制限は3か月、そこから振り込まれるまでに1か月かかるので実質4か月は収入がなくても生活できる貯金がほしいです。

退職する勇気は生活コストが低いほど出しやすいです

貯金が大事と分かっていても給料が上がらない現代社会ではお金を貯めるのも簡単ではありません。そこで貯金がむつかしいと感じているひとは、生活コストをどこまで下げることができるか考えてみてください

家賃・電気ガス水道ネット代・その他税金や年金など含めて仮に月10万円で生活できるのであれば、仮にアルバイトや非正規雇用となっても生きていけるし貯金もできると思いませんか?

もちろんその生活に未来はないかもしれませんが、あきらめずに転職活動を続けたりスキルアップに励んでいれば将来的に待遇は上がっていくはずです。いちど自分の生活レベルをどこまで落とせるか考えてみると面白いのではないでしょうか。

退職しないのも勇気ある決断です

新天地を求めて退職するのも勇気ある行動ですが、いまの職場でさらにがんばる道を選ぶのも勇気ある決断です。安易に転職を決めてしまう人のなかには「ジョブホッパー」と呼ばれる、転職を繰り返してしまう人も少なくありません。

転職回数が増えれば再就職も難しくなり、よほど貴重なスキルや人脈がない限りは厳しい立場に置かれがちです。「自分にはどうしても退職する勇気が湧かない。現職で頑張りつづけよう。」と決断することも十分勇気ある決断です。

転職市場では3年の経験でスキルありと見なされます

いまあなたが入社3年未満で退職を検討しているのであれば、できれば3年間の勤務経験を積むことをおすすめします。「石の上にも三年は古い」と言いますが、それでも○○の実務経験3年以上を要求してくる会社はあります。

今すぐ退職する必要に迫られていないのであれば、まずは3年間で仕事のノウハウを吸収することに集中した方がコスパ良いですよ。

3年間の勤務がむつかしいなら「1年間」で見切ろう

できれば3年間の勤務経験が望ましいと書きましたが、そもそもスキルとしてアピールしにくい仕事やまったくの異業種異職種に臨む場合は早めに決断した方がよい場合もあります。

3年間も勤務できない、する価値がないと思うのであれば最低1年間は勤務することをおすすめします。第二新卒でも1年間の社会人経験があるかないかで応募先の会社の反応が大きく変わります。仕事を早く辞めたいと思っている人は「1年で辞める」とあらかじめ決めた方が精神衛生的に良いかと思います

退職する勇気を無理にだす必要はありません

「退職する勇気もないけど現職で頑張り続ける気持ちも湧かないよ。」という人もいるかもしれません。そんなあなたにおすすめなのが、退職の意思をあなたに代わって伝えてくれる「退職代行サービス」なるものが現代には存在します!

上司や社長に退職の意思を伝えるのは非常に勇気がいりますが、業者の人にお願いするだけならそこまで勇気は必要ないですよね。もちろん、無理な退職引き止めなども発生しません。

すこし前までは退職するのにかなりの精神的ハードルがありましたが、いまでは退職代行に電話するだけで退職が完了してしまいます。もう無理に退職する勇気をださなくても良いのではないでしょうか?

退職する勇気をだしたい方へ贈る3つのアドバイス

退職する勇気がないことは決しておかしなことではありません。むしろ自分の生活を守るという意味では慎重になって当然です。しかし目先の生活安定にとらわれて将来的なチャンスを逃してしまってはもったいないです。本当に退職すべき時には勇気をだして退職する必要があります

以下では「本当に退職したい(退職する必要がある)のに勇気が出ない」ときに読んでください。きっと退職する不安が和らぎますよ。

退職は悪いことではありません

一昔前まで日本では「新卒入社した会社には定年まで働き続けるもの」という価値観がありました。しかし終身雇用や年功序列といったシステムが経済環境の変化から機能不全に陥り個人の「自己責任」が強く求められるようになりました

こうした世の中の変化から「会社を退職する」ことも以前より一般的なこととなりました。より良い待遇をもとめて、心身の不調を治すため、ワークライフバランスをもとめて退職することはおかしなことではありません。

日本人の寿命も延び、今後は歳をとっても働き続ける事が求められる社会になるでしょう。一時的に無職状態になったとしても、長く働ける環境を見つければOKです。

退職はあなたの人生を大きく変えます

退職は良くも悪くもあなたの人生を大きく変えます。いまよりも良い待遇で働けるチャンスがあるかもしれませんし、もしかしたら転職失敗して悔しい思いをするかもしれません。

少し無責任に聞こえてしまうかもしれませんが、現状に不満があるのなら思い切って退職してしまっても良いのではないでしょうか。もちろん不満があろうと最後まで現職で頑張るのも立派な決断ですが、不満を抱えながら働き続けるのもつらい人生かと思います。

転職先を決めずに会社を辞めると一時的に苦労しますが、長い人生からみたら一瞬の出来事です。あきらめずに頑張りつづければ意外と道は切り開けてくるものです。悲観的になり過ぎず、希望をもってあなたの人生を生きてください。

退職する人は今後も増え続けるはずです

これは個人的な予想ですが、退職することは今後ますます一般的なことになると思います。ハラスメントによるうつ病、倒産や解雇による退職、より良い待遇やスキルアップを目指しての転職、理由はさまざまですが退職・転職することは今後より一般的なことになるでしょう。

会社の平均寿命は30年ほどと言われていますが、人生100年生きるのであれば22歳で就職してから平均3社くらい転職することが一般的になるかもしれません。ちなみに海外では平均5回くらい転職するのが一般的な国もありますよ。

勇気がないけど会社辞めたい人は退職代行もあり?

退職する勇気が出ない人は無理に退職する必要はないと考えていますが、心身の不調や家庭の事情などでどうしても退職しなければならないケースもあるでしょう。そんな時は退職代行を利用してみてはいかがでしょうか。

退職代行はあなたの代わりに会社へ退職の意思を伝えてくれるサービスです。退職するときに一番勇気が必要な場面って「上司に退職の意思を伝える時」かと思いますが、退職代行を使えば無理に勇気を出さなくても大丈夫です。

上司や同僚とコミュニケーションをとる必要もありませんし、有給が残っていれば理論上は即日退社も可能です。思い立ったが吉日、退職したいと思った時に退職する自由があなたにはあります。

もし退職トラブルが怖いと感じるのであれば「弁護士の運営する退職代行サービス」もおすすめ。退職交渉に対応してくれますし、追加料金となりますが未払い残業代の請求やハラスメントの訴訟なども対応してくれるケースがあります。