退職の準備

退職届はどうやって書く?いつ出す?退職願や辞表との違いは?

退職したい・・・でも、退職届ってどうやって書くの?

という悩みを抱えている方は多いと思います。

生きているうちに退職届を書くことなんてそうそうないですもんね。

でも、いつか書くときがくるかもしれません。

もしかしたら、今がそのとき!という方もいるでしょう。

今回は、退職届の書き方や出し方、退職願との違いなどを詳しく解説します。

退職届、退職願、辞表の違い

退職届のほかにも、退職願辞表というものがあります。

一見、仕事を辞めるときに提出するものだから違いは無いような感じがしますが、実は明確に用途が分かれています。

退職届と退職願の違い

簡単に言えば、効力の違いです。

退職届は、会社を辞めるという明確な意思表示を記した書類となります。

会社との雇用形態を一方的に解約することができます。

受理された時点で退職となり、出したら最後、撤回することはできません。

一方の退職願は、「退職をしたい」という希望を会社に伝えるための書類です。

受理された時点では退職とはならず、承諾されて初めて退職という扱いになります。

承諾されるまでは撤回することもできるので、もし会社に残る可能性がある場合は退職届ではなく退職願を出します。

ただ、一旦出した退職願を撤回すると会社からの心象も悪くなる可能性が高いので、気軽に出すのはやめましょう。

辞表

辞表は、役職に就いている人がその役職を辞める場合や、公務員が退職するときに提出する書類です。

普通の会社員が書くことはありません。

退職届の書き方

会社によっては書式が決まってることもあり、その場合はルールにしたがって退職届を書きます。

では書式が決まってない場合は、どう書いたらいいのでしょうか?

法律では決まった書き方というのは定められていないので、好き勝手書いても法的に問われることはありません。

しかし、あまりにも酷い退職届を出すと会社からの印象も悪くなり、その後の退職手続きもスムーズに運ばなくなってしまう可能性もあります。

マナーとして退職届の書き方が大まかに決まっているので、今回はそれを例に解説します。

用紙は、A4かB5の白紙を用意してください。

手書き、縦書きで

本来であればパソコンで作成しても横書きであっても、退職届は退職届です。効果はしっかりあります。

しかし、上の世代を中心に退職届は手書きで書くべき!縦書きで作成するべき!という考えを持っている方も少なくありません。

退職届は上司と喧嘩をしたり、対立するために書くものではないはずです。

たかだか数分我慢するだけで円滑に退職ができるならと、前向きに捉えましょう。

間違えたら書き直す

誤字など、間違えた場合はまた一から書き直します。修正ペンなどは厳禁です。

「退職いたします」と言い切る

「退職いたしたく、ここにお願い申し上げます」のような文面だと、退職願にも受け取られます。

退職の意思は固い、もう退職するんだと言い切るように書きましょう。

退職理由は簡単でいい

退職することだけを伝えればいいので、退職理由を詳しく書く必要はありません。

ただ、退職理由が自己都合なのか会社都合なのかで、失業給付などの条件が違ってくるのでよく考えて簡潔に書く必要があります。

一身上の都合」は事実がどうであれ自己都合と解釈されるので、会社都合で退職する場合は「事業所閉鎖のため」「部門縮小のため」と具体的に書きましょう。

宛名は社長にする

退職届そのものは直属の上司に提出しますが、文面の宛名は社長にします。

白い封筒に入れて提出

書き終わったら郵便番号欄のない白い封筒を用意して、次のように書いたら退職届を三つ折りにして中に入れましょう。

退職届の出し方

退職届の準備ができたら、いよいよ提出です。

上で書いた通り、退職届は受理されたら撤回はできません。

よく考えてから提出しましょう。

いつ出す?

法律では、2週間前までに退職することを伝えれば問題ありません。

退職届もその時点で提出すれば、法律上ではOKです。

ただ、やはり円満に辞めたいのであれば、素直に就業規則に従うべきでしょう。

基本的には1~2ヶ月前としている会社が多いです。

もし、就業規則に決まりが無い場合も、だいたい1ヶ月以上は余裕を持ったほうが良いですね。

誰に出す?

退職届は、直属の上司に提出します。

あらかじめ退職の意思を伝えておいて、日を改めて退職届を出すとスムーズに受理される可能性が高いです。

もし受け取ってもらえない場合は、さらに上の上司に相談してみましょう。

郵送でも大丈夫?

会社に出社できるのであれば、直接出しましょう。

しかし、体調や精神面の問題などで会社に行けない場合は、退職届を郵送で受けつてくれる可能性があります。

どうしても出社できないときは、まず会社に相談してみましょう。

退職届を入れる封筒は、二重封筒を使用します。

手渡しのときとは違い、郵便番号欄のあるものを使用しましょう。

親展」とは、「宛名の人が開けてください」という意味があります。

封筒を閉じたら「」と書くのも忘れないようにしてください。