基礎知識

仕事で自信をなくしたサラリーマンが取るべき3つの戦略

「最近なんとなく仕事に対する自信が湧かないな…」

「頑張りたい気持ちはあるんだけど、自信がなくて仕事に向き合えない」

上記のような悩みを抱えている人へ向けて、本記事では「仕事で自信を無くす理由と解決策」を提案していきます。

仕事で自信を無くしたことをきっかけに無気力状態に陥り、メンタル不調や引きこもり状態に陥ることも珍しくありません。本記事を読んで、自分が自信を無くした原因と対策を学習し、現状を打破していきましょう!

仕事で自信をなくす理由3選

まずは「なぜ自分が仕事で自信を無くしているのか」を明確にしましょう。

「なんとなく自信が持てない」といった漫然とした状態はストレスになるので、なぜ自信がない状態に陥っているのかを明確にするだけでも少しやる気が戻ってきますよ!

ミスを部下から指摘される

キャリアを積んで、自分の実績がある程度固まってくると自信がつきますよね。

しかし油断は禁物です。些細なミスを部下から指摘され、落ち込んでしまうこともあるでしょう。

若い時はミスしても上司がフォローしてくれましたが、自分が上司になって部下からミスを指摘されるのは気恥ずかしいですよね。

【対策】謙虚な気持ちで意見を受け止めよう

部下からのミスの指摘は恥ずかしいですが、思い切って謙虚な気持ちで指摘を受け入れましょう。

「ミスを指摘されて恥ずかしい」と考えるよりも「指摘しずらかったかもしれないけど、ミスを教えてくれてありがとう」と部下に伝えるとあなたの評価も上がるでしょう。

ミスを指摘してくれた相手に感謝の気持ちを伝えれば、恥ずかしい気持ちなど一瞬で消えてしまいますよ。

人員削減と業務量増加による過剰なプレッシャー

「仕事の量は減らないけど人件費は削減しろ!」

「残業代は出せないけど仕事は今後も増えていくから!」

昨今の人手不足・働き方改革といった言葉を口実に、上記のような滅茶苦茶な要求をしてくる会社は少なくないです。

このようなプレッシャーを常に受け続ければ「自分でうまく職場を回せるだろうか」「上層部からの要求に答えることができるだろうか」と自信を無くしてしまうのは自然なことだと思います。

【対策】逃げ切るか、新天地を求めるか腹を決めよう

若い時であれば勢いに任せて退職もアリでしたが、ある程度歳を取ってしまうと転職するのも大変ですよね。

もし定年間近であれば、このまま現状に耐えて定年退職を狙うのもアリです。

一方で、まだまだこれから働き盛りという時は転職を考えることも大切です。激務で心身を壊してしまうと、社会復帰も大変になります。

幸いなことに、現在は高齢でも転職することが当たり前の世の中になっています。仕事のストレスと収入額を考えて、生活が成り立ちそうであれば転職してしまうのもアリですね。

会社からの異常な叱責・パワハラ

「上司からのパワハラ」は昨今の若手~中堅ビジネスパーソンを悩ませている一番大きな問題ではないでしょうか。

給料は上がらず、人手も増えず、それなのに思い責任や業務量を抱え込んでしまう人も多いです。

一昔前のように「頑張れば売り上げがあがる」「人手を簡単に補充できる」という状況でもありません。

あまりに度を超えた仕事を押し付けられている人は、メンタルを病まないうちに退職を検討した方が良いでしょう。

【対策】退職代行を請け負っている弁護士に相談しよう

もし本格的に退職を検討しているなら、弁護士の運営する退職代行サービスを利用するのをおすすめします。

弁護士なら退職代行のみならず、パワハラの訴訟や未払い残業代の請求ができるかなども相談できます。もし退職以外の措置も検討したいのであれば、弁護士さんに相談しましょう。

注意点として、退職代行以外のサービスを相談・依頼する場合は別料金になります。自分の相談・依頼したいことがいくら必要なのか、必ず事前に確認しましょう

仕事で自信をなくしたサラリーマンの末路3選

仕事で自信をなくしたからといって、すぐに退職する人は少ないかと思います。

しかし、仕事への自信を失ったままの状態はよくありません。

もし自信をなくした状態が続いてしまった場合、どうなるのか考えてみましょう。

うつ病からの退職

考えられる最悪のケースは「メンタルを病んでしまい退職」ではないでしょうか。

仕事で自信のない状態が続いてしまい、自分の仕事や上司からの指示・部下への指示内容が本当に正しいのか人間不信状態に陥り、最後は仕事のできない人の烙印を押されて退職となってしまいます。

自信がない状態も、度が過ぎれば精神疾患の原因となります。

【対策】早期のメンタルクリニック受診がおすすめ

・不安で夜眠れない

・急に吐き気がする(吐いてしまう)

・何もしていないのに涙が止まらない

このような症状が出ている人、出そうな人はメンタルを病んでいる疑いがあるので退職代行以前にメンタルクリニックの受診をおすすめします。

うつ病の場合は一度休職して心身を安め、復職するか転職するかじっくり考えましょう

窓際社員へ降格

うつ病とまではいかないけれど、仕事に自信が持てない状態が続いてしまい、周りから「使えない人」認定された場合は窓際社員への降格もありえます。

窓際社員であればまだ良い方で、最近であれば自主退職に追い込まれたり、関連子会社への出向(事実上の解雇)などにあう人が多いです。

【対策】気持ちの切り替え動作を作ってみよう

「職場で使えない人認定」されるのはできる限り避けるべきです。

正社員は解雇しずらいといっても、会社は合法的に社員を「辞めさせる」よう仕組んできます。

一番の対策は、仕事で自信をなくした状態から一刻も早く脱却することです。野球選手のイチローはバッターボックスで毎回決まったモーションをして平常心を保っているそうです。

あなたもイチロー選手のように、気持ちを切り替える動作を作っていてはいかがでしょうか

会社にぶら下がりの無気力サラリーマン

メンタル疾患・窓際社員まではいかないけれど、最低限の仕事はこなしつつ可能な限り仕事をサボる「無気力サラリーマン」になる人も少なくないです。

一見すると仕事はこなしているようなので良いかと思いますが、定年まで会社にしがみつけるかはしっかり検討する必要があるでしょう

高齢になってからクビになっても、無気力サラリーマン状態では転職できるほどのスキルが育っていないリスクが高いです。

【対策】定年まで逃げ切れるか計算してみよう

いま勤めている会社が安定しており、よほど倒産や解雇のリスクがないのであれば定年までの逃げ切りを考えても良いでしょう。

しかし、一般的な中小企業に勤める人は常に倒産・解雇リスクがつきものです。

もし今やりたい仕事がある、もしくは転職して新天地で頑張りたいと思っている人は、自分のスキルを磨く意味でも転職した方が良いかと思います。

仕事で自信をなくしたサラリーマンが取るべき3つの戦略

もし今あなたが仕事で自信をなくしてしまった場合、どのような行動をとるべきでしょうか。

取るべき戦略としては、大きく分けて3つの方法があるのでご紹介します。

いまの会社で頑張り続けるか決断しよう

一番無難な選択肢は「いまの会社で頑張り続ける」でしょう。

仕事で自信がないと言っても、一時的なショック状態にすぎない人も多いです。

美味しいものを食べてしっかり睡眠をとれば、仕事への自信も復活するのではないでしょうか。

仕事以外に生きがいを見つけてみよう

仕事でどうしても自信が取り戻せないなら、思い切って仕事以外の生きがいを見つけるのも一つの生き方です。

「会社を辞めたら人生終わり」と思い込みがちですが、相応の暮らしさえ覚悟できれば現代日本で餓死することは稀です。

趣味の活動も、もしかすると副業や独立につながったりするかもしれませんよ

メンタル的に限界なら退職も検討しよう

「仕事で自信をなくした」といっても、一晩寝れば元気になる人もいますし長期間引きずってしまう人もいます。

安易な退職はおすすめできませんが、3~6か月たってもいまだに自信がない状態でメンタル的に限界なら退職を検討するのもありです。

余裕があるなら、退職前にメンタルクリニックの受診をしておきましょう。病気治療のための退職なら失業保険がすぐに貰えるなど、有利に退職することも可能です。

仕事で自信をなくしたサラリーマンは退職代行を利用している!?

仕事で自信をなくしてしまうと、急に周りの目が怖くなりますよね。筆者も経験があるので、苦しんでいる気持ちがよく分かります。

心身に異変をきたしてしまい、会社に行くのが困難になってしまった時、会社に退職の意思を伝えるのも難しいですよね

しかし、退職代行サービスを遣えば最短でその日から会社に行かなくても、一切会社と連絡を取らなくても会社を辞める事が可能です。

退職代行なら引き止めに合わずに退職も可能!

退職代行の一番のメリットは「会社からの引き止めにあわない」ことです。

普通に上司に向かって「会社辞めたいと思います」と伝えても「もう少しの辛抱」「どこに行っても成功しない」など言われて消耗するのがオチです

退職代行はあなたに代わって会社に辞意を伝えてくれます。よって、あなたが会社と直接交渉する必要はまったくありません!

書類や保険証などのやり取りを郵送でするだけで退職OKです。

弁護士の運営する退職代行サービスがおすすめ

筆者が特におすすめしているのが「弁護士の運営する退職代行サービス」です。

民間の退職代行サービスは弁護士よりも利用料金が安いものが多いですが、あくまで「退職を伝えるだけ」で会社からの問い合わせに対応できず、トラブルになってしまうケースもあります。

弁護士の運営する退職代行サービスであれば、法律的な交渉事も対応可能で安心感があります。

また別途費用が掛かりますが、未払い残業代やハラスメントへの訴訟なども相談・対応可能なところも多いです。

もしお金に余裕があり、安心して退職したいなら弁護士の運営する退職代行サービスをおすすめします