ブラック企業・職場

仕事辞めたい…うつにならないためには?なったときはどうする?

「仕事辞めたい・・・」

そのような考えが常日頃思い浮かんでしまっている人は、もしかしたらうつかもしれません。

厚生労働省が3年ごとに行なっている『患者調査』によれば、2017年におけるうつ病患者の数はおよそ120万人にのぼります。

>>平成29年(2017)患者調査の概況(PDF)

しかも、その数は年々増え続けている傾向にあり、どんな人でもうつになる可能性はあるのです。

そんなうつですが、発症の原因として挙げられるのは、仕事上のストレス。

パワハラ・セクハラ、ブラック企業にモンスターカスタマー、労働基準法の変更など、現代日本の労働者を取り巻く環境は悪くなる一方です。

うつを直すためには、まずその原因となっていることから離れなければなりません。

仕事が原因であれば、その仕事と距離を置く必要があると言えるでしょう。

今回は、仕事上におけるうつの原因、ならないための対処法、なったときにどうするべきか解説します。

 

退職代行おすすめランキング!

管理人厳選!すぐに辞められて安心安全!

【1位】J-next業界最安の2万円ぽっきり!

【2位】EXITメディア掲載実績多数!

【3位】SARABA全額返金保証&法律事務所の紹介あり!

>>退職代行おすすめランキングについてもっと詳しく見る

こんなときはうつかも

うつ病は精神障害の一種ですが、精神だけではなく身体にも様々な影響・症状があらわれます。

次のようなことが当てはまる場合、もしかしたらうつかもしれません。

  • 気分が落ち込む
  • 悲観的になる
  • イライラすることが多い
  • 常に落ち着かない
  • 何も興味が持てない
  • 睡眠の質が悪い
  • 身体の具合が悪い
  • 以前と比べて食欲に変化がある
  • 疲れやすい、疲れが取れない
  • 遅刻や欠勤が増えた

趣味など、以前は興味があったことに興味が持てなくなってしまった場合も、うつの疑いがあります。

年齢を重ねたことによって趣味や趣向が変化するのはよくあることですが、どんなことにも興味が持てなくなってきた場合は要注意です。

 

うつになりやすい人の傾向


うつはどんな人でもなる可能性がありますが、中でも次のような人はなりやすい傾向があります。

  • 真面目
  • 几帳面
  • 責任感がある
  • 完璧主義者
  • 自分に厳しい

「手を抜いて仕事をした方がいい」とは言いませんが、たまには自分に甘くなるのも大切なのです。

ここでは、うつになりやすい人の傾向についてみていきましょう。

真面目

真面目な人はうつになりやすいです。

これは、真面目な人は仕事に対しても対人関係に関しても誠実に向き合うため、息抜きができずにストレスが溜まってしまうことがあるため。

例えば人から仕事を頼まれたら断れないなど、自分で自分を追い込んでしまいます。

真面目な人は何でも自分で溜め込んでしまうため、精神的な負担を抱えやすいと言えるでしょう。

几帳面

几帳面な人もうつになりやすいと言えます。

几帳面な人は仕事の細部にこだわる傾向にあり、ワーカホリックになりがちだからです。

例えば普通の人が80%ぐらいで良いとするところを、几帳面な人な100%に仕上げないと気が済みません。

几帳面なのは良いことですが、行き過ぎてしまうと自分を追い込んでしまいます。

責任感がある

責任感がある人もうつになりやすいです。

責任感がある人は何としてでも仕事を完璧にやり遂げようとするあまり、自分の心身の体調まで考える余裕がなくなってしまいます。

時には無責任な人の分まで仕事を背負ってしまうことも。

責任感がある人は全てを自分の責任だと感じてしまうため、ストレスを回避しにくいのです。

完璧主義者

完璧主義者の人もうつになりやすいと言われています。

完璧主義者の人は完璧にしなければいけないという不安が大きいためです。

精神的な不安はストレスとなり、過度なストレスはやがてうつ症状を引き起こします。

完璧主義者の人は周りとの摩擦を起こすことも多く、そういった意味でもストレスを受けやすいと言えるでしょう。

自分に厳しい

自分に厳しい人もうつになりやすい傾向にあります。

自分に厳しい人は、自分を甘やかすことができず知らず知らずのうちに自分を追い込んでしまうからです。

例えば普通の人が「今日は疲れたから帰ろう」と思うところを、自分に厳しい人は「疲れているけれど、そんなのは甘えだ」と自分を許すことができません。

自分に厳しい人は他人にも同じことを求めがちですので、他人のルーズさにイライラするというストレスもあるでしょう。

 

なぜ仕事でうつになってしまうのか?

日本人は、仕事上のストレスが原因でうつになることが非常に多いです。

ではなぜ、仕事によってうつを発症するのでしょうか?

異常な長時間労働

厚生労働省でも、長時間労働は精神疾患の原因なりやすいと認めています。

最近ではいくらか法整備も進み見直されている傾向にありますが、それでもいまだに長時間労働はなくなりません。

厚生労働省が定めている、過労自殺の認定基準は次の通りです。

精神疾患の発症前 月の残業時間
1ヶ月間 160時間以上
2ヶ月間 120時間以上
3ヶ月間 100時間以上

下記の記事では、毎日終電まで働かなければいけない職場がなぜ危険なのかを解説しています。

毎日終電で辛い人が環境を変えるべき3つの理由。今のままで大丈夫?「最近ずっと終電が続いて体力的にツラい」 「終電がなくなっても会社で残業。これが一般的な社会人の働き方なの?」 上記のような...

低賃金

給料が低いと、普段の生活を営むのも困難になり、将来への希望が持てなくなります。

仕事のストレスだけでなく、将来への不安からもうつを発症しやすくなるのです。

長時間労働しても残業代や休日手当が出ない、時給換算をしたら最低賃金を下回った、という場合は違法な低賃金となります。

いじめ・パワハラ・セクハラ

残念なことに、大人の間でもいじめはあります。

同僚からのいじめもそうですが、上司など逆らいづらい立場からはパワハラを受けたり、異性・同性問わず受けるセクハラも社会問題です。

  • 無視や差別をされる
  • しっかり業務連絡をしてくれない
  • 無理な仕事を任される
  • 仕事を振らず放置される

このようなことも、うつの原因となります。

パワハラについては下記の記事を参考にしてください。

嫌 なら 辞めろ パワハラ アイキャッチ
「嫌なら辞めろ」はパワハラ?言われる3つの理由と5つの対処法働き方改革が進むにつれ、世間でもパワハラを無くそうという流れになっています。それでも上司に怒鳴られた経験は誰でも一度はあるのではないでしょうか。「嫌なら辞めろ!」そんな風に怒鳴られたらやる気を無くしてしまいますよね。今回の記事では「嫌なら辞めろ」と言われるのはパワハラなのか、言われる理由や対処法について解説していきます。...

職場のいじめについては下記の記事で解説しています。

職場 いじめ アイキャッチ
職場のいじめはどうすれば解決できる?いじめの原因と対策を解説職場でいじめを受けていて、今すぐにでも逃げ出したい気持ちになっていませんか?いじめは学生のころだけでなく、社会人になってからも多くの人が苦しみます。いじめを我慢して働き続けていると、精神的に追い詰められてうつ病になってしまうかもしれません。この記事では、職場のいじめから抜け出すための方法を解説していきます。...

仕事ができない


仕事ができない人は、うつになりやすいと言えます。

仕事ができないことにより会社で認められず、ストレスが溜まり自分のことを追い込んでしまうからです。

例えば一度や二度のミスは誰にでもありますが、同じミスを何度もしてしまうと上司や同僚に迷惑がかかり、叱咤されたり嫌味を言われることもあるでしょう。

努力しても仕事がうまくできない場合、精神的な疲労が溜まりうつ状態を発生させてしまう可能性があります。

仕事ができない人の特徴については下記の記事を参考にしてください。

仕事 できない つらい アイキャッチ
【つらい】仕事ができない原因・対策を知って苦しみから解放されよう「仕事が全然出来なくて毎日上司に怒られてばかり...」こんなつらい思いを抱えていませんか?仕事ができないと、同僚や他の社員と自分を比べて落ち込んでしまいますよね。この記事では仕事ができない原因とその対策を解説していきます。...

人間関係が悪い


職場の人間関係が悪い場合もうつになりやすくなります。

人間関係のストレスがある中で仕事をするとなると相当な精神的疲労が溜まるからです。

また、会社での人間関係は単純ではありません。

上司と部下、仲の良い同僚と先輩など複雑に絡み合った人間関係の問題を解決するのは難しいもの。

解決策が見つからないままストレスを抱え続けることになりますので、うつになりやすくなるのです。

会社の人間関係のトラブルを解決する方法は、下記の記事で解説しています。

仕事 辞めたい 人間関係 アイキャッチ
仕事を辞めたいほど辛い人間関係を解決する方法【退職動機No.1】「仕事の人間関係がうまくいかず、精神的につらい...」このような悩みを抱えていないでしょうか。どんな仕事をするにしても人間関係は不可欠ですが、非常に難しいもの。この記事では仕事の人間関係を改善する方法について解説していきます。...

 

うつになる前に

少しでも上記に当てはまったり、最近会社が嫌になってきたときは、うつになる手前かもしれません。

本格的に進行する前に、できる限りの対処をしましょう。

まずは相談

上司や同僚など、会社内でも信頼できる人に相談してみるのも一つの方法。

人間関係で悩んでいる場合は、間に立って取り合ってくれる可能性もあります。

会社によっては、社内に窓口を設けている場合もあります。積極的に利用しましょう。

会社内で信頼できる人がいなければ、家族や友人など外部の人に相談してくださいね。

病院で診断を受ける

自分はうつじゃない、と自己判断をしてはいけません。

心配なときは、病院で診断を受けることも大切。

のちのち労災を申請する際には、病院の診断書も必要になります。

とにかく休む

「もう考えることもしたくない・・・」

ここまできたら、思い切って休息を取りましょう。

仕事が原因だとすれば、仕事を続けることでうつが悪化することはあっても改善することはありません。

有休消化でもなんでも、とにかく休むことが大切。

会社を休みたい時の理由・言い訳については下記の記事をご覧ください。

【仕事を休みたいときに】上司から怪しまれない理由や言い訳を紹介!「今日はどうしても仕事を休みたい・・・」朝起きたらこんな気持ちになっていたということも、会社勤めの人なら珍しくありません。 仕事を...

 

仕事が原因でうつになった時の対処法


うつになってしまった時、完治するには長い時間がかかります。

うつが原因で会社に行けなくなってしまうこともあるでしょう。

仕事が原因でうつになってしまった場合の対処法は3つ。

  • 雇用形態を変更し時短勤務する
  • 長期休暇申請をして良くなったら復職する
  • 有給を消化して仕事を辞める

ここでは、実際にうつになってしまった時の具体的な解決法についてみていきましょう。

雇用形態を変更し時短勤務する

1つ目の方法は、雇用形態を変更し時短勤務をすることです。

例えば正社員として働いていた方がうつになった場合、同じ働き方をするのは難しいもの。

そんな時は、雇用形態をアルバイトに変更し、10時~15時など時短勤務をする方法もあります。

収入は低くなりますが、規則正しい生活をしながら社会との繋がりを持てますので、うつになった時の一つの解決法だと言えるでしょう。

長期休暇申請をして良くなったら復職する

2つ目の方法は、長期休暇申請をして良くなったら復職する方法です。

収入面などを考慮し可能であれば思い切って長期休暇を取り心と身体を休め、状態が良くなってから復職します。

復職をする時になれば、会社にあったうつの原因は取り除かれているかも知れません。

復職する場所があるという安心感も、うつの回復を支えるでしょう。

有給を消化して仕事を辞める

3つ目の方法は、有給を消化して仕事を辞める方法です。

うつの回復が見込まれない場合は思い切って会社を辞めてしまいましょう。

もちろん収入のことを考えると退職は不安かも知れませんが、何よりも体調が一番大切。

有給があれば消化することで少しでも収入が保証されますので、消化してから辞めるのが良いでしょう。

仕事を辞めて症状が改善したら次の仕事を見つければ良いのです。

 

うつで休職中または退職後に活用したい制度3選


うつになってしまった場合、本人が泣き寝入りをする必要はありません。

実はうつで休職中または退職後に活用できる制度があるのです。

それは以下の3つ。

  • 傷病手当金
  • 休業補償給付金
  • 療養補償給付金

ここでは、うつで休職中または退職後に活用したい制度3選をご紹介します。

*これらの制度は基本的に併用して利用する事はできません。もっとも最適なものを選んで申請するようにしましょう。

傷病手当金

傷病手当金は労働者が病気や怪我で仕事を休んだ時、仕事をしていない期間の収入を保証する制度。

医師の診断書や傷病手当金支給申請書を提出することで最長1年6ヶ月、標準報酬日額の3分の2を支給してもらうことができます。

詳しい手続きについては会社内の相談窓口や労働組合に相談してみると良いでしょう。

休業補償給付金

休業補償給付金は労働者が病気や怪我で仕事ができない間に支給される給付金のこと。

傷病手当金が全国健康保険協会から出されるのに対し、休業補償給付金は国から出されるのが特徴です。

休業補償給付金をもらうには、労働基準監督署に書類を提出します。

休業補償給付金については厚生労働省の相談窓口に相談することもできますよ。

療養補償給付金

療養補償給付金は労働者が病気や怪我をした場合に支給される給付金のことです。

休業補償給付金が仕事が仕事ができない期間の収入を補償するのに対し、療養補償給付金は治療費を補償します。

療養補償給付金の場合は労災保険指定医療機関で申請書を提出し、医療機関から労働基準監督署に申請を行ってもらいましょう。

 

うつになったら退職代行で仕事を辞めるのもおすすめ

もしうつになったときは、とにかく直すことを優先してください。

退職や休職をして、まずは会社と距離を置きましょう。

退職を考えているが会社に言い出しづらい場合は、退職代行を利用するのもおすすすめです。

退職代行は退職に関する手続きの一切を代行してくれます。

即日辞めることもできますので、限界を感じたら問い合わせをしてみてください。

相談だけなら無料で行うことができますよ。

うつは長引くと大変ですので、うつ症状を感じたら治療に専念するようにしましょう。

管理人おすすめ!退職代行ランキング!
J-next

今稼いでいる仕事を辞めるわけですから、費用は安ければ安いほどいいですよね。J-NEXTは業界最安の2万円ぽっきり!

J-NEXTの次に安いのがSARABA(27,000円)と退職代行ニコイチ(27,000円)なのですが、2番手に1万円近くもの差をつけてぶっちぎりの安さです!即日対応・返金保証・転職サポートもついているので安心ですね。

おすすめ度
費用 20,000円
対応時間 24時間対応可能
その他 業界最安!即日対応・返金保証・転職サポートあり!

 

EXIT
費用は最大50,000円と若干高めですが、NHK「クローズアップ現代」でも取り上げられるほど「退職代行の第一人者」といっても過言ではない存在です。
依頼件数は月に300件、これまでに担当した退職代行は全て成功という確かな実績もあります。
おすすめ度
費用 30,000円〜50,000円(雇用形態による)
対応時間 24時間対応可能
その他 全額キャッシュバックあり

詳細ページ公式ページ

 

SARABA
一律27,000円という安さにも関わらず、24時間電話・メール・LINE相談を行なっているなどサービスの質として十分です。
また、万が一希望にそった結果にならなかった場合、全額返金の保証もあります。
法律事務所を紹介してくれるので、有休消化や給料の未払いなどの交渉も行なって欲しい方にはおすすめです!
おすすめ度
費用 27,000円
対応時間 24時間対応可能
その他 法律事務所も紹介

詳細ページ公式ページ