退職の準備

仕事辞められないけど辞められない…ケース別の退職できる方法

仕事を辞めたくてもなかなか辞められない・・・、そんな人はかなり多いでしょう。

職場の規模にもよりますが、一人辞めれば残された社員の負担は大きくなります。

部下から退職者を出したとなると、上司としての立場が悪くなるかもしれません。

離職者数が上がってブラック企業と思われたくない・・・、といったいろいろな理由からあの手この手で退職を阻止しようとするわけです。

それでも、どうしても辞めたい・・・。もうこんな職場にはいられない・・・

と思いつめている人はどうすればいいのでしょうか。

今回は、辞めたくても辞められないという人が、スムーズに退職できるようにする方法を解説します。

仕事は辞められる

まず前提として、会社と社員の間で交わされた雇用契約は、社員が一方的に破棄できることが法律で認められています。

つまり、退職の意思を会社に伝えた場合、会社側がそれを拒否することは原則できないのです。

ただし、無条件というわけではありません。

雇用期間が定められているのかどうかで、退職できる条件は変わってきます。

雇用期間が定められていない場合、つまり通常の正社員や期間の決められていないパート・アルバイトの場合は、退職の2週間前に意思を伝えていれば退職できます。

引き継ぎ等の業務もあるので、基本的には就業規則に法って手続きを行うのがベストです。

雇用期間が定められている契約社員などの場合は、少し条件が厳しくなります。

原則、期間が終わるまでの退職は認められず、やむを得ない事情がある場合のみ退職が認められています。

例えば、家族の介護で出勤が難しくなった、といった理由であれば退職が認められる可能性が高いです。

ただ例外として、契約期間が1年を超えている場合は、1年を経過した後であればいつでも退職を申し出ることができます。
※1年未満の契約を更新して結果的に1年以上になった場合は該当しません。

なかなか辞められないケース

具体的に辞められないケースというのは、次のようなものがあります。

  • 言い出しづらい
  • 受理してもらえない
  • 退職後が心配
  • 周りに迷惑をかけづらい
  • 金銭を要求される

退職を申し出づらい

怒られたりしないか、職場にいづらくなるんじゃないか、このような理由でなかなか意思を伝えづらいという人は多いと思います。

そんなときは、一旦冷静に考えてみましょう。

退職したい気持ち」と「言い出しづらい気持ち」を天秤にかけてみるのです。

もし「退職した気持ち」が勝つのであれば、それは辞めどきといえます。あとは勇気を振り絞りましょう。

言い出しづらい気持ち」が勝つようであれば、もしかしたらそこまで辞めたいというわけではないのかもしれません。

ただし、心身に限界がくるまで働く必要はありません。

身体面、精神面に違和感を感じるようであれば、退職に向けて動き出しましょう。

仕事辞めたい…うつにならないためには?なったときはどうする?「仕事辞めたい・・・」 そのような考えが常日頃思い浮かんでしまっている人は、もしかしたらうつかもしれません。 厚生労働省が3...

退職を承諾してもらえない

上で書いた通り、正社員の場合は会社側が退職を拒否することはできません。

根気強く退職の意思を伝え続けましょう。

どうしても退職を受理してもらえない場合は、退職代行サービスや弁護士に相談する方法もあります。

退職後の生活が心配

仕事を辞めたあと、生活費の工面が心配という方も多いでしょう。

あらかじめ、仕事をしなくても3ヶ月~半年くらいは生活できるくらいのお金を貯めてから退職を切り出すという方法もあります。

普段の生活費を見直してみるのもいいですね。

在職中から転職活動を行い、退職後にすぐ再就職ができるようにしておくのもおすすめです。

他の社員に迷惑をかけられない

一人が辞めれば、残された人の負担が大きくなるのは当然です。小さな職場であれば、その負担も大きくなります。

会社を辞めても同僚とは個人的に仲良くしていきたい、といった場合はなかなか難しいかもしれません。

そんなときは、親しい同僚などに相談してみましょう。それでも背中を押してくれるようであれば安心して退職できるはずです。

残された人に負担がかかってしまうことに対して、責任や負い目を感じる必要は全くありません。

人手不足や新しい人員補充は、会社の責任であなたの責任ではありません。

金銭の要求をされる

過去のミスや退職する際に生じる、損害賠償を脅されるケースもあります。

しかし、基本的に鵜呑みにすることはありません。

一人の社員が出す損害などたかが知れているので、会社が訴訟を起こすといったことは現実的ではないのです。

脅された場合は、その根拠の明確な説明を求めるようにしましょう。会社側が本気でなければ、その時点で諦めてくれる可能性が高いです。

誓約書を書かされる場合

内部情報の流出を防ぐため、同業への転職を禁止するなどの誓約書を書かされる場合もあります。

内容をよく読んで、気になる点があれば会社に説明を求めましょう。

それでもわからない場合は、弁護士などに相談してみるのもおすすめです。

それでもダメなら退職代行を使ってみる

どうしても退職できない、でも退職したいという人は、退職代行サービスを利用してみましょう。

3~5万円ほどで、退職の意思を自分の代わりに会社に伝えてくれます。

すぐに辞められる!?退職代行ってどんなサービスなの?失敗はしない?近年、話題によくあがる退職代行サービス。 ネット上にとどまらずテレビや新聞などでも特集が組まれるほどになっています。 でも、...