基礎知識

「理不尽上司にいじめられて会社辞めたい人」に贈る3つのアドバイス

「意味不明な命令ばかりしてくる上司に悩んでいる」

「仕事は丸投げで責任を取らない上司から離れたい」

上記のような悩みを抱えている人の疑問に答えていきます。

上司は選べないので仕方がないと諦めてしまえばそれまでですが、理不尽上司に悩まされてあなたが体調を崩してしまうのもおかしな話ですよね。今回は「理不尽上司になぜいじめられるのか、どうやって現状を改善していけばよいのか」という点にアドバイスしていきます。

理不尽な上司にいじめられてしまう3つの理由と対策

まずは理不尽上司にあなたがターゲットにされてしまう理由を考えてみましょう。自分の行動を改善するのもよいですが、上司に問題があるケースも多々あります。

上司がなぜあなたを冷遇するのか考えてみれば、今後どう立ち回るか戦略を立てやすくなります。以下では上司に嫌われる理由とその対策をアドバイスしています。

なんとなく気に入らない

いきなり身も蓋もない理由ですが…意外と上司も幼稚なもので、なんとなく気に食わないからあなたを憂さ晴らしの対象にしているケースも多いです。

自分の至らない点があれば冷遇もまだ納得できるかもしれませんが「なんとなく気に入らない」だけで冷遇されてはたまったものではありません。

学校であれば好き嫌いで友人関係を選べますが、会社は仕事をする場所です。仕事を妨げる行為は、会社にとっても良いことではありません。

上司の上司に相談してみよう

上司の上司だとおそらく課長級以上、中小企業では経営層にあたる人に上司の問題行動を相談してみてはいかがでしょうか。

ただしこの方法は、あなたが上司や仕事にきちんと対応できているという前提つきです。いやな上司ですが、社会人として挨拶や報告・連絡・相談はしておきましょう。

あなたが仕事をしっかりこなした上で、上司の行動に問題があることを訴えれば会社も対処してくれるはずです。

ハラスメントの内容は文書にして記録しよう

まともな会社であれば経営層が問題のある上司に対処してくれますが、問題はあまり常識的ではない会社です。

あなたの訴えが黙殺されたり、ひどいときはあなたの立場が悪くなるケースも考えられます。そういった最悪のケースを想定して、あなたが感じたハラスメントの内容は文章化しておきましょう。ボイスレコーダーで録音や、可能であればハラスメントされている現場を撮影するのも効果的です。

日記のような形で継続的にハラスメント内容を記録すれば裁判で争うときに有利になります。事実、大手広告代理店にて若手社員が過労死した際、Twitterの投稿が過労死の決め手となったケースもあります。日記をつけておくと、あとで役立つこともあります。

仕事ができない

周りと比較してあなたの仕事の飲み込みが悪く、上司もイライラしている場合があります。

理想を言えば、たとえ能力的に劣っていても最後まで指導してほしいですよね。しかし会社は利益をあげないと倒産してしまいますので、特に経営に余裕のない会社ほど仕事のできない社員に対する風当たりは強いです。

メモを取る、先輩社員のやり方をみて覚えるなど、仕事を覚える努力をするのは大切です。

部署異動を申請しよう

そうはいっても、仕事を頑張って覚えようとしたけどできない場合もありますよね。人間には向き不向きもありますし、周りの環境によってパフォーマンスが左右されることもあります。

頑張っても仕事を覚えられないようであれば、思いきって部署異動を申請してみませんか?仕事内容や働く仲間が変われば状況が好転することもあります。はやまって退職したり無理して体調を崩す前に、まずは会社と話し合うことをおすすめします。

人間性を疑うレベルの上司の性格

本来はあってはならないことですが、会社によっては常識はずれな恥ずべき行動をしてしまう上司も存在します。

「気に入らないから殴った」

「イライラしたから部下を延々と説教した」

「思い通りにならなかったから手近にあったモノを投げつけた」

もはやハラスメントというより犯罪に近いですよね。しかし、現代の職場環境によってはこのような環境が横行している会社も少なくないようです。

必要以上に関わらず、全力で逃げよう

本来であれば上層部に報告したり、場合によっては労基に相談するべきでしょう。しかしそういった行動によってあなたに危害が加わる恐れを感じるのであれば、必要以上に関わらず逃げるべきだと思います。

「今の会社でもっと頑張ろう」「職場環境をもっと良くしてみよう」とトライする気持ちはすばらしいです。しかし、会社自体が問題のある体質だと改善されるどころかあなたが追い詰められてしまうリスクのほうが高いです。

後述しますが、退職代行を利用すれば最短で依頼当日、出社もせず会社の人間と連絡を一切取らずに退職することも可能です。

「理不尽上司にいじめられて会社辞めたい人」が知るべき3つの知識

「ストレスなんてどんな職場でも必ずある」という声もあります。もちろん指摘の通り、完全にストレスフリーな職場はおそらく存在しないでしょう。

しかしこの記事を読んでいる人は「ストレスが異常に多い」環境に悩んでいるかと思います。ストレスがかかりすぎる環境に長く居続けると様々なリスクを誘発します。

以下では「理不尽上司にいじめられて異常にストレスを感じている人が知っておくべき知識」をご紹介します。

ストレスが高い状態は精神疾患リスクが増す

ストレスが高い状態が続くと自律神経が常に興奮状態となり、なかなかリラックスモードとなりません。当然ですがそんな状態が長く続けば身体の休まる時がなくなり、体調不良の原因となります。

うつ病等の精神疾患は高ストレス状態が長く続いたことが原因とも言われておりますし、精神疾患にならないまでも「夜なかなか寝付けない(途中で頻繁に目が覚める)」「平日はお腹の調子が悪い」といった症状がでることもあります。

こういった状態が続けば出社拒否嘔吐不眠の原因になります。精神疾患は治癒に長い時間がかかりますし、突然再発することもあります。深刻な状況に陥る前に、いまのストレス職場から離れることが大切でしょう。

ハラスメントとして訴えることが可能

意外と知らない人もいますが、パワハラやモラハラとして会社や上司を訴えることも可能です。もちろん「業務遂行のために必要以上の圧力があった」ことを証明する必要がありますが、本気で相手を訴えたい場合は選択肢として常に考えておきましょう。

ハラスメントを証明するためには証拠を集めたり、周囲の証言や医者の診断書など事前の準備が非常に大切です。後述しますが、弁護士が運営する退職代行サービスの中には残業代の未払い訴訟やハラスメント訴訟を手掛けている会社もあります。

どのくらい料金がかかるのかは事前に調査する必要がありますが、退職の意志を固めておりかつ訴訟も辞さないのであれば、弁護士のアドバイスをもらっておくことをおすすめします。

定年まで会社で働けるか真剣に考えるべし

最近テレビでも話題になっている「人生100年時代」。60歳で定年退職、年金をもらいながら余生を過ごすという生き方は過去のものとなりつつあります。さて、あなたが今働いている高ストレス職場、60歳以降も働き続けることは可能でしょうか?

定年後の再雇用を実施していない会社もありますし、そもそも60歳まで今の職場で働き続けることができるかも怪しい人が多いのではないでしょうか。

安易な退職はおすすめできませんが、将来を見据えて「このままでは危ない」と判断したのであれば行動に移してみても良いのではないでしょうか。

退職代行で退社?理不尽上司の顔を見たくない

「今の職場で長く働くことは難しい」

「体調に異変を感じている。これ以上悪化する前に退職し、治療に専念したい。」

本記事を読んでこのように判断した人は退職代行サービスをおすすめします。最近は人手不足の影響から、退職を申し出た社員に対してかなり強引な引き止めをする会社も増えています。

ハラスメントで悩んでいたり、うつ病で心身ともに弱っているときに会社の強引な引き止めなんか受けようものなら余計体調が悪化しそうですよね。退職代行サービスならあなたに代わって業者が会社に退職の意志を伝えてくれます。

本当に即日退社できるの?

有給がどれほど残っているか次第です。退職時に2週間以上の有給が残っていれば実質的に「即日退社」となります。しかし有給が残っていない場合は会社と協議が必要です。

トラブルを避けたいなら弁護士の運営する退職代行サービスがおすすめ

業者によっては「即日対応」と表現しているところも多いですが、意味合いをしっかり理解しておかないと会社とトラブルになることも十分考えられます。

「有給が残ってないけど会社にいける状態じゃない。即日退社したい。」

「万が一にもトラブルにあうのは御免だ。」

上記のように考えている人は弁護士の運営する退職代行サービスを利用しましょう。民間の退職代行業者はあくまで「意思を伝えるだけ」なので交渉には対応してくれませんが、弁護士なら会社と交渉が可能です。