退職の準備

退職するときの理由は本音で話す?それとも建前で話すべき??

退職の意思を伝えると、必ずと言っていいほど聞かれるのが退職をする理由です。

なかなか伝えづらいことかもしれないし、最後だからと全てブチまけてしまいたいという人もいるかもしれません。

でも、伝え方によっては相手の心象を悪くしてしまい、話がこじれてしまう可能性もあります。退職がうまくできないだけでなく、その後の職場での自分の立場を悪くしてしまいかねません。

今回は、いかに相手からの印象を下げずに退職を成功させるか、そのための退職理由についての解説をします。

退職理由は本音で言うべき?建前の方がいい?

自身のキャリアアップなどポジティブな気持ちで退職するという人もいると思いますが、だいたいの人が会社に不満があって退職を考えているでしょう。

「嘘をつくのは不誠実だし・・・かといって本当のことを言ったら怒られそう・・・」

退職理由を話すとき、本音で言うべきなのか建前で言うべきなのか悩みますよね。

ネガティブな理由はNG

会社に不満がある、上司・同僚が嫌い、給料が低い、といったネガティブな理由を言うのは得策ではありません。言われた上司も、腹を立てて言い返してくるかもしれません。

こちらのゴールはあくまで退職すること。口喧嘩をしたいわけではないですよね。

日頃溜まった鬱憤もあると思いますが、ここは思いとどまって気持ちをおさえましょう。

また、待遇に関する不満を言うと、その改善を条件に引き止められる可能性も高いです。「給料が低い」といえば昇級を、「上司が嫌」といえば異動を提示されるでしょう。

ベストな退職理由は「前向き」「やむを得ない」

退職を引き止める側の建前として「あなたの将来を考えてる」と言う上司・会社も多いです。

そんなときは、「キャリアアップしたいから」「本当にやりたいことが見つかったから」と言ってやりましょう。自分の将来をしっかり見据えていることをアピールするのです。

また、家庭の事情などやむを得ない理由であれば、会社としても無理に引き止めづらいです。

例えば、

  • 家業を継ぐ
  • 家族の介護
  • 配偶者の転勤
  • 結婚

といったものが代表的です。

ただ気をつけなければならないのは、嘘がバレてしまう危険性です。転職先が同じ業界内である場合、どこから真実が伝わるかわかりません。

退職理由はどうやって伝える?

退職理由がイメージできたら、今度は実際に伝えてみましょう。

聞かれなかった場合はとくに答える必要はないですが、会社としても聞かずにはいられない、できることなら理由を聞いたうえで考え直して欲しいと考えるはずです。

ベストな理由を考えても、それをうまく伝えることができなければ円満に退職するのも難しくなります。

直属の上司に伝える

基本的に退職に関する手続きは、直属の上司を通じてやり取りします。

先に退職の相談を同僚などにしたいという人もいると思いますが、万が一噂などであなたが退職を考えていることか上司に伝わった場合、心象が悪くなる可能性が高いです。

とくに日本人は、噂で伝わったことを厳しくとらえてしまうという習性があります。直属の上司には、自分から直接伝わるようにしましょう。

退職する1~2ヶ月前にアポイントを取るのががベスト

退職する際には、後任への引き継ぎや取引先への挨拶などやるべきことがあります。

退職までは、ある程度の時間的余裕が必要です。

退職する1~2ヶ月前までに伝えるのがいいでしょう。

伝えるときもいきなり伝えるのではなく、大事な話があるから時間をとって欲しいとアポイントを取るのも大事です。

会社の繁忙期も避けてください。上司に話しかけようにも、取り合ってくれない可能性があります。

退職届には詳しく書かなくても大丈夫

退職手続きをする際に会社に提出するのが退職届です。

実際の文面は下画像のような感じになるのですが、退職理由はとく詳しく書く必要はありません。

ただ注意しなければならないのは、自己都合なのか会社都合なのかはっきりさせておく必要があるという点です。

退職後、しばらく転職する予定もない場合、失業給付金というものを受け取ることができます。しかし、退職理由が自己都合なのか会社都合なのかによって、もらえる期間が大きく異なるのです。

会社都合の場合は半年間受け取れるのに対して、自己都合の場合もらえるのはおよそ3ヶ月間となっています。

もちろん嘘をついて給付金を半年もらうべき、という話ではありません。会社都合で辞めるのに自己都合の理由を書いてしまうと損をしてしまう、ということです。

よく退職届の例文であげられる「一身上の都合」は、自己都合の退職とみなされます。注意しましょう。

転職の面接で聞かれることもある

転職活動中の面接で、前職の退職理由を聞かれることがあります。転職先の会社としても、その人が仕事に対して、仕事を辞めることに対してどのように考えているのか気になるからです。

もし退職理由が自社にも当てはまる場合、先々また退職するのではないか、と考えてしまうのは当然ですよね。

退職時と同じく、ネガティブな印象を与えるようなことは避けて前向きな内容を話しましょう。

ただ、スキルアップなどの理由は避けるべきです。会社としては、踏み台に見られているのではないか、という印象を抱いてしまいます。