ブラック企業・職場

ブラック企業大賞ノミネート・受賞企業と理由のまとめ!2017年版

2015年にシュレッダー係が話題となった引越社、病院初のノミネートとなる新潟市民病院が今年はノミネートされています。

また、長時間労働や休日出勤を可能にする36協定の改正が今年の4月にありました。

労働者を取り巻く環境が少しづつ変化しつつも、ブラック企業は依然としてなくなりませんね。

ここに名を連ねている企業や団体や、同じような問題を抱えている企業は要注意です。

ブラック企業大賞これまでに受賞した企業一覧まとめ2012年から続くブラック企業大賞ですが、これまで数々の会社が受賞(?)しました。 どちらかといえばプロパガンダの色合いが強いせい...

大賞 引越社グループ

2015年にもノミネートされ、ウェブ投票賞とアリ得ないで賞を同時受賞した引越社グループがついに大賞を受賞しました。

どんな事件だったかというと、当時営業職として勤務していた30代男性が事故を起こしたことにより弁償金が給料から天引きされたことがきっかけです。

それを理由に男性は労働組合に加入しますが、会社側は男性をシュレッダー係に異動させました。

男性は、それまでの不当な扱い全てに対して不服として裁判を起こしていたのです。

裁判を起こされた会社側は男性を懲戒解雇、さらに社内で男性を晒し上げるような行為(罪状ペーパー)もしていました。

2015年から続いていた裁判が今年の7月に結審し、次のような和解内容となっています。

  • 異動や懲戒解雇は無効
  • 営業職復帰
  • 給料水準は元どおり
  • 罪状ペーパーなど含めて謝罪

業界賞 新潟市民病院

毎年、ブラック”企業“大賞といいつつも幅広い業界から選出されることがあります。

2016年1月、当時30代の女性研修医が睡眠薬を服用して自殺しました。

原因は月平均187時間の時間外労働で、最大で250時間を超える月もあったようです。

48時間と過少に申告されていたことも問題になり、今年の5月に労災として認定されました。

ブラック研修賞 ゼリア新薬工業

2013年5月、当時入社したばかりの22歳男性社員が、新人研修でのパワハラを苦に自殺しています。

男性は新人研修にて、思い出したくない過去を大勢の前で告白することを強要されたそうです。

それが原因で男性は精神疾患を発症、帰宅を命じられ途中で自ら命を断つという選択をしてしまいました。

ウェブ投票賞 NHK

ブラック企業を含めた社会問題の是正を促す立場であるはずの報道業界からのノミネートです。

2013年7月に、当時30代の女性記者がうっ血性心不全で死亡しました。

渋谷労働基準監督署の調べでは、亡くなる直前1ヶ月の時間外労働はおよそ160時間、その前の1ヶ月間も140時間以上となっています。

しかし遺族側が独自に調査したところによると、実際には209時間もの残業があったとされました。

特別賞 大成建設・三信建設

大成建設は、2020年開催予定の東京オリンピックメイン会場である新国立競技場の建設の元請け会社です。大成建設から地盤改良工事を請け負った一時下請け企業にあたります。

2017年3月、三信建設の新人社員だった男性が自殺をしました。

直前1ヶ月の時間外労働が190時間にものぼったそうです。

その後、東京労働局が新国立競技場の建設に関わった業者を調べたところ、760社中37社で違法な時間外労働が確認されました。

その他ノミネート企業

いなげや

関東を中心に展開しているスーパーマーケットチェーンです。

2014年5月、当時40代だった男性社員が体調を崩し病院に搬送されました。

翌月には職場に復帰したものの、3日後に駐車場で倒れているところを発見、再び病院に搬送されるものの意識が戻ることなく脳血栓で亡くなりました。

亡くなる直前4ヶ月間の残業時間は平均約76時間と過労死ラインを超えるものではありませんでした。

しかし、この店舗ではタイムカードを打刻したあとの、いわゆるサービス残業が行われていて、この男性もそうだった疑いがあります。

パナソニック

2016年6月、富山の工場に勤務していた当時40代の男性社員が自殺しました。

原因は、前月に100時間を超えるほどの時間外労働です。

これを発端に調査が始まり、この他にも同じ工場に勤めていた社員3人に対して過労死ラインを超える時間外労働をさせていたことも明らかになりました。

大和ハウス工業

川越労働基準監督署から今年の6月、埼玉で働いていた営業職の20代男性に違法な長時間労働をさせていたとして是正勧告を受けました。

2011年にも一度是正勧告を受けていたにも関わらず、また同じ過ちを繰り返したことになります。

男性は、2015年5月の時間外労働時間が109時間にものぼりうつ病を発症、1年後に退職を余儀なくされました。

ヤマト運輸

安い送料でネット通販が利用できるようになった日本ですが、そのしわ寄せが聞いているのは商品の配送を担当する宅配業社です。

ヤマト運輸はこれまで、労働基準監督署から是正勧告を受けています。

2016年12月には、神奈川の支店に勤務のセールスドライバーに対する残業代未払い。

今年5月には、パート従業員の勤務時間改ざんに賃金未払い。

さらに今年の9月にも、博多の支店に所属するセールスドライバーが36協定で定めた上限を超える時間外労働があったとして書類送検までされました。