ブラック企業・職場

仕事辞めたい…うつにならないためには?なったときはどうする?

「仕事辞めたい・・・」

そのような考えが常日頃思い浮かんでしまっている人は、もしかしたらうつかもしれません。

厚生労働省が3年ごとに行なっている『患者調査』によれば、2017年におけるうつ病患者の数はおよそ120万人にのぼります。

>>平成29年(2017)患者調査の概況(PDF)

しかも、その数は年々増え続けている傾向にあります。

どんな人でも、うつになる可能性はあるのです。

そんなうつですが、発症の原因の一つに仕事上のストレスがあげられます。

パワハラ・セクハラ、ブラック企業にモンスターカスタマー、労働基準法の変更など、現代日本の労働者を取り巻く環境は悪くなる一方です。

うつを直すためには、まずその原因となっていることから離れなければなりません。

仕事が原因であれば、その仕事と距離を置く必要があるのです。

今回は、仕事上におけるうつの原因、ならないための対処法、なったときにどうするべきか解説します。

こんなときはうつかも

うつ病は精神障害の一種ですが、精神だけではなく身体にも様々な影響・症状があらわれます。

次のようなことが当てはまる場合、もしかしたらうつかもしれません。

  • 気分が落ち込む
  • 悲観的になる
  • イライラすることが多い
  • 常に落ち着かない
  • 何も興味が持てない
  • 睡眠の質が悪い
  • 身体の具合が悪い
  • 以前と比べて食欲に変化がある
  • 疲れやすい、疲れが取れない
  • 遅刻や欠勤が増えた

趣味など、以前は興味があったことに興味が持てなくなってしまった場合も、うつの疑いがあります。

年齢を重ねたことによって趣味や趣向が変化するのはよくあることですが、どんなことにも興味が持てなくなってきた場合は要注意です。

うつになりやすい人の傾向

うつはどんな人でもなる可能性がありますが、中でも次のような人はなりやすい傾向があります。

  • 真面目
  • 几帳面
  • 責任感がある
  • 完璧主義者
  • 自分に厳しい

手を抜いて仕事をした方がいい、とは言いませんが、たまには自分に甘くなるのも大切なのです。

なぜ仕事でうつになってしまうのか?

日本人は、仕事上のストレスが原因でうつになることが非常に多いです。

ではなぜ、仕事によってうつを発症するのでしょうか?

異常な長時間労働

厚生労働省でも、長時間労働は精神疾患の原因なりやすいと認めています。

最近ではいくらか法整備も進み見直されている傾向にありますが、それでもいまだに長時間労働はなくなりません。

厚生労働省が定めている、過労自殺の認定基準は次の通りです。

精神疾患の発症前 月の残業時間
1ヶ月間 160時間以上
2ヶ月間 120時間以上
3ヶ月間 100時間以上

低賃金

給料が低いと、普段の生活を営むのも困難になり、将来への希望が持てなくなります。

仕事のストレスだけでなく、将来への不安からもうつを発症しやすくなるのです。

長時間労働しても残業代や休日手当が出ない、時給換算をしたら最低賃金を下回った、という場合は違法な低賃金となります。

いじめ・パワハラ・セクハラ

残念なことに、大人の間でもいじめはあります。

同僚からのいじめもそうですが、上司など逆らいづらい立場からはパワハラを受けたり、異性・同性問わず受けるセクハラも社会問題です。

  • 無視や差別をされる
  • しっかり業務連絡をしてくれない
  • 無理な仕事を任される
  • 仕事を振らず放置される

このようなことも、うつの原因となります。

うつになる前に

少しでも上記に当てはまったり、最近会社が嫌になってきたときは、うつになる手前かもしれません。

本格的に進行する前に、できる限りの対処をしましょう。

まずは相談

上司や同僚など、会社内でも信頼できる人に相談してみるのも一つの方法です。

人間関係で悩んでいる場合は、間に立って取り合ってくれる可能性もあります。

会社によっては、社内に窓口を設けている場合もあります。積極的に利用しましょう。

会社内で信頼できる人がいなければ、家族や友人など外部の人に相談しましょう。

病院で診断を受ける

自分はうつじゃない、と自己判断をしてはいけません。心配なときは、病院で診断を受けることも大切です。

のちのち労災を申請する際には、病院の診断書も必要になります。

とにかく休む

「もう考えることもしたくない・・・」

ここまできたら、思い切って休息を取りましょう。

仕事が原因だとすれば、仕事を続けることでうつが悪化することはあっても改善することはありません。

有休消化でもなんでも、とにかく休むことが大切です。

うつになったら

もしうつになったときは、とにかく直すことを優先してください。退職や休職をして、まずは会社と距離を置きましょう。

うつが改善したら、場合によっては労災の申請などを行います。

退職した場合は、失業手当を受け取ることができる可能性があります。

ただ、失業手当はあくまで再就職の手助けという意味合いがあるので、職業安定所に定期的に通う必要があります。

未払いの賃金があれば、会社に請求することができます。わからないことがあれば、弁護士などに相談しましょう。