基礎知識

仕事のやる気が出ない20代が人生終わっている3つの理由

「最近ずっと仕事へのやる気が湧かない」

「仕事のマンネリ化で、モチベーションが上がらない状態が続いている」

上記のような悩みを抱えている社会人の方のお悩みにアドバイスしていきます。

正社員であれば毎日最低8時間以上は仕事に時間を使っているはず。1日の3分の1以上をやる気の出ないことに費やすのはしんどいですよね。

本記事では「仕事のやる気が出ない20代が人生終わっている理由とやる気を出すための方法」を解説していきます。

ほぼ誰でもできる仕事のやる気の出し方をアドバイスしていきますので、ぜひ実践してみましょうね。

 

退職代行おすすめランキング!

管理人厳選!すぐに辞められて安心安全!

【1位】J-next業界最安の2万円ぽっきり!

【2位】EXITメディア掲載実績多数!

【3位】SARABA全額返金保証&法律事務所の紹介あり!

>>退職代行おすすめランキングについてもっと詳しく見る

仕事のやる気が出ない20代は人生終わっている!?

新入社員のころはやる気があったのに最近はモチベーションの低下に悩んでいる人、そもそも入社時から働きたくないと思っている人などいるかと思います。

しかし安心してください。

仕事のやる気が出ない20代は決して少なくありません。

仕事のやる気が出ない20代は意外と多い?

明確なデータがあるわけではないので申し訳ないですが、仕事のやる気が出ない20代は少なくないですよね。

「思っていた仕事と違った」

「人間関係うまくいかなかった」

といった理由で入社3年以内に会社を辞める若者が3割を超す状況が続いています。

いわゆる「第二新卒」という言葉が存在すること自体が「仕事のやる気が出ない20代」が多いことを物語っているのではないでしょうか。

希望の仕事じゃないと分かった瞬間にやる気をなくす20代が多い

「会社説明会で聞いてイメージした仕事内容と違った」

「希望の部署に配属されなかった」

最近はキャリア教育の影響もあり、「自分のスキルやキャリアを磨くこと」を重視している20代も多いです。

そんな彼らに、希望していない仕事をさせればどうなるでしょうか?

ある人は転職を考えるはずです、またある人は仕事の手を抜いて余暇時間のスキルアップに走る人もいるでしょう。

こうして「仕事のやる気が出ない20代」がまた1人と量産されていきます。

上司や同僚とうまくいかずにやる気をなくす20代も多い

20代に限らず、「人間関係」を理由に仕事のやる気をなくす人は多いです。

「人間関係の問題なんてどこの職場にいっても発生するものだ」と怒る年配の方もいるかもしれません。

しかし、イヤな人間とはできるだけ関わりたくないものですよね。

「人間関係なんて気にせず、目の前の仕事に集中しろ」とアドバイスする人もいますが、本当に実行できるのか筆者は懐疑的。

というのも、日本の会社の場合は会社や部署のメンバーが一体となって仕事に取り組むことが求められるからです。

人間関係がうまくいかないと仕事もうまくいかず、その悪循環が仕事のやる気を奪う原因になります。

上司嫌い辞めたい
「上司が嫌いで辞めたい!」上司との関係に悩んだ時の対処法8つ「上司が嫌いで辞めたい」そう思ってしまうことは、決して珍しいことではありません。嫌いな上司がいる場合、まずはこの記事で提案する対処法8つを試してみてください。それでもどうしても辞めたい場合は勇気を出して退職してしまいましょう!円滑に退職するために、退職するときの注意点を必ず読んでおいてください。 ...

 

仕事のやる気が出ない20代が人生終わっている3つの理由

意外と20代でも仕事のやる気が出ない人は多いことが理解できたかと思います。

しかし、一時的にならまだしも長期間仕事のやる気が出ない状態が続くのは問題です。

ではなぜ20代で仕事のやる気が出ない人は人生が終わってしまいがちなのか解説していきます。

理由1.スキルが身につかない

仕事のやる気が出ない人は、当然ながらやる気のある人と比べてスキルアップの速度が段違いに遅いです。

特に若いうちほどスキルアップの速度は早いですし、吸収力や成長力の高さは転職面接でも重要視される項目。

仕事のやる気が出ないときもあるかと思いますが、早めにやる気を出さないと貴重な成長のチャンスを逃すことになります。

理由2.顔つきが幼くなる

仕事は楽しいことばかりではありません。

時には部下を叱責したり、時には取引先と重要な商談をしなくてはならないときもありますよね。

そうしたプレッシャーに耐えていくことで大人の考え方や顔つき、立ち振る舞いが洗練されていくもの。

一方であまり重要な仕事を任されない人は、どことなく顔つきが幼い感じがしたり、立ち振る舞いにどことなく学生気分が残っています。

仕事のやる気が出ない状態が続くと、「あまり重要でない仕事」を任されるようになってしまい、その結果顔つきなどが幼くなってしまうのです。

理由3.覇気がない

顔つきが幼くなるだけならまだ良いですが、仕事のやる気が出ない状態が長期間続いて一番怖いのは「覇気がなくなる」ことです。

仕事のやる気が出なければ顔つきもどことなく不満顔になってしまいますし、仕事で成果も上がりません。もちろん、上司や同僚の評価も上がらないでしょう。

そのような状態が続いていくうちに「覇気がなくて顔つきが幼いのに老け顔の中年サラリーマン」が完成してしまいます。もちろん、出世や転職とは縁遠いサラリーマン生活となるでしょう。

 

仕事のやる気が出ない20代が人生終わらないための3つの方法

この記事を読んでいるひとは、おそらくやる気がない現状をなんとか変えたいと思っていることと思います。

それでは、やる気が出ない20代はどうやって仕事へのモチベーションを高めていけばよいのかについて、みていきましょう。

対策1.仕事で達成したい目標を決める

一番手っ取り早いモチベーション回復方法は「仕事で達成したい目標を決める」こと。

営業マンであれ月10件以上契約を取る、事務員であれば作業の効率化を自分なりに3個以上実行してみる、工場労働者であればカイゼン活動を自発的に行う、などが挙げられます。

目標を決める上での重要なポイントは「会社の評価を気にしない」「転職面接でアピールできるか」に注意すること。

転職の自己PRを作るためと思えば将来に希望も湧いて頑張ろうという気持ちになりますよね。

また転職面接で評価されることは現職でも評価されやすいです。

目標を持って仕事に取り組んだ結果、社内の評価が上がって働きやすくなれば幸せですし、仮に評価されなければ転職してしまえば良いだけ。

自己目標を設定して仕事を頑張ればどう転んでも自分に損がないので、おすすめのモチベーション維持方法です。

対策2.上司や同僚に愚痴を聞いてもらう

こちらは少しマイナスな考え方ですが、モチベーションが上がらないときは上司や同僚に愚痴を聞いてもらうのも有効な方法。

自分が感じている悩みを言葉にして相手にぶつけることで、自分でも気づかなかった不安や悩みが明確になってスッキリしますよ。

ただし、上司が常に愚痴を聞いてくれるとも限りません。また同僚も仲が良い場合ばかりでもないと思うので、周りに愚痴れる人がいない場合は実行しにくいモチベーションアップ方法です。

対策3.自分で決めた目標を達成したら退職すると決心する

なんだかんだ言って、モチベーションを上げる一番の方法は「覚悟を決める」ことではないでしょうか。

多くの人はなんとなくダラダラ仕事を続けてしまいがちですが、本気で仕事のモチベーションを上げたいひとは自分で決めた目標を達成したら退職すると決めるのも有効な方法。

とはいっても、本当に退職するかどうかはその時に判断すればOKです。

 

仕事にやる気が出ない20代が知っておきたい3つのポイント


仕事にやる気が出ない20代の方、やる気の出ない自分を責めてしまっていませんか?

仕事に前向きに取り組めない方は、下記の3点を頭に入れておきましょう。

  • 給料が低い=やる気が出なくて当たり前
  • 上司は自分の経験でしか物事を語っていない
  • 理想と現実には大きな壁があるのが当たり前

ここでは、仕事にやる気が出ない20代が知っておきたい3つのポイントについてご紹介します。

給料が低い=やる気が出なくて当たり前

給料が低い仕事をしているなら、やる気が出なくて当たり前。

仕事はボランティアではなく、賃金を得ることが大きな目的であるからです。

給料が低いというのは、生活に直接的な影響を与えるだけでなく「自分のスキルを会社側が評価してくれていない」と言い換えることもできますよね。

給料は低いがやりがいがあるから…」という決まり文句を無理して自分に言い聞かせる必要はありません。

給料が低いなら、それは会社に搾取されているのと同じ。

やる気が出なくて当たり前なのです。

上司は自分の経験でしか物事を語っていない

人間は基本的に、自分の経験で物事を語っています。

つまり、上司が部下に対して指導する内容やアドバイスは、すべて上司の個人的な経験がベース。

間違っていることもあれば、時代が変わって的外れになっている場合もあります。

例えば上司が「昔は仕事が終わらずに、よく会社に泊まったものだ。その時に同僚と親交を深めたものだ」と語っても、それが現代でも評価されるとは限りません。

上司の言うことは鵜呑みにせず、軽く聞き流すことも時には必要。

もし、そんな上司の武勇伝ばかり聞かされていたら、仕事にやる気が出なくなってしまうこともあるでしょう。

理想と現実には大きな壁があるのが当たり前

20代の方は「今の会社で働くのは理想とは全然違う」と悩むかもしれません。

しかし、基本的に、理想と現実には大きな壁があるものなのです。

もちろん、より良い環境に向かって転職をしたり、新しい挑戦をすることは良いこと。

しかし例えば世の中の大人は、理想と現実のギャップを感じながらも折り合いをつけて、ささやかな幸せを感じている人も多いのではないでしょうか?

「今の生活は理想的ではない…」と悩んでいる20代の方は、まずは理想と現実には壁があることを理解しましょう。

「理想に少しでも近づけるように頑張ってみよう」と考えてみると、気持ちが少し楽になるかも知れませんよ。

 

やる気が出ない会社で働き続けるリスクは?


仕事でやる気が出ない時、そのまま働き続けるのはおすすめできません。

その理由は以下の3つ。

  • 20代という貴重な時間を無駄にしてしまう
  • スタートの時点で周りから遅れてしまう
  • うつ病になってしまう

ここでは、やる気が出ない会社で働き続けることのリスクについて解説していきます。

20代という貴重な時間を無駄にしてしまう

やる気が出ない会社で働き続けると、20代という貴重な時間を無駄にしてしまいます。

例えば25歳の二人の会社員がいたとします。

一人は22歳でやりがい・給与ともに理想的な会社に入社しました。

もう一人は22歳で入った会社が合わずやる気が出ませんでしたが、生活のために働き続けています。

理想的な会社に入社した人は順調に3年のキャリアを積むことができますが、やる気が出ない会社に入社した人はスキルを身につけることもなく3年を無駄にしてしまいますよね。

20代は一般的に

  • 失敗が許される
  • 家族を養うプレッシャーがない
  • 住宅ローンもない
  • 転職もしやすい

などメリットが多いもの。

そんな20代の貴重な時間を無駄にしないようにしましょう。

スタートの時点で周りから遅れてしまう

やる気が出ない会社で働き続けると時間を無駄に過ごしてしまい、周りからスタートの時点で遅れを取ってしまいます。

例えば22歳で入社した会社で5年のキャリアを積んだ28歳と、22歳から3回転職し、現在の会社で働き始めて6ヶ月の28歳では、任される仕事も違うでしょう。

もちろんキャリアアップのために転職をするのは良いこと。

しかし、やる気の出ない会社で働き続けると、スタートダッシュで遅れを取ってしまう可能性もありますので、注意しましょう。

うつ病になってしまう

やる気の出ない会社で働き続けると、ストレスが溜まりうつ病になってしまう可能性があります。

やる気が出ないこと自体が、うつ病の症状の一つの可能性もあるからです。

うつ病になってしまうと、本人が辛い思いをするだけでなく、家族や友人なども大変な思いをします。

うつ病は治るのに時間がかかる場合、完全に治らない場合がありますので、注意が必要。

うつ病になるまで自分を追い込む必要はありません。

嫌だと思ったら世間体など気にせずに、退職や転職をするようにしましょう。

うつ病と仕事の関係については下記の記事で解説しています。

仕事辞めたい…うつにならないためには?なったときはどうする?「仕事辞めたい・・・」 そのような考えが常日頃思い浮かんでしまっている人は、もしかしたらうつかもしれません。 厚生労働省が3...

 

やる気が出ないなら退職!転職を成功させるポイントは?


結論から申し上げると今の会社でやる気が出ないなら、転職をしてしまいましょう。

転職を成功させるポイントは以下の3つ。

  • 転職したい原因を突き止め言葉で説明できるようにする
  • 転職経験を自分の強みにしよう
  • 未経験ジャンルへの転職には徹底リサーチが必要

ここでは、転職を成功させるために覚えておきたいポイントについてお話しします。

転職したい原因を突き止め言葉で説明できるようにする

転職を成功させるには、なぜ前の会社を退職したのか、どのような目標があって現在の会社に転職したいのかを自分の言葉で語れるようにしましょう。

特に前職の退職について、転職先の採用担当者に「さらなるキャリアアップを目指して」というような前向きな印象を与える必要があります。

転職の際は前の会社の愚痴を言うのではなく、前職をどのように転職先の会社で活かせるのかについて説明できるように考えを整理しておきましょう。

転職経験を自分の強みにしよう

20代や30代の間では転職は前向きなものとして捉えられていますが、40代以上の人の中には一つの会社で働き続けることに価値を感じる人もいます。

そんな時は、転職を逆転の発想で自分の強みにしてアピールするようにしましょう。

「20代で転職=同じ会社で続かない人」というマイナスな発想ではなく「前職があったからこそ、転職先の会社の課題が分かり、自分はその課題解決に貢献することができる」とアピールできると◎です。

未経験ジャンルへの転職には徹底リサーチが必要

未経験の職種に転職する際は、徹底的にリサーチをするようにしましょう。

例えば営業からエンジニアへ転職する場合。

自由・将来性があるというエンジニアのメリットだけでなく、デメリットにも目を向けることが大切。

確かにエンジニアという職種は、自由で将来性がありますが、

  • 常に新しい技術に追いつき続けないといけない
  • 実力主義なので常にスキルを磨き続けないといけない

というデメリットもあります。

何事にも表と裏がありますので、特に異業種に転職する際はデメリットまで徹底的に調べるようにしましょう。

こんな転職はいやだ!後悔してしまう5つのパターンと対処方法を解説会社に不満があって転職を実現させても、その不満が必ず解消されるとは限りませんよね。 理想としていた仕事内容とは大きなギャップがあっ...

 

仕事のやる気が出ない20代は退職代行で新天地を求めるのもアリ!?


なんとなくの転職はおすすめできませんが、次にやりたい仕事が明確に決まっている、または自分の目標が達成できたから退職したいなどであれば退職もアリでしょう。

しかし、退職するときに面倒なのが会社からの引き止めです。

特に最近は人手不足の影響で、退職したくても強引に引き止めをして退職させないケースが多数発生しています。

そこでおすすめなのが退職代行。これはあなたに代わって仕事を辞める意思を会社に伝えてくれるので、面倒な引き止めは一切発生しません。

退職代行業者は数多くありますが、迷った時は業界最安値(20,000円)で退職成功率100%のJ-NEXTを選んでおけば間違いありません。

J-NEXTの他にも退職代行業者はたくさんありますので、気になる方は下記のリンクをチェックしてみてください。

2020年最新版!退職代行サービスおすすめランキング5選!厚労省が行なっている雇用動向調査によれば、退職をする人は1年間で700万人以上にのぼるとされています。 また、退職に関する相談が1...
管理人おすすめ!退職代行ランキング!
J-next

今稼いでいる仕事を辞めるわけですから、費用は安ければ安いほどいいですよね。J-NEXTは業界最安の2万円ぽっきり!

J-NEXTの次に安いのがSARABA(27,000円)と退職代行ニコイチ(27,000円)なのですが、2番手に1万円近くもの差をつけてぶっちぎりの安さです!即日対応・返金保証・転職サポートもついているので安心ですね。

おすすめ度
費用 20,000円
対応時間 24時間対応可能
その他 業界最安!即日対応・返金保証・転職サポートあり!

 

EXIT
費用は最大50,000円と若干高めですが、NHK「クローズアップ現代」でも取り上げられるほど「退職代行の第一人者」といっても過言ではない存在です。
依頼件数は月に300件、これまでに担当した退職代行は全て成功という確かな実績もあります。
おすすめ度
費用 30,000円〜50,000円(雇用形態による)
対応時間 24時間対応可能
その他 全額キャッシュバックあり

詳細ページ公式ページ

 

SARABA
一律27,000円という安さにも関わらず、24時間電話・メール・LINE相談を行なっているなどサービスの質として十分です。
また、万が一希望にそった結果にならなかった場合、全額返金の保証もあります。
法律事務所を紹介してくれるので、有休消化や給料の未払いなどの交渉も行なって欲しい方にはおすすめです!
おすすめ度
費用 27,000円
対応時間 24時間対応可能
その他 法律事務所も紹介

詳細ページ公式ページ