コラム

ブラック企業から脱出したければ異業種に目を向けよう!

どうも!今まで過去10年ブラック企業を転々としてきた経験を持つAtusiです!

この度はご縁があり、この「退職王様」に寄稿することになりました。

今回の私が書く内容は「同業種から同業種への転職を行うとどうなるか?」ということを実体験に基づき記事を書いていこうかと思います。

先に結論から言えば、

ブラック企業からの脱出を考えるのであれば
同業種への転職はやめるべき
です。

私自身は、過去に介護職から介護職という同じ畑に移動したことがあったのですが、前職でやめた不満というのは、転職後も一切解消されませんでした。

同業種同士は何処もやってることが似たり寄ったりで横並び

まず、同業種への転職をおススメできない理由は、同じ業界であれば大体どこも似たような仕事なため同じような待遇・環境になってしまうことが多いためです。

具体的には

  • 給料が劇的に変化するということはなく、同程度の給料になる
  • 仕事内容も似たり寄ったりの仕事なので業務時間などの改善が期待できない
  • 同じような環境であれば似たような人間しか適応できず、また同じような人間関係で苦しめられる

ということがあります。その結果再び同じ理由で退職する方も少なくありません。
更に言うと、このうちの一つが原因で他の二つも併発してしまう場合が本当に多いです。

実際に、私が同じ介護業界で転職した時の話をさせてください。

新しい職場も過酷な労働環境なためまともな人間がどんどん辞めていくことになりました。私自身は肉体的にはなんとか耐えることができたのですが、まともな人が辞めるということは、まともじゃない人が残るということ。

その結果、他に行き場がないような方ばかりが残り、その方々がストレス解消のために潰しあいを行うのです。

結局私も人間関係で退職、、、

辞める人が多い職場というのは、常に人手不足なので一人当たりの負担が大きくなることで更に辞める人間が増えるという悪循環に陥ってしまうのです。

と、このように今いる会社が不満だからと同業種へ安易に転職を行ったとしても、次も高確率で同じような理由で辞めることになるでしょう。

同じ業界でも特別儲かっている会社は・・・

同じ業界であっても、極端に儲かっていたり、成長している会社というのはごく稀に存在します。

結論から言えば、そのような会社は辞めたほうがいい特徴であり、何か裏があるといっても過言ではありません。

というのも、過剰に利益が出ている会社というのはそのほとんどが、労働基準法を違反した働き方を労働者に強いることによって利益を出しているからです。

業界そのものがブラックである場合は、過度な競争の結果まともに運営しているところが違法な働き方をしている会社に太刀打ち出来ずに潰れてしまうという「悪貨は良貨を駆逐する」ということわざ通りになってしまっています。

何も知らないと「この会社は業界の中でも他の会社が出来ない特別な事をやっているんだ!」という事を主張されて信じてしまうことが多いですが、実際にはそのようなことはあまりありません。

他社がやっていないということは「利益率が悪くて普通ならやってられない仕事」というものが多く、そのような仕事しか受けれないような会社でしかないということが大半なのです。

まとめ 「ブラック企業から逃げたければ同業種転職はやめるべき!」

今いるブラックな労働環境から抜けたいということであれば、同業種への転職はあまりお勧めできません。

ここまで書けば私が言いたいことはわかるかもしれませんが、「この職場がブラックだな、、、」と思ったのであれば、

異業種に転職してみてはいかがでしょうか?

異業種への転職というのは、やってみれば案外そう難しいものではありません。

どんな会社も入ってしまえば、基本的には0から教育をしてもらえますし、新しいものを取り入れるのに先入観やプライドなどは邪魔にしかなりません。

何か大きな目的や信念があって、同業種から同業種への転職を行うのであれば別にそれは構わないと思いますが、「今の環境から脱出したいけど今までのスキルが惜しい」という考え方は捨てるべきですね。

「自分は0から頑張るんだ!」と思って必死に吸収する方のほうが、うまく行くかもしれませんよ!

ブラック企業から脱出するコツ

思い切って異業種に目を向けてみよう!

 

執筆:Atusi@ブラック企業殲滅派ブロガー
運営ブログ:https://atusi-sora.com