基礎知識

仕事から逃げたいは甘えじゃない!逃げたくなったときの対処方法

残業が多くてつらい、上司や同僚とうまくいかない、今やっている仕事が自分に合ってない・・・。

仕事から逃げたい」と思ったことは、一度や二度じゃないと思います。

でも、実際に仕事から逃げ出した、という人はなかなかいませんよね。

責任感が強いのか、はたまた逃げたあとの不安が勝っているのか、日本人は仕事を投げ出して逃げるという決断ができません。

会社側もそれをわかっているからか、無理難題を押し付けたり、不当な残業を強制したりします。

いずれは限界を向かえ、過労死や自殺といった結末を向かえてしまうことも・・・。

「仕事から逃げたい」は甘えじゃない

社会人として、任された仕事をしっかりとこなすのは当然です。

ただし、それは仕事内容が働く人のことを考えたうえで適正である、と明言できる場合に限ります。

違法な残業や休日出勤、過剰な仕事量、ハラスメントなど、正常とは言えない職場であれば誰でも「逃げたい」と思って当然です。

上の世代を中心に、「今の若い者は軟弱だ」という人もいます。

しかし、こういうことを言う人は、キツい仕事をしてそれに見合ったリターンがあったから言えるのです。

今や終身雇用は崩壊し給料水準も下がり続け、年金制度も崩壊して老後に向けて貯蓄を強いられている日本。

キツい仕事をしても報われないような社会で、我慢し続けるにも限界があります。

逆にこうした社会を見て、社員を第一に考える会社も増えています。

今いる会社が全てではない、ということも肝に命じておきましょう。

仕事から逃げたくなったら

仕事量が多い

残業や休日出勤が多い、任される仕事が多い、あまりに多い日々の仕事に押しつぶされて逃げ出したくなることもあるでしょう。

ふとしたときに緊張と集中が途切れ、もういっそのこと人生を終えてしまおうか、と考えてしまう人も残念ながらいますよね。

なにも仕事ごときで命を落とすことはありません。

死を考える前に、仕事から逃げ出してください。

>>きみは職務放棄をしたことがあるか

こちらの記事は、実際に異常な残業や休日出勤が続いて限界を向かえた結果、仕事中に逃げ出した方の実体験です。

職場の人間が1人抜けたところで、会社は難なく回ります。

お前が抜けたことで発生した損失をどうしてくれるんだ!?」と言われるかもしれません。

しかし、そもそも違法な残業を押し付けたのは誰なんだと。

むしろ、「自分が過労死や自殺をしなかっただけでもありがたいと思え!」くらいに思って当然です。

失敗が多い

失敗が重なると、気持ちが塞ぎ込んで仕事に対するモチベーションが落ちてきますよね。

しかし、深刻になりすぎるのも考えものです。

気持ちが落ち込んだまま仕事をすると、また失敗をしてしまうことも多くなります。

どこかで気持ちを切り替えて、前向きとはいかないまでも仕切り直すことが大事です。

もちろん、なぜ失敗をしてしまったのか客観的に考えることも忘れてはいけません。

ときには、上司に自分のどこがダメだったのかを聞いてみるのも良いでしょう。

上司から怒られた

仕事で失敗したとき、上司から怒られますよね。

怒られること自体は仕方がありません。

叱られもせずに人は成長しないといってもいいでしょう。

しかし、怒り方にも良い悪いがあります。

怒られているとき、相手は本当に自分のことを考えて叱ってくれているのか、それともただ腹が立った気持ちをぶつけているだけなのか、よく考えてみましょう。

残念ながら、中にはストレス発散のはけ口として部下を怒鳴り散らす人間もいます。

そんなときは、仕事に関するアドバイスとも言えることはしっかり聞いて、それ以外の罵詈雑言などは聞き流してしまいましょう。

下手に口答えするのもストレスになってしまい、仕事に差し支えが生じる可能性が高いです。

この人はかわいそうだな。部下を怒鳴りつけることでしかストレス発散できないなんて・・・

くらいに心の中で思ってやれば良いのです。

職場の人間関係が面倒臭い

上司以外にも、先輩や後輩、同期といった人間に囲まれているのが職場です。

さまざまな人がいる故に、個々の好き嫌いや面倒な派閥争いに巻き込まれることもあります。

ある上司から愚痴を聞かされたあとに、その上司に対しての愚痴を聞かされたり・・・。

仲が悪い2人の間に立って、仲裁しなければならなかったり・・・。

非常に面倒くさいですよね。

そんなときは、目の前の自分の仕事に集中するようにしましょう。

何か言われても、「今ちょっと立て込んでるんで・・・」と言ってやんわりと断るのです。

自分が本当にやらなければならないことは何か、それは会社から任された仕事をしっかりとこなすことではないでしょうか。

管理職でもない限り、職場のマネージメントは自分の責任ではないはずです。

本当に限界なら逃げるべき

どうしても逃げたくなったら、逃げて良いのです。

例えば、長期休暇を申請してみるのも良いでしょう。

一旦、仕事から離れることで、本当に今の会社で続けていくことができるのか考える良いきっかけになります。

転職活動をしてみるのもおすすめです。

実際に転職までこぎつける必要はありません。

転職サイトなどを見ることで、今の自分が社会の中でどれだけの価値があるのか客観的に見ることができます。

自分を雇ってくれるのはこの会社くらいだろう・・・」と思っていたら、意外にも自分みたいな人間を必要としている会社がたくさんあるかもしれません。

大きな会社であれば、辞めなくても部署異動をすることで環境を変えられる可能性もあります。

万が一仕事を辞めたとしても、失業保険があれば食いつなぐこともできます。

失業保険をもらうためには?いくらもらえる?再就職したらどうなる?失業保険をご存知でしょうか? ざっくり説明すると、さまざまな理由で仕事を辞めたとき再び定職に就くまでの間、ある程度まとまったお金が...

仕事から逃げたところで、そう簡単に人生は終わりません。