ブラック企業・職場

仕事したくないときの対処方法!5つの理由から解決策を探る!

朝早くに家を出て、会社に向かう途中で・・・

あ〜あ、仕事したくないなぁ・・・

こんなことを思う人は少なくないでしょう。

転職をしたり、いっそのこと無職になってみたり、今の仕事から離れてみるのも解決方法の一つです。

でも、今の職場にいながらも試行錯誤することで、「仕事したくない」が改善できるかもしれません。

働く人が仕事をしたくないと感じる理由は、大きく分けると次のようになります。

  • 人間関係
  • 労働環境
  • 給料
  • 仕事内容
  • 意欲

まずは、今の仕事で不満があるところを探してみましょう。

人間関係に不満がある

会社で働いていると、いろいろな人と関わることがあります。

中には「この人と合わないな・・・」と感じる人が、1人や2人はいるものです。

それが毎日顔をあわせるような関係だと、どうしても仕事に行くのが嫌になってしまいますよね。

そんなときは、まず周りの人に相談してみましょう。

とにかく、1人で悩みを抱えないようにします。

相談するのは、仕事に関係ない家族や友人でもかまいません。

それだけでも、十分気持ちが落ち着くこともあります。

実際に何か対処してほしいときは、会社の人間に相談してみましょう。

まずは、直属の上司や先輩に相談します。

人間関係の悩みの原因が同じ職場の同僚や後輩にある場合、上司がなんらかの解決策を提示してくれるかもしれません。

それでもダメな場合や原因が上司にある場合は、会社の人事部に相談しましょう。

部署異動などの対抗策を取ることができる可能性があります。

思い切って割り切ってしまうのも一つの解決方法です。

会社にいる間だけの関係性だからと、仕事中は最低限の挨拶ややりとりだけにして、仕事をしていない時間は徹底して考えないようにする・・・。

会社もなるべく早めに帰るようにして、接している時間をできるだけ短くするようにすると、案外我慢できるくらいに改善することはあります。

労働環境に不満がある

勤務時間が長い、残業が多いなど、労働時間に不満を持っている人も多いでしょう。

残業時間が多い場合は、まず会社がしっかりと労働基準法に準拠しているのかどうか確認しましょう。

2019年4月から変わった残業時間の上限規制!わかりやすく解説2019年4月1日から、残業に関する法改正があったことをご存知でしょうか? 一般的な企業は2019年4月から、中小企業は翌2020...

問題がある場合はそれとなく会社に話してみる、改善しないようであれば労働基準監督署などに相談しましょう。

ただ、労働基準法に準拠していても、なるべく残業したくないのが働いている人の総意だと思います。

希望を言ってしまえば、残業は全く無いのが嬉しいですよね。

自分でできる残業時間の減らし方は、仕事の効率化をしたり、周囲とうまく連携するといった方法があります。

日々、同じような内容の仕事も多いですよね。

例えばビジネスメールはだいたい言い回しが決まっているので、定型文をあらかじめ準備しておくとメール作成の手間が省けます。

自分に振られている仕事が多いと感じたら、周りの人に助けを求めましょう。

上司に相談することで、職場全体の仕事量を整理してもらえる可能性もあります。

給料に不満がある

給料の高い安いは、仕事に対するモチベーションを左右する要素の一つです。

ただ、同じ会社にいてもなかなか給料は上がりません。

転職活動をしてみるのも一つの手です。

本当に転職する気持ちがなくても、転職サイトやエージェントに登録するだけで、自分の市場価値というものがわかります。

もし転職をするとしたらどんな転職先があるのか、どのくらい給料がもらえるのかがわかるのでおすすめです。

実際に転職をしなくても、いつでも転職するあてがある、というだけで仕事に対するモチベーションがある程度回復することもあります。

会社に止まりつつ収入を増やしたいのであれば、副業も視野に入れてみましょう。

最近では、投資やアフィリエイトといった副業で、本業以上に収入を得ているサラリーマンもいます。

中には、会社員を辞めて副業だったものを本業化している人もいます。

ただアフィリエイトなどはどうしても波があり、ある日突然収入が0になってしまうことも珍しくありません。

会社員を続けて安定した収入と福利厚生を確保しつつ、副業で収入の底上げをするというのが賢い方法でしょう。

仕事内容に不満がある

自分に仕事が合っていない、といった不満を抱えている人もいるでしょう。

上司や人事部に相談をすることで、部署異動をさせてもらえる場合もあります。

ただ、世の中の人全てが自分のやりたいことだけをやるのは難しいです。

仕事である以上、やりたくないことの一つや二つは誰しもあります。

一度、冷静に今の仕事を見つめ直してみるといいでしょう。

もしかしたら嫌いなことばかりの中にも、自分が好きだと思える部分があるかもしれません。

最終的に今の仕事を離れることになったとしても、そこで見つけた自分の好きなことが未来の仕事につながる可能性もあります。

>>新卒2年目から転職を繰り返し… 30年間も「自分探し」を続けた50代男性のいま

意欲がわかない

なんだかよくわからないけど、やる気が出ない・・・

という場合もありますよね。

もしかしたら、仕事やプライベートにメリハリが足りていないのかもしれません。

休日に体を動かす趣味をつくったり、マッサージなどに行って体をリフレッシュさせましょう。

普段の生活リズムを改善するのもおすすめです。

早寝早起き、食事をしっかりとる、といった社会人になるとおろそかになりがちな部分を改善しましょう。

それでもダメなら、もしかしたらうつなどの精神疾患も考えられます。

仕事辞めたい…うつにならないためには?なったときはどうする?「仕事辞めたい・・・」 そのような考えが常日頃思い浮かんでしまっている人は、もしかしたらうつかもしれません。 厚生労働省が3...

うつになったときは、まずはうつの原因となっているものから距離をおくことです。

休職を申請して、仕事から離れるようにしましょう。

心や体に無理をさせてまで仕事を続ける必要はありません。

場合によっては、会社を辞めることも視野に入れましょう。