基礎知識

こんな転職はいやだ!後悔してしまう5つのパターンと対処方法を解説

会社に不満があって転職を実現させても、その不満が必ず解消されるとは限りませんよね。

理想としていた仕事内容とは大きなギャップがあったり、転職したことでむしろ待遇が悪化してしまうことも珍しくなく、転職したことを後悔している人もいるでしょう。

本記事では、転職で後悔してしまうおもなパターンや、後悔を感じてしまったときの対処法について解説します。

転職で後悔してしまう、おもな5つのパターン

まずは、どんなときに転職で後悔してしまう人が多いのかを確認していきましょう。

転職で後悔してしまう、おもな5つのパターンを紹介します。

①予想以上に大変な仕事だった

転職で後悔してしまう原因として非常に多いのが、「自分の予想以上に大変な仕事だった」というパターンです。

これは、事前の会社研究や職種研究が不十分だった場合によく起こります。

たとえば、「ノルマもなくゆったりとした雰囲気で働きたい」と考え、事務職に転職した場合で考えてみましょう。

一般的に事務職は「定時で帰れる」「ノルマもなく、気楽に働ける」というイメージを持たれやすいですが、実際には業界や会社によっても大きく異なっています。

事務職でも残業が多い職場や、事務職が営業と一緒に取引先訪問を行うような会社も中には存在するのです。

このように「事務職=楽」といった固定概念で転職を決めてしまうと、職種に限らず転職後に後悔してしまう原因となってしまうでしょう。

②希望していた仕事とは違う場所に配属された

「配属先が、希望していた仕事とは違った」というパターンも少なくありません。

たとえば「企画をやりたかったのに営業に配属された」などがこのケースにあてはまります。

会社によっては「入社後の配属は本人の適性をみて判断する」という場合もあるので、自分の希望する職種や部署に確実に配属されるのかどうか、入社前によく確認しておく必要があります。

また、勤務地についても注意をしておきましょう。

全国に営業拠点を構えている会社であれば、「エリア限定」などの採用でない限りは全国転勤の可能性も十分にあります。

とくに「結婚して子供もいる」という方は必ず確認しておくべきポイントです。

③前の会社の方が労働条件がよかった

「実際働いてみたら、前の会社の方が条件がよかった・・・」こんなケースもありえますよね。

この原因としては、入社前の労働条件の確認が不十分だったことが考えられます。

労働条件で確認するべきポイントは、月給や賞与、労働時間だけではありません。

お盆や年末年始の出勤状況や、通勤手当や家族手当などの各種手当、社員食堂や福利厚生施設など、細かい部分までよく確認しておくことが大切です。

この部分を見落としてしまうと、たとえ年収面はアップしたとしても、「トータルで考えたら前の会社の方が充実していた・・・」という後悔につながってしまいます。

④求人票に書かれていた待遇と違った

労働条件や待遇面に関しては、前述のように「自分自身の確認不足」が原因である以外に、「会社側が提示していた条件と実際の労働条件が食い違っていた」というケースもありえます。

とくに多いのが、「求人票に書かれていた待遇と全然違う!」というパターン。

「求人票では残業時間はほぼゼロと書かれていたのに、実際は毎日残業ばかり・・・」こんなケースも、転職活動では珍しい話ではありません。

これを防ぐには、会社側の説明をすべて鵜呑みにするのではなく、「転職エージェント」などを活用して積極的に会社の情報を集めていくことが大切です。

⑤社内の雰囲気に問題がある

「社内の雰囲気」や「人間関係」についても、転職後の不満としてよく挙げられる部分ですね。

これについては人によって「合う・合わない」があるため、入社してみないことには分からない場合も多く、対策が難しい部分だと言えるでしょう。

逆に言えば、「会社の人間関係に全くストレスを感じない」というケースは非常に珍しいため、どの会社に転職したとしても、ある程度のストレスは感じるものだと割り切るのも一つです。

仕事内容も希望通りで待遇面に関してもとくに問題がないなら、しばらく様子を見ても良いかもしれません。

ただし、社内でセクハラ・パワハラが横行していたり、いじめがあったりするような職場の場合には、なるべく早くに転職を考えることをおすすめします。

そのような環境で働くことは精神的な負担が大きく、最悪の場合は心を病んでしまうこともあるため注意しましょう。

転職後に後悔…。そんなときの対処方法は?

それでは、転職後に後悔を感じている場合はどう対処をすべきなのか確認していきましょう。

後悔しやすい3つのジャンルに分けて、それぞれの対処方法を解説していきます。

仕事に求めることを明確にすることが大切

まずは、「自分は仕事に何を求めているのか?」について明確にしましょう。

仕事に求めることは、人それぞれの価値観によって異なります。

「とにかく高い給料をもらいたい」という価値観もあれば、「年収はそこそこでも、残業が少ない会社で働きたい」など、人それぞれで会社に求める条件は違いますよね。

また、条件や待遇面のほかに「どんな仕事をしたいのか」も併せて考えていきましょう。

いくら待遇面が理想に近いものでも、仕事自体が自分に適したものでなければ続けていくのは難しいでしょう。

具体的な対応に入る前に、自分が仕事に求めることを正しく理解することが、問題の根本を解決する上ではとても重要ですよ。

対処法①:仕事内容に関して後悔している場合

転職後の後悔への対処法として、「仕事内容に関して後悔している場合」について見ていきます。

仕事内容に関する後悔については、大きく次の2つに分けられます。

①最初に聞かされていた仕事内容と、実際の仕事内容が違う場合
②自分のリサーチ不足などが原因で、理想と現実にギャップがあった場合

まず「①最初に聞かされていた仕事内容と、実際の仕事内容が違う場合」の対処法としては、担当業務を変えてもらうことが可能かどうか、上司に相談してみる方法が考えられます。

最初の説明と実際の仕事が違うのであれば、会社側にも落ち度があるということであり、状況次第では担当業務の変更や部署異動などが実現できる可能性もあるでしょう。

一方「②自分のリサーチ不足などが原因で、理想と現実にギャップがあった場合」に関しては、どちらかというと自分自身に責任があるケースと言えますね。

この場合は会社に責任を求めることはできないので、今後もその仕事を続けていくべきかどうか、会社の同僚や先輩の意見も聞きながら慎重に判断していかなくてはいけません。

今回のような「リサーチ不足による転職の後悔」を一つの教訓と捉えて、別の会社への転職を考えるのも一つの選択肢です。

対処法②:労働条件や待遇面で後悔している場合

続いて、「労働条件や待遇面で後悔している場合」について見ていきましょう。

待遇面に関する後悔についても、上で説明した「仕事内容に関する後悔」と同様に2つの種類に分けることが可能です。

①最初に聞かされていた労働条件や待遇と大きな差がある場合
②自分のリサーチ不足や勘違いが原因で、待遇面に不満がある場合

もしも「①最初に聞かされていた労働条件や待遇と大きな差がある場合」に当てはまる場合は、まずは「労働条件通知書」を確認してみましょう。

労働条件通知書は会社が人を雇うときに、労働者に対して必ず通知しなければいけない書類であり、その中には給与や就業時間、休日などの各種条件が記載されているはずです。

再度、労働条件通知書の内容をよく確認し、実際の労働条件と違いがある場合には、それをもとに上司に話し合いを持ちかけるのが良いでしょう。

また、「②自分のリサーチ不足や勘違いが原因で、待遇面に不満がある場合」に当てはまるときはどうすれば良いのでしょうか?

この場合にできる対応は限られますが、あまりにもひどい労働条件であった場合には「法律に違反していないか?」を一度確認しておくのがおすすめです。

たとえば残業代が全額支払われなかったり、有給が取得できなかったりする職場であれば、労働基準法に違反している可能性が高いと言えます。

その場合は総務や人事などの担当部署に相談することや、「労働基準監督署」に報告するなどの対応が有効的です。

対処法③:社内の雰囲気や人間関係で後悔している場合

最後に、「社内の雰囲気や人間関係で後悔している場合」について考えてみましょう。

これに関しては上の部分でも説明したように「入ってみないと分からない」ケースがほとんどであり、改善も難しい場合が多いのが現実です。

問題の程度にもよりますが、まずは自分ができることから始めてみるのが良いでしょう。

「退勤時にまだ仕事をしている人がいたら一声かける」「担当以外の業務でも手伝える部分はサポートする」など、部署全体が良い雰囲気で働けるような意識を持つことも大切です。

とはいえ、社内でセクハラやパワハラが当たり前に行われているような劣悪な職場環境の場合は、自分の一人の力で変えられることには限界があるかもしれません。

無理をすれば大きなストレスを抱えてしまいますので、早めに見切りをつけて転職することも決して悪い選択ではありませんよ。

後悔しない転職のために、労働条件の確認や会社研究はしっかりと!

転職で後悔しないために、入社前の労働条件の確認や会社研究は徹底的に行いましょう。

そして転職を短期間で繰り返すことも、面接ではマイナス評価につながりやすいので注意。

もしもまた転職を考える際には、今まで以上に慎重に進めていくことが大切です。